形成外科

形成外科部長

神戸市立医療センター中央市民病院
形成外科部長 
片岡 和哉

外傷、先天異常、手術後変形などの体表面の異常を、形態的・機能的に修復・再建することを目指しています。豊富な経験と、高度な知識・手術手技で高度な医療を提供します。

形成外科では、外傷、先天異常、外科手術後など、体表面および、その近傍の近い部位の異常、変形を形態的、機能的に修復・再建することを目指しています。体表面、特に顔面の変形、機能異常は、患者さんにとって、生活の質に大きく関与する問題です。経験、医学知識、手術手技、他科との連携を駆使して、治療しています。

外傷

外傷は救急科と連携し、適切な初期治療を行っています。手術治療が必要な場合は、適切な時期に適切な手術を行っています。とくに顔面外傷、顔面骨骨折は、いかにキズを目立たなく、変形、損傷を修復するかに重点を置き、治療しています。熱傷は、救命治療から、変形、醜形、機能再建に至るまで救急救命科、地域医療機関と連携し、治療に当たっています.新鮮外傷だけでなく、陳旧性外傷の修復も積極的に行っています。

先天異常

口唇裂・口蓋裂をはじめとする顔面の先天異常、手指足趾、その他全身の体表先天異常の治療を行っています。特に唇裂口蓋裂は、小児科、耳鼻咽喉科、矯正歯科、口腔外科、聴覚言語療法士、看護師などとチーム医療を推進しています。出生時より治療を開始し、成長の適切な時期に適切な治療を提供するよう努めています。長期間の治療となることも多いですが、患者さん、ご家族と十分に説明、相談しながら、信頼関係を保ちながら治療しています。育成医療も適応出来ます。

腫瘍切除、再建手術

皮膚皮下腫瘍の切除、再建から、他診療科と協力し、悪性腫瘍切除後の再建を行っています。頭頚部外科、乳腺外科、皮膚科を始め、いろいろな診療科と協力関係にあります。悪性腫瘍切除後の再建では、各種皮弁、顕微鏡下遊離皮弁などを用い、患者さんの生活の質を向上するよう努めています。また、乳癌手術後の再建では、シリコンゲルインプラントを用いた乳房再建も保険診療で行っています。

その他

母斑、あざにたいするレーザ治療(保険診療)、眼険下垂、難治性潰瘍、ケロイド治療なども積極的に行っています。その他、一般的に形成外科で保険診療の対象となる疾患は診療しています。

患者さん個々の症状、経過、希望に応じて適切な治療を行っています。

外来診察

〈外来〉

形成外科外来は月・水・金曜日の週に3回開設しています。いずれの曜日も、初診、再診診療を行っています。 また、木曜日午前中は、ケロイド・肥厚性瘢痕専門外来を開設しています。ケロイドの臨床。研究に携わったスタッフが、集学的治療を行っています。

手術

〈手術〉

手術は火・木曜日が入院手術(全身麻酔)。月・水・金曜日は外来(日帰り)手術(局所麻酔)を行っています。手術は、術者、介助者など複数名で、万全の体制で行っています。近隣在住で、侵襲の比較的少ない手術であれば、日帰り全身麻酔手術も可能です。