CRC紹介

支援室(臨床研究コーディネーター室)のご紹介

当院は神戸市の基幹病院として、地域住民の生命と健康を守るために、患者中心の質の高い救急医療・高度医療を提供しております。また、より安全でより有効な医療を開発するために、治験・臨床研究の取り組みにも注力しております。

このような背景から、当院の治験・臨床研究実施数は、年々増加しています。私たち臨床研究コーディネーターは、質の高い試験の実施と、試験に参加いただいた患者さんの安全を確保しながら、院内スタッフと製薬会社との調整業務などの、様々な支援をおこなっています。

臨床研究コーディネーター(CRC)の人員構成(2021年4月現在)

職員数

正職員 12名(うち主査2名、主任1名)
有期雇用職員 1名
非常勤職員 4名
再雇用職員 1名
  計18名
その他SMO 3社

職員構成

看護師 13名
薬剤師 3名
臨床検査技師 2名

認定・研修状況

日本臨床薬理学会の認定CRC取得 14名
上級CRC研修修了者 10名

多領域にわたる試験を支援

新規支援数 55件/年(2020年度)
内訳企業治験 28件
医師主導治験 6件
治験検査受託 4件
臨床研究 17件
支援総数 129件/年(2020年度末)
内訳企業治験 72件
医師主導治験 15件
治験検査受託 7件
特定臨床研究 22件
その他臨床研究 13件
区分  医薬品、医療機器、再生医療等製品
領域 固形がん(肺がん、消化器系がん、婦人科系がん、泌尿器科系がん、乳がん、等)、血液がん(白血病、悪性リンパ、多発性骨髄腫、移植後合併症、等)、その他疾患(認知症、心不全、ALS、SLE、ウィルス感染症、等)、重症集中・救急(脳梗塞、ARDS、ギランバレー症候群、等)、Covid-19(中等症~重症)、PETを用いた分子イメージング
一人あたり担当数 約10試験を担当(うちエントリー中は3〜4試験)

チーム制を採用

試験ごとにメイン/サブの担当を決定し、業務内容に応じてチームを作り業務分担しています。時にはチーム横断的にミーティングをおこなう等、フレキシブルな対応を行っています。これまでの経験、自身の希望、キャリア形成、勤務形態等を考慮して担当試験を決定しています。

研修・学会参加

部内で作成したCRCのための研修プログラム(採用時研修、導入研修)を作成しています。研修会や学会は、各自の目標や課題に応じて主体的・計画的に参加し、参加後は勉強会での発表や報告書等で情報共有をしています。学会等での発表も積極的に行っており、日々の業務の評価と還元に取り組んでいます。

『2019年CRCと臨床試験のあり方を考える会議』に参加しました(2020年はWeb開催)

「当院の再生医療への取り組みについて」の発表時
「当院の再生医療への取り組みについて」
「CRCとLDMによる臨床研究支援体制の構築」の発表時
「CRCとLDMによる臨床研究支援体制の構築」
パネルディスカッションの様子
全国2施設のうちの1施設に当院が選ばれ、「PhRMA/EFPIA Japan 共催セミナー」のパネルディスカッションに参加

働きやすい職場

ワークライフバランスを重視しており、休暇を取得しやすくするために、チーム内で情報共有し、業務分担を行っています。試験の立ち上げや被験者の組入れが重なる時期や、急な業務の発生時以外には遅くまで残る必要はなく、定時で帰宅できるよう配慮をしています。

お迎えの様
院内保育園 園庭前にて お迎えの様子