産婦人科

産婦人科部長 吉岡信也

神戸市立医療センター中央市民病院
産婦人科部長
吉岡 信也

当科では、産科部門では新生児科と協同して、婦人科部門では外科・泌尿器科・放射線科・腫瘍内科・病理科と協同で、産科、婦人科ともに質の高い診療を行っています。

神戸市の基幹病院また京都大学産婦人科の代表的な関連病院として、臨床経験豊富なスタッフが診療を行っています。 診療内容は、産科・周産期部門、婦人科・腫瘍部門の2つに分けられ、婦人科腫瘍の手術は悪性(癌)・良性ともに可能な限りなるべく低侵襲な内視鏡手術を行っています。24時間体制で 産婦人科救急にも対応しています。

産科・周産期部門

兵庫県で2番目の総合周産期センターとして、年間約800人の方が分娩されています。母体合併症の治療・管理に重点を置き、当院の専門各科と協力して妊娠・分娩中の援助と治療をしています。胎児に異常がある場合は、胎児エコー・MRIなど最新の医療技術を用いて診断・救命に努めています。新生児科には新生児集中治療室(NICU)があり、未熟児や病気をもった赤ちゃんの総合的な治療を行っています。お母さんや赤ちゃんの状態が急に悪くなった時に、その命を救うためのシステムとしての超緊急帝王切開や、分娩時の大量出血に対する緊急処置や集中治療などを新生児科、麻酔科、救急救命科などと協力して行う体制を整えています。

婦人科・腫瘍部門

年間婦人科手術数は約1000例です。合併症などのため他病院で実施困難な患者さんの手術・治療も行っています。不妊の原因となる子宮内膜症や子宮筋腫に対する手術治療も多く実施しています。悪性の病気(癌や肉腫)は、がん拠点病院として、子宮頸癌・子宮体癌・子宮肉腫・卵巣癌など多くの患者さんの集学的治療をしています。早期癌には妊孕性温存手術・腹腔鏡手術、進行癌へは神経温存手術・リンパ浮腫低減手術・ 術前化学療法・他科合同拡大手術・高度放射線治療など最新の治療を積極的に行っています。

内視鏡手術

年間腹腔鏡手術は400例以上で近畿有数です。子宮筋腫核出術・子宮摘出術・卵巣嚢腫摘出術・子宮外妊娠手術など多くの良性疾患で腹腔鏡手術が可能です。比較的早期の子宮体癌に対する腹腔鏡手術も当院では以前から行っており、2016年半ばまでに90人以上の子宮体癌の患者さんの腹腔鏡手術を行っています。2015年からは先進医療である子宮頸癌に対する腹腔鏡手術も導入しています。

当科では産科・婦人科・内視鏡手術、各分野の専門医を含むエキスパートによるチーム医療体制を整えています。

医局員

〈医局員〉

当院産婦人科には17名の常勤医と2名の非常勤医が所属しています。一般的な産婦人科診療は勿論、周産期・腫瘍・腹腔鏡・女性医学と様々な分野を専門とするスタッフが揃っているほか、放射線科、病理診断科、腫瘍内科、新生児科などの各部門と連携し日々の診療を行っています。また神戸市の救命救急センターとして24時間体制で産婦人科救急に対応しています。受診の折には、どんなことでも気軽にご相談ください。

内視鏡手術

〈内視鏡手術〉

当科では、2015年実績で1341件の手術を施行しています。 婦人科領域では、婦人科良性腫瘍に対する低侵襲手術から悪性腫瘍に対する根治術まで、あらゆる手術症例に対応しております。悪性腫瘍に対しても腹腔鏡手術を含めた低侵襲手術を積極的に行っております。すべての手術症例の治療方針をカンファレンスで検討しています。 産科領域では、2015年実績で分娩件数は802件でそのうち277件が帝王切開分娩です。母体搬送も積極的に受け入れています。