臨床研究

呼吸器外科の入院・外来患者さんを対象とした研究について

当科では対象となる患者さんへ文書及び口頭で説明を行い、その同意を頂いた上で検査結果や治療内容、術後の合併症など様々な臨床データの解析、研究を行っています。そしてこれらのデータは医学の発展に関して有用である場合は学会発表や医学雑誌へ投稿することを検討しています。これにより医療従事者の間で治療が奏功したデータなどを共有することが出来、より多くの患者さんに治療及び検査の恩恵を受けて頂くことが可能となると考えています。

これらの患者さんの個人情報並び臨床データは厳重に管理され、学術目的で使用する際には患者さんの氏名・住所など個人が特定できる情報は含まれません。

このような臨床研究に対して追加の説明を希望される場合、また個人の臨床データのデータベースへの収集及び臨床研究への活用を拒否される場合には担当医師まで何時でも遠慮なくお申し出ください。また、これらの同意に関して発表あるいは投稿前であればいつでも撤回が可能であり、撤回をすることによる患者さんへの不利益は一切生じません。

現在以下の臨床研究を行っております。

  1. 手術患者における入院前 COVID-19 スクリーニングの有効性についての研究(詳細はこちら
  2. 高齢者肺癌に対する外科治療の安全性と有用性(多施設共同研究)
  3. 導入療法後に手術を施行した非小細胞肺癌症例の検討
  4. 高エネルギー胸部外傷患者における呼吸器系メカニクスに関する前向き研究
  5. 肺葉切除後の肺瘻に対する早期胸膜癒着術の効果と安全性に関する検討(詳細はこちら
  6. 間質性肺炎合併肺がん切除患者における術後急性増悪予測スコアバリデーションスタディ REVEAL-IP(多施設共同非介入前向き研究)
  7. 肺癌に対するサルベージ手術の有効性と安全性を検討する多施設共同後ろ向き臨床研究(詳細はこちら
  8. 胸腺上皮性腫瘍の術前画像三次元解析と予後の関連についての研究(詳細はこちら