新型コロナウイルス感染症病棟(臨時病棟)の完成について

新型コロナウイルス感染症病棟(臨時病棟)の完成について

皆様へ

今後の感染拡大に備えて、新型コロナウイルス感染症患者への治療と、中央市民病院における高度医療の提供を両立し、神戸医療圏における市民の安全を継続的に確保できるよう、新型コロナウイルス感染症患者の受け入れに特化した臨時病棟を整備してきました。

このたび10月23日(金)に建物が完成し、医療機器の搬入・設置作業等を経て11月9日(月)から運用開始予定となりましたので、お知らせします。

なお、全36床すべての病床で重症患者の受け入れが可能な臨時専用病棟の整備は全国初の取り組みとなります。

位置図

新型コロナウイルス感染症病棟(臨時病棟)位置を示す図

病棟写真

臨時病棟 外観1写真
臨時病棟 外観2写真
臨時病棟 内観1写真
臨時病棟 内観2写真
臨時病棟 内観3写真
 

※転載可。ただし、「神戸市立医療センター中央市民病院提供」と記載すること。

お問合せ先

中央市民病院事務局総務課
(078)302-4321