呼吸器外科

副院長兼呼吸器外科部長 高橋 豊

神戸市立医療センター
中央市民病院

副院長
兼呼吸器外科部長

高橋 豊

多くの患者さんに最高の医療を提供するために

呼吸器外科は心臓・大血管・食道以外の胸部臓器を扱う外科です。主に肺がん・気胸・膿胸などの肺疾患や縦隔・胸壁腫瘍の手術のほか、胸部外傷の診療に携わります。

ほとんどの手術を胸腔鏡で行い、低侵襲に心がけています。例えば、肺がん手術は3cmの創(キズ)1つのみ、または1cmの創を1個追加するだけですので、痛みが少なく、早期の退院が可能です。

呼吸器・循環疾患を合併、心臓の手術後などにより、他院では手術が困難とされた患者さんに対し、総合病院である強みを生かして呼吸器内科・循環器内科など他科の協力のもと、根治性・呼吸機能温存を考慮した術式で治療にあたっています。

他科・他職種と共に、綿密な治療計画と円滑な周術期管理を

肺がんカンファランス

呼吸器内科・外科、腫瘍内科、放射線治療科、先端医療センターとの合同カンファランスを開催し、治療方針についての検討を行っています。

周術期呼吸リハビリテーションチーム

術前術後の呼吸リハビリテーションを行い、術後の順調な回復のサポートを行っています。