新型コロナウイルス感染症への対策及び病院の診療体制の見直しについて

新型コロナウイルス感染症への対策及び病院の診療体制の見直しについて

皆様へ

当院において、入院患者及び病院職員等の新型コロナウイルス感染を確認しました。

つきましては、神戸市の基幹病院として、また、市民の生命と健康を守る最後の砦としての役割を早期に回復するため、当面の間、つぎのとおり新型コロナウイルス感染症への対策、及び、病院の診療体制の見直しを行います。

皆さまには多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

(1)新型コロナウイルス感染症への対策

  • 感染拡大のリスクがある病棟等については、一旦閉鎖し、徹底的な消毒を実施します。
  • 濃厚接触が疑われる職員については、自宅待機・健康観察とします。

(2)診療体制の見直しによる病院機能の維持

  • 新規入院患者及び新規外来患者の受け入れを中止します(ただし、再来患者の診察・外来化学療法等は実施します)。
  • 一部処置や手術等についても、実施を制限します。

(3)救急

  • 救急外来については、受け入れを停止します。
  • 原則として救急搬送の受け入れを制限します。
  • 上記の制限は、一時的な措置です。早期の通常運用再開に向け、努めてまいります。

(4)その他

  • 神戸市保健所の指導に従い、病院機能の早期回復を図ります。

お見舞い(ご面会)の原則禁止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続いている状況を踏まえ、入院患者さんへの感染防止のため、お見舞い(ご面会)は、原則禁止させていただきます。

ただし、急を要する場合や、手術前後・入退院時・当院から来院指示のある場合などに関しては、患者家族カードをお持ちの方に限り、面会可能です。

  • 発熱、咳などの風邪症状のある方は、ご家族の方でも病棟への入室をお断りさせていただきます。
  • 面会の際は、流水と石けんによる手洗い、またはアルコール消毒による手指衛生、マスクの着用などの咳エチケットへのご協力をお願いいたします。

皆さまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。