病院ボランティア募集

病院ボランティア募集

あなたの優しさを求めています

病院ボランティアとは

「やってみよう!」で始めるのがボランティア活動です。自分から進んでやるから楽しめるし、仲間もふえます。楽しいから誰でも参加できるし、長く続けられる-それがボランティアです。

病院ボランティアは、病院職員と協力して、患者様やご家族が安心して療養生活を送れるように支援します。市民の方々をあたたかい雰囲気で迎えられるように努めます。病院の働きを理解し、地域と病院との橋渡しの役割を果たします。

病院ボランティアは、職員と協働し患者様を支援する<チームの一員>です。

「ステップbyステップ」とは

中央市民病院の病院ボランティアは、会員13名(当時の名称は「ハナミズキ」)の少人数で始まり、その後体制を整え、平成16年(2004年)、「ステップbyステップ」として正式に発足しました。

名前の由来は、医療現場においてボランティアと病院が、一歩ずつ歩を進め地域に踏み出し、互いに高めあうことに由来して名づけられました。

現在では登録数、約100名のボランティア(平成29年3月現在)が揃いのエプロンを着て、院内の様々な場所で患者サービス向上の一役を担い活躍しています。


ステップbyステップの年次総会でのボランティア及び病院職員の皆さん

院内ボランティの活動紹介と募集状況

1)外来(月曜日〜金曜日 9:00〜12:00)

院内案内・車椅子介助・問診の代筆などの患者様のサポートを行っています。また、お正月、お雛祭り、 五月の節句、クリスマス等、時期に応じた季節飾りを2階玄関にて行っています。


外来玄関での案内

季節飾り(雛人形)

2) 図書(月曜日〜金曜日 12:00〜15:00)

寄贈された本(約1万冊)で運営されている図書室で、本の貸出・返却管理を行っています。


ボランティア図書室

3)園芸(火曜日・金曜日 13:30〜17:00) ※冬季は金曜日のみ

病院敷地内のボランティア花壇の維持管理を行っています。


1階玄関前のボランティア花壇

4)縫製(毎週木曜日 9:30〜15:00)

院内(外来、病棟)から依頼を受けて、患者様が使用する物品の作製を図書室内で行っています。またポーチやタオル、帽子など販売品を製作し、その売上金はボランティアの運営費の一部となっています。


縫製グループの皆さん

5)生花(毎週火曜)

週一回、2階外来待合で生け花の展示を行っています。


生け花のショーケースは看護部より寄贈して頂きました。

6)発声教室(第2・4火曜 9:00〜11:00)

喉頭がん等で声帯を摘出し喋れなくなった人が集まり、院内ボランティアの指導員の下、第2の発声技 術を身につけ、社会復帰の促進を目指しています。


その人に合った発声方法を指導します。

7)アロマ

病棟アロマ(第1・3木曜日 13:00〜16:00)

依頼のあった患者様のお部屋またはデイルームで、有資格者によるハンド・トリートメントを行っています。


ハンド・トリートメントを行うアロマボランティアの皆さん
アロマグッズの配布(第1木曜 13:00〜16:00)

1階講堂前にて、お好きなアロマの香りを付けた折り紙やおり紙の配布を行っています。

院内コンサートでの配付(第3木曜日)

コンサート終了後、お土産として香り付きの折り紙の配布を行っています。

8)小児病棟での活動

小児病棟で入院中の子供たちのストレスを軽減する等、療養環境の向上を図るとともに、安心した気持ちで入院生活を過ごせるよう遊びの機会を提供する目的で行っています。

パフォーマンス マジック、おはなし会、着ぐるみショー等

着ぐるみ「きつねのきゅうび」
夏祭りやハロウィンなど季節に応じたイベント

夏まつり

9)呈茶の会、院内コンサートの運営協力

呈茶の会(ろくさん茶屋※)や院内コンサートでの患者様の誘導やパンフレット配布等、運営に協力をしています。
※ろくさん茶屋:裏千家の方々が病院の講堂で抹茶のお振る舞いを行う。


裏千家とボランティアの皆さん

ボランティア参加までの流れ

1)応募について

応募は随時行っており、応募要件は以下の通りです。

  1. 18歳以上で、心身ともに健康で病院事業に理解があり、プライバシーを守れる方
  2. 活動日と活動時間は月曜日〜金曜日 9:00〜17:00の内、ご都合のよい時間(休診日は除く)を選んで頂きます。
    • 活動時間は活動内容によって異なります。
    • 活動回数は週1回〜複数回が可能です。
  3. 交通費代は自己負担となります。
  4. ボランティア保険代(500円)は病院が負担しますが、初年度のみ自己負担となります。

2)面接について

電話で応募して頂き、その時に面接日時を相談致します。

  1. ボランティア室:電話(078)302-4321、担当:コーディネーター 崔(チェ)
  2. 月曜日〜金曜日/9時〜17時の間にご連絡下さい。

3)活動開始前に行うこと

  1. オリエンテーションを受けて頂きます。
    ※面接時に行うことも可能です。
  2. ボランティア保険に加入して頂きます。
    ※初年度のみ本人負担(500円)となり、2年目からは病院が負担します。

4)その他

その他、必要な事項に関しては個別に相談致します。

問い合わせ先

ボランティア室
電話:(078)302-4321
FAX(078)302-4544(直通)
Mail:hyohen_chie@kcho.jp

ボランティア活動報告冊子『糸でんわ』

ステップbyステップでは、ボランティア活動の様子を紹介するボランティア活動報告冊子「糸でんわ」を発行しています。発行は毎週を目標に、ステップbyステップの活動内容を写真と文章でお届けいたします。

発行日番号巻頭言PDF
平成29年9月15日 13 小児病棟をご紹介します。 PDFのアイコン画像
平成29年9月7日 12 園芸グループの花壇が神戸市の【最優秀賞】を頂きました。 PDFのアイコン画像
平成29年8月31日 11 一日ボランティア体験(糸でんわNo.8参照)の高校生よりお礼のメールが届きました。 PDFのアイコン画像
平成29年8月24日 10 折り紙が届きました。 PDFのアイコン画像
平成29年8月16日 9 「ミニオンなつまつり」が開催されました PDFのアイコン画像
平成29年8月10日 8 高校生の一日体験ポランティアがありました。 PDFのアイコン画像
平成29年8月1日 7 小児病棟でガリレオクラブの皆さんと万華鏡づくりにトライしました PDFのアイコン画像
平成29年7月25日 6 7月の院内コンサートが開催されました。 PDFのアイコン画像
平成29年7月21日 5 「スヴェンソン」の皆さんがボランティア活動を行いました。 PDFのアイコン画像
平成29年7月18日 4 園芸グループが5月に小児病棟のキッズガーデンにミニトマトを植えました。 PDFのアイコン画像
平成29年7月10日 3 神戸女子短期大学の皆さんが作ってくれた食事カードを七夕の食事と一緒に子供たちに配りました。 PDFのアイコン画像
平成29年7月6日 2 外来ボランティアグループが、6月21日(水)七夕の飾りつけをしました。 PDFのアイコン画像
平成29年6月30日 1 太子町社会福祉協議会様より折り紙を寄贈して頂きました。 PDFのアイコン画像