整形外科

整形外科部長 安田 義

神戸市立医療センター中央市民病院
整形外科部長
安田 義

体を支えて動かすために必要な骨、関節、靭帯、筋肉、腱、神経など「運動器」の疾患・外傷を診療します。

整形外科は、体を支えて動かすために必要な骨、関節、靭帯、筋肉、腱、神経など「運動器」の疾患・外傷を対象とします。そのため、整形外科が扱う領域は、脊椎・脊髄、骨盤、上肢(肩、肘、手、手指)、下肢(股、膝、足、足趾)など広範囲に渡ります。運動器が悪くなりますと日常生活動作に障害が起こり、仕事、外出、スポーツ、旅行などにも支障がでます。したがって、運動器を健康に保つことが生きがいのある人生を送ることにつながります。整形外科は、運動器疾患・外傷の病態を解明し、その治療法を開発して診療を行う専門科です。厚生労働省が行う国民生活基礎調査でも、腰痛、肩こり、膝痛など運動器に関する愁訴が圧倒的に多く、運動器医療の核となる整形外科が果たすべき役割がますます大きくなっています。 運動器疾患の原因は変性、炎症、外傷、腫瘍など様々であり、対象となる年齢層も幅広いのが特徴です。高齢化の進んだ日本においては、退行変性による変形性関節症、脊椎疾患などが増加の一途を辿っています。スポーツ熱の高揚に伴い各種スポーツ人口が増えてきていることから、老若男女を問わずスポーツ外傷・障害が増加傾向にあります。また労働災害、交通事故などで、運動器の外傷が発生します。整形外科では、手術、疼痛コントロールなどの保存療法、リハビリテーションなどを行って、障害のある運動器の機能回復を行います。人工関節置換術などの関節手術、脊椎手術は、最小限の侵襲で最大の治療効果が期待できるように治療を工夫し、できるだけ合併症の発生を防ぎ、早期に社会復帰できるようにしています。また、交通事故、労災事故、スポーツなどによる運動器の外傷においても、より早期に社会復帰、スポーツ復帰が可能となるように、適切な手術・治療を行っております。

股関節外科、膝関節外科、人工関節置換術を含むリウマチ外科、脊椎外科、手外科(マイクロサージャリー)、スポーツ整形など整形外科のあらゆる疾患・外傷に対して対応できる体制を取っております。当病院は3次救急に対応しておりますので、多発外傷、脊椎損傷、切断肢、重症感染症などの症例も多く、初期・後期の研修病院としても最適であると思われます。2015年4月から山本医師、藤田医師が赴任して、手の外科担当医が充実しました。手の外科疾患に加えて、肩関節疾患、肘関節疾患も担当いたします。また各関節疾患に対する関節鏡手術も行っております。