乳腺外科

神戸市立医療センター
中央市民病院

乳腺外科部長
鈴木 栄治

乳癌は我が国の女性癌罹患率1位であり、今後さらに増加が見込まれています。一方で検診受診率の増加と乳癌の生物学的特性に対応した治療法の向上に伴い、死亡率は低下傾向にあります。乳癌は早期であれば5年生存率90%以上の治療成績が得られることから、生活の質(QOL: quality of life)に留意した患者さんの満足度の高い安全・安心・高度先進医療の提供が重要となってきます。

私たちは早期発見/診断およびQOLを考慮した治療の最適化 (escalation/de-escalation)を常に考えながら最善の医療の提供に努めます。

信頼性のある医療の提供

ガイドラインを遵守しながら個々の患者さん、ご家族などとの協議にて治療法を決めていきます(shared decision making)。

集学的医療の提供

放射線診断科、病理診断科、放射線治療科、形成外科、産婦人科、家族性腫瘍外来、腫瘍内科、緩和ケア内科、薬剤部、看護部などその他多種のスタッフとの定期的なカンファレンスなどを通して密な連携による集学的医療を提供します。

QOLを重視した医療の提供

癌の治療によって起こる副作用への対策を重視した治療(支持療法)を提供します。

整容性を重視した医療の提供

形成外科との連携以外においても、乳房温存術における乳房の整容性を考慮した手術を行います。

高度先進医療の提供

適応を確認し臨床試験、治験などの高度先進医療を提供します。

病診、病病連携を活用した医療の提供

乳癌治療後安定した病態、あるいは終末期の病態などそれぞれの病態に応じて地域連携を重視した医療を提供します。