小児科

小児科部長 鶴田 悟

神戸市立医療センター中央市民病院
小児科部長
鶴田 悟

市民の皆様に安心していただける小児医療を目指して

当院の小児科は、小児病棟29床を有し、外来は2~3診体制で午前午後にわたって開くことにより、神戸市における小児の急性期医療に対応しています。

外来は月曜日から金曜日までで、午前中は一般外来及び専門外来、午後は主として専門外来を行っています。また、乳児健診やハイリスク児を対象とした各種予防接種も外来で定期的に実施しています。

夜間や休日については、救命救急センターを併設していて小児科専門医が毎日当直待機しており、1年365日24時間体制で受け入れ体制を整えることで救急患者の対応処置にあたっています。

地域の医療機関との連携のために専用電話回線の「小児科ホットライン」を設置しいつでも連絡が可能な態勢をとっています。

小児病棟は感染隔離が必要な患者や免疫抑制剤の使用などで逆隔離が必要な児が多いことを考慮し、1人部屋を中心とした病棟構成としています。

また、プレイルームやキッズガーデンを設置し可能な限り子どもの活動を制限しないように生活環境にも配慮しています。病棟には定期的にボランティアが訪問し、入院中の児にとって入院生活が少しでも快適になるように様々なイベントを企画しています。

痛みを伴う処置に対しては十分な鎮痛鎮静処置を行うと共に、看護師による「プレパレーション」、「ディストラクション」といった対応をすることで苦痛を減らす工夫をしています。

小児科の各分野の高度専門医療に力を注ぎ、専門医を中心にチーム医療を行っています。感染症分野では抗生剤の適正使用に留意し、必要十分な治療を行うように心がけています。食物アレルギーに対しては積極的に負荷試験を行い、正確な診断による最低限の食事制限を行うようにしています。

また、アレルギー性鼻炎や喘息に対して免疫療法を積極的に導入して原因療法を推進しています。その他、てんかんのコントロール、不整脈を中心とした循環器疾患や川崎病の治療管理、内分泌負荷試験など専門領域に対しても対応しています。

病院の中央診療部門に設置されている高度医療機器を駆使して、レベルの高い臨床を目指し、地域の病院、診療所の医師との連携に努めています。

診療は医師の間だけではなく、
各職種との連携を重視したチーム医療を基本としています。

シミュレーショントレーニング

〈シミュレーショントレーニング〉

さまざまな状況に常に対応できるように患者モデルを使用して各種病態を想定したシミュレーショントレーニングを繰り返しています。病棟内での急変に対応できるよう病棟スタッフも加わった訓練も定期的に開催しています。

カンファレンス

〈カンファレンス〉

病棟内で予測していなかった事態が発生した場合は、結果的に問題がなかった場合でもスタッフ間での振り返りを行っています。
突発的な事態に対して各職種が連携して臨機応変に対応できることが目標です。