腫瘍内科

腫瘍内科部長 安井久晃

神戸市立医療センター中央市民病院
腫瘍内科部長
安井 久晃

治療に難渋することの多い多臓器転移や合併症を有する進行がん患者さんに対しても、関連診療科・多職種と連携したチーム医療のもと、質の高い診療を提供いたします。

病名、病気の性質、状態、期待される治療効果、予後および今後の治療方針について、詳しい説明を行うのはもちろんですが、医師と患者さんが話し合いながら治療法を決定します。インフォームド・コンセントのように情報の流れは一方向でなく、医師は患者さんの特性をつかみながら、自由に個人的意見も言える関係の中でお互いが納得できる治療方針を一緒に決定するというプロセスを大切にしたいと考えています。

患者さんご本人には十分理解、納得していただいた上で治療を行いますが、最初に受診される場合は、ご本人だけではなく、可能な限りご家族と一緒に来院されることをお勧めいたします。

治療法としては特別な理由がない限りは標準治療をまず検討します。標準治療とは「現時点でその治療を行うことが、最も良い効果が出る可能性が高い」ことが、臨床試験で証明され、医学的・科学的根拠に妥当であるとされた治療法です(当然新しい治療法の出現により変わることがあります)。さらに、患者さんの全身状態や治療法により副作用の違い、患者さんの希望やその他の状況なども考慮し、患者さんにとって最良の治療を提案させていただきます。

臨床試験として、新薬の治験、新しい併用化学療法などの研究的治療にも取り組んでいます。希望のある患者さんは治験や臨床試験に参加することで、新たな治療法を先取りし選択できる場合もありますので、治療説明の際に希望される方にはお話させていただいております。

QOL(生活の質)を重視し、化学療法を導入した後は、当院外来もしくは地域の連携医療機関で治療を継続していきます。可能な限り今までの生活が続けられるように心がけています。

また、当院外来化学療法センターでは、各分野の専門医、さらにはがん専門看護師、がん化学療法認定看護師、がん専門薬剤師と協働し、安全で快適な外来化学療法の実施に努めております。

当科では、消化器がんをはじめとする成人固形がんの患者さんに対する先進的なチーム医療を行っています。

がんセンター

がんに関連する診療科の外来を集め、「がんセンター」として集学的治療を行っています。2016年8月、増築された北館に拡張・移転しました。