外科・移植外科

外科・移植外科部長 貝原 聡

神戸市立医療センター中央市民病院
外科・移植外科部長
貝原 聡

安全、低侵襲で確実な外科治療を目指して

神戸市の基幹病院である当院には、外科手術を必要とする患者さんが数多く来院されます。当科では、これらの患者さん皆様に質の高く安心した医療を提供できるよう、様々なことに積極的に取り組んでいます。

患者さん一人一人に優しい治療

我々の扱う疾患の多くが悪性疾患(癌)です。癌に対する手術は、癌そのものだけでなく周りの組織も含めて広く切除する根治手術が必要ですので、患者さんの体に対する負担は非常に大きくなります。また切除されたことによる臓器の機能の低下を免れることはできません。ですから、外科手術の必要性を決定するには慎重な判断が必要で、当院では外科のみならず癌診療に携わる全ての診療科(消化器内科、腫瘍内科、放射線科、緩和医療部門、病理診断部門)との連携を密に取ることにより、患者さんの状況に応じた最もふさわしい治療が行えるような体制を整えております。そして、手術が必要であると判断された患者さんは、その背景や症状、病気の進み具合(進行度)に応じて術後のQOLを考えつつ、科内で術式を検討したうえで、ご本人やそのご家族と相談、同意を得て治療方針を決定しています。手術の前にやさしくていねいに説明を繰り返し十分なインフォームド・コンセントを得ることはもっとも大切なこととらえております。また、他の医師の意見が聞きたい場合はセカンドオピニオンを受けることも可能です。

最新の知識と技術を取り入れた高度、かつ安全な癌治療

近年、癌に対する研究が進むにつれ、その診断や手術を含む治療法が細分化され、医師はより専門的な知識や技術が必要とされてきています。当院の外科スタッフは全員、外科学会認定医/専門医/指導医、または消化器外科専門医/指導医の資格を持った経験豊富な医師ですが、さらに高度な専門医資格として内視鏡外科学会技術認定医:4名、肝胆膵外科高度技能指導医/専門医:3名、移植外科学会認定医、食道学会専門医を各1名、有しています。各自がそれぞれの専門分野を生かし、高度でかつ安全な最良の医療を患者さんに提供します。また国内外の学会に積極的に参加して最新の知識や技術を吸収することにより、最高峰の治療レベルの維持を心がけています。

腹腔鏡の手術は、従来の開腹手術と比べると体に対する負担が小さく術後の回復が早いのが大きな特徴ですが、一方で高度な技術を要する手術です。当科では、腹腔鏡手術の高度な技術を持つと認められた内視鏡外科学会技術認定医が中心となり、腹腔鏡下手術を大幅に取り入れています。胆石症は言うに及ばず、胃癌、大腸癌、食道癌などの悪性疾患から脾臓、副腎などの摘出術、胃十二指腸潰瘍穿孔などの緊急手術まで適応を決めて積極的に行っています。また、近年は鼠径ヘルニアや虫垂切除術にも腹腔鏡手術を導入し、患者さんの負担軽減と入院期間の短縮に貢献しています。肝臓、膵臓の腹腔鏡手術はより難易度が高いため認定された医療機関に限定されていますが、当科は2012年より施設認定を受け適応を考慮しつつ行っています。

一方で、肝臓癌、膵臓癌などの最も難易度が高くより専門的な知識や技術、経験が必要な手術についても、当院では肝胆膵外科高度技能指導医/専門医の資格を持つ経験豊富な医師が担当となり数多く治療にあたっています。また大学病院以外では珍しく、生体肝臓移植を定期的に行っています。

神戸市の基幹病院としての断らない医療の実践

当院は神戸市民の救急医療の最後の砦(とりで)という意識のもと、断らない医療をスローガンとして掲げています。当科もその方針に従い、日中/夜間を問わずベテランスタッフ医師と若手医師がペアーとなり24時間/365日待機する体制をとり、年間に約300例と数多くの緊急手術を行っています。また、多発外傷や複雑な損傷を伴う場合は他診療科との協力で緊急手術を行うこともあり、救急部や他の診療科との連携を密に取りながら一緒に診療にあたる体制を整えております。

外科・移植外科メンバ-

〈外科・移植外科メンバ-〉

スタッフ8人、後期研修医7人の総勢15人で診療にあたっております。スタッフは各分野のエキスパートが集まっています。