活動方針・活動内容

研究部門

分子イメージング研究部

分子イメージング研究部 山根 部長 写真

部長
山根 登茂彦
(やまね ともひこ)

卒業年 平成10年
専門分野  
主な実践及び研究歴  

 

分子イメージング研究部 千田 参事 写真

参事
千田 道雄
(せんだ みちお)

(神戸大学大学院客員教授)
医学博士

卒業年 昭和56年 京都大学医学部
専門分野 核医学、放射線医学
主な実践及び研究歴 PETの技術開発・臨床診断・臨床研究や基礎医学、医薬品開発へのPETの活用、MR・CT・放射線治療・IVRなども含めた総合的な先端的映像医療とその活用

分子イメージング研究部では、臨床研究や治験で用いるさまざまなPET薬剤を製造し、それらを用いてPET撮像を行っています。その対象疾患も脳疾患、腫瘍、心血管など多岐に及びます。さらにそのための技術開発としてPET薬剤の合成方法やPET撮像法・データ解析法の研究も行っています。アルツハイマー病をテーマとする国家プロジェクトであるAMEDプレクリニカルプロジェクトにおいては、多施設研究のPETコアとして全国の参加PET施設の品質管理を行うという、大きな役割を担っています。

PET治験薬製造に関しては、2008年(当時は先端医療センターにて)本邦初となるPET治験を実施し、その後2011年に治験薬GMP基準に適合した新たなホットラボを整備しました。今日に至っては、これらのインフラとPET治験の実績が高く評価され、複数の外資系企業からPET治験薬製造の受託を受けています。

治験薬GMPに適合したホットラボ施設の写真
治験薬GMPに適合したホットラボ施設

今後もPETイメージングは、疾患の診断だけでなく、治療薬の開発、薬物動態、再生医療においても広く応用されることが期待され、当研究部もこういった内外の要請に応えていきます。

難病研究部

部長
古川 裕
(ふるかわ ゆたか)

難病研究部では、「アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社」からの寄付金を原資に、難病及び難治性疾患の研究・治療開発を進めています。遺伝子異常の存在が疑われる患者を対象に、ゲノム解析や遺伝子発現解析を行い診断を確定するとともに、これらの情報を匿名化した上で、発症機構の解明や新規薬剤の開発に活用するシステムの構築につなげていきます。

造血幹細胞研究部

部長
石川 隆之
(いしかわ たかゆき)

臍帯血由来造血幹細胞に関する基礎研究を開始し、当初数年間において、臍帯血から造血幹細胞の単離・体外増幅技術を確立、この技術を利用し、白血病などをターゲットとした造血幹細胞移植医療の医師主導治験の実施を目指しています。

脳血管治療研究部

部長
坂井 信幸
(さかい のぶゆき)

脳血管治療に関する治験や多施設共同研究のマネジメント及び脳血管治療関連医療機器の開発(機器開発研究)を研究者や企業と共同で積極的に進めています。

難聴研究部

部長
山崎 博司
(やまざき ひろし)

人工内耳術後の①視覚野の発達(音声刺激に対する反応)と、②視聴覚統合(聴覚野と視覚野の同期的活動)に注目し、人工内耳装用児でも施行可能な光トポグラフィー(fNIRS)と多チャンネル脳波計を用いた脳機能評価を行う臨床研究を実施し、新たなリハビリテーションプログラムの開発につなげていきます。

臨床免疫研究部

部長
大村 浩一郎
(おおむら こういちろう)

神戸医療産業都市推進機構・先端医療研究センター免疫機構研究部で研究が行われている「抗PD-1アゴニスト抗体による治療法」や「炎症性疾患の早期診断マーカー」の臨床開発を推進するため、同研究部と連携して、関連する臨床基盤の構築や臨床研究の企画・実施・管理を行うとともに、免疫疾患等に関わるエビデンスの構築と、新規治療法・診断法開発へのフィードバックを図ります。

再生医療研究部

再生医療研究部 森実 部長 写真

部長
森実 飛鳥
(もりざね あすか)

幹細胞を用いた中枢神経疾患に対する細胞移植治療の研究を行うとともに移植後免疫反応の制御の研究などに取り組んでいます。まず専門である神経領域においてパーキンソン病の再生医療の臨床応用を進めながら、将来には他領域での再生医療の展開を図り、再生医療を当院の強みの1つとして発展を目指していきます。

研究推進部門

高難度研究推進部

部長
坂井 千秋
(さかい ちあき)

高難度研究推進部は、医師主導治験の調整事務局や多施設共同研究の主任研究者・研究事務局を当院医師が担当する場合に、その計画や運用について専門的に支援する部門です。これらの治験や研究は、薬機法、臨床研究法、倫理指針等に基づいて研究を計画し実施する必要があり、それに必要な体制を構築すること、法令指針に基づいて研究を実施すること、必要に応じて研究者や実施医療機関、当局に報告することなどが必要です。それら研究実施に必要な業務の支援を行います。

学術研究推進部

部長
宮越 千智
(みやこし ちさと)

学術研究推進部は、旧学術支援センターが臨床研究推進センターに合流する形で発足しました。旧学術支援センターでは、学術研究に関わる院内の様々な取り組みを支援してきましたが、臨床研究推進センターの中の一部門になることで、他部門と連携しながら、より効率良く研究支援をすることが可能になりました。

データ管理部

部長
宮越 千智
(みやこし ちさと)

 

管理支援部門

管理支援部

部長
室井 延之
(むろい のぶゆき)

管理支援部は、倫理的かつ科学的に質の高い臨床試験(治験)を安全に円滑に実施するため、臨床研究に関する専門的知識をもつスタッフによる管理部門と臨床研究コーディネーター(CRC)を中心とした支援部門から構成されます。高度な専門性を駆使して、患者さんの権利や安全を守りつつ、質の高い医療の提供に貢献していきたいと考えています。

品質管理部門

品質管理部

部長
橋田 亨
(はしだ とおる)

品質管理部は、臨床研究の質を確保することを目的とした部門です。院内の様々な部門と協働し、各種法令指針に基づいて研究者が実施した臨床研究を病院として適正に管理することで、臨床研究に参加された患者さんの保護や信頼性のある臨床研究の遂行に努めていきます。

事務部門

事務部

部長
一安 顕昭
(いちやす けんしょう)

事務部門では、臨床研究・治験に係る契約、文書管理などの事務全般、安全情報の集約、知財管理、収支管理、広報・企画調整に関する業務等及び「KOBEもの忘れネットワーク(※)事務局」を担っています。また、臨床研究推進センター内の事務を統括するとともに他部門と密接な連携を図り、臨床研究・治験の円滑な実施を支えるために事務的サポートをしています。

※「KOBEもの忘れネットワーク」とは、神戸市近郊の病院・クリニックを「登録医療機関」として、また『認知症』の講演会や臨床試験に興味のある方やそのご家族を「登録者」として、認知症治療薬の開発に貢献するネットワークを展開しています。詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。

臨床試験ネットワーク運営業務のイメージバナー画像