栄養管理部

栄養管理部部長 岩倉敏夫

神戸市立医療センター中央市民病院
栄養管理部部長
岩倉 敏夫

 

栄養管理部副部長 杉岡ふみ子

神戸市立医療センター中央市民病院
栄養管理部副部長
杉岡 ふみ子

栄養管理部の基本理念

入院患者さんへ

予定入院前検査センターにて入院中の食事や栄養について、配慮が必要な場合は直接、管理栄養士が確認させていただき、入院当日1食目より、患者さまに合った食事を提供しています。低栄養のリスクがある場合は、病棟担当の管理栄養士が詳しくお話しを伺い、必要な食事調整を行います。

また、緊急入院の場合は、救急病棟担当の管理栄養士が医師、看護師と情報交換して、必要な栄養量を確保する手段を検討します。

退院時には必要に応じて、入院中の食事を中心に栄養指導をいたします。

外来患者さんへ

生活習慣病に対する自宅での食事療法が必要な場合は、主治医の指示により、栄養指導を受けていただくことができます。

地域のみなさんへ

生活習慣病、消化器病などの教室はどなたでもご参加いただけます。また、ファミリーマートとコラボした弁当は病院食と同様の塩分制限食を食べていただくことができます。

栄養管理部の活動

栄養相談

〈栄養相談〉

栄養相談は2階の栄養相談室や病棟で行っています。当院には様々な疾患を有する患者様がこられますので栄養相談内容は多岐にわたります。栄養相談を行う際にはフードモデルや資料を用いてできるだけ分かりやすく説明することを心掛けています。

管理栄養士による食事調整

〈管理栄養士による食事調整〉

食思不振等で経口摂取が進まない患者様には、病棟で管理栄養士がお話を伺い、食事の調整も積極的に行っています。嚥下食等形態に関しても検討しながら食事を提供しています。経管栄養を行っている患者様への適切な投与量や投与方法についても検討しています。また、2015年はハロウィンに小児病棟でクッキーを配る等の取り組みも行いました。