糖尿病内分泌内科

糖尿病・内分泌内科部長 松岡直樹

神戸市立医療センター中央市民病院
糖尿病・内分泌内科部長
松岡 直樹

チームで診る 糖尿病&内分泌

糖尿病内分泌内科の外来での予約患者数は糖尿病患者約2000人・内分泌内科約1700人で、1日平均患者数は約100人です。また年間糖尿病約250人・内分泌約200人の患者さんが入院されています。

糖尿病の教育・治療のためにはチーム医療が大切であり、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師によるカンファレンスを行い、情報を共有し総合的に糖尿病教育・治療を行っています。理学療法士・検査技師も糖尿病教室などの教育に携わっています。また、進展した糖尿病で問題となる合併症については、他の科と連携して精密検査及び治療にあたっています。糖尿病性腎症で進行した腎不全では腎臓内科と、虚血性心疾患の評価・治療では循環器内科と、糖尿病性網膜症の評価・治療では眼科と密に連絡をとっています。妊娠糖尿病症例・糖尿病合併妊娠症例も産科と協力して加療しています。糖尿病専門医は、常勤4人 糖尿病療養指導士も看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士と多彩な職種におよんでいます。

内分泌疾患は希少疾患も多く非常に専門性の高い領域です。当院には内分泌代謝専門医が2人おり、正確な診断と治療を行うように努めています。下垂体疾患の多くは厚生労働省より指定難病に認定されており、当科ではその診断と治療について対応可能です。また、腫瘍性病変は外科的治療が必要になることが多く、関連の診療科と協力して診療にあたっています。特に甲状腺癌診療においては、穿刺吸引細胞診での診断、手術時の周術期管理、放射性ヨード治療、術後ホルモン補充療法、分子標的薬治療などを、頭頸部外科・腫瘍内科と連携して診断から治療までを一貫して行っています。当院には、全国的に数が少ない「甲状腺癌の放射性ヨード治療室」を2室有しており、他院で手術を受けた患者さんも積極的に紹介を受け、治療を行っています。

当科では病診連携を積極的に行っており、地域医療機関からの紹介を多数受け入れています。一方、状態が安定した患者さんには地域医療機関(診療所)に今後の治療を依頼しています。その場合も、必要に応じて地域医療機関からの紹介により当院で治療を行います。

他院で治療中の方が当院他科で入院される場合も連携して血糖コントロールや内分泌疾患の管理を行っています。

〈糖尿病チーム〉

医師、看護師(病棟・外来)、管理栄養士、薬剤師、検査技師、理学療法士

 

〈甲状腺癌チーム〉