臨床研究

歯科口腔外科に受診中の患者さんへ 臨床研究の実施に関するお知らせ

現在歯科口腔外科では、下記の臨床研究を実施しております。
この研究では、患者さんの日常診療で得られたデータ(情報)を利用させていただきます。
ご自身のデータがこの研究に利用されることについて、異議がある場合は、情報の利用や他の研究機関への提供をいつでも停止することができます。研究の計画や内容などについて詳しくお知りになりたい方、ご自身のデータがこの研究で利用されることについて異議のある方、その他ご質問がある方は、以下の「問い合わせ先」へご連絡ください。

研究課題名「下顎骨形成術における吸収性骨接合材料の術後安定性―プレート・スクリュー固定と骨間貫通スクリュー固定の比較研究」

研究の目的 顎変形症の患者さんを対象に、通常の診療で得られたデータを収集・解析することにより、下顎骨形成手術の吸収性骨接合材料の効果および安全性を評価し、より良い治療法を確立することを目的としています。
対象となる患者さん 2020年5月1日から2020年12月31日の間、当科を受診され、下顎骨形成術(吸収性プレート・スクリュー骨固定法)を受けられた患者さん。
研究期間 当院の研究倫理審査委員会承認日から2022年3月31日
使用させていただく診療データ
  • 年齢、性別、BMI
  • 診断名
  • 骨接合法(プレート・スクリュー固定・スクリュー固定単独)
  • 術後合併症(感染・プレート等破折・咬合不全)と再手術の有無
  • CT 画像
個人情報の取り扱いと倫理的事項 研究データは、患者さんを直接特定できる情報(お名前やカルテ番号など)を削除し匿名化しますので、当院のスタッフ以外が当院の患者さんを特定することはできません。
この研究成果は学会や学術雑誌などで発表することがありますが、その場合でも上記のとおり匿名化していますので、患者さんのプライバシーは守られます。
なお、この研究は、国の定めた指針に従い、当院の研究倫理審査委員会の審査・承認を得て実施しています。
研究責任者および問い合わせ先 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
竹信 俊彦
住所:神戸市中央区港島南町2-1-1
電話:078-302-4321

研究課題名「薬剤関連顎骨壊死に対する後ろ向き観察研究」

研究の目的 薬剤関連顎骨壊死の患者さんを対象に、通常の診療で得られたデータを収集・解析することにより、発症や重症度に寄与するリスク因子を評価し、よりリスクの高い人への介入を確立することを目的としています。
対象となる患者さん 2014年4月1日から2020年3月31日の間、当科を受診され、薬剤関連顎骨壊死の診断を受けられた患者さん。
研究期間 当院の研究倫理審査委員会承認日から2022年3月31日
使用させていただく診療データ
  • 初診時年齢、性別、身長、体重
  • 原疾患、既往歴
  • 処方薬剤(投与量、投与期間など)
  • 臨床検査値
  • CT等の画像  等
個人情報の取り扱いと倫理的事項 研究データは、患者さんを直接特定できる情報(お名前やカルテ番号など)を削除し匿名化しますので、当院のスタッフ以外が当院の患者さんを特定することはできません。
この研究成果は学会や学術雑誌などで発表することがありますが、その場合でも上記のとおり匿名化していますので、患者さんのプライバシーは守られます。
なお、この研究は、国の定めた指針に従い、当院の研究倫理審査委員会の審査・承認を得て実施しています。
研究責任者(情報管理責任者)および問い合わせ先(当院の連絡窓口) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
竹信 俊彦
住所:神戸市中央区港島南町2-1-1
電話:078-302-4321
研究事務局(本研究全般の窓口) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
梨 正典
住所:神戸市中央区港島南町2-1-1
電話:078-302-4321

研究課題名「下顎骨関節突起骨折に対する HIGH SUBMANDIBULAR TRANS MASSETERIC APPROACHの有用性と周術期の注意点について」

研究の目的 下顎骨関節突起骨折と診断された患者さんを対象に、通常の診療で得られたデータを収集・解析することにより、HIGH SUBMANDIBULAR TRANS MASSETERIC APPROACHの効果および安全性を評価し、より良い治療法を確立することを目的としています。
対象となる患者さん 2018年1月1日から2020年12月31日の間、当科を受診され、下顎骨関節突起骨折と診断され、HIGH SUBMANDIBULAR TRANS MASSETERIC APPROACHを受けられた20歳以上の患者さん。
研究期間 当院の研究倫理審査委員会承認日から2023年3月31日
使用させていただく診療データ
  • 初診時年齢、性別
  • 受傷日、受傷機転
  • 歯科口腔外科受診日、手術日
  • 下顎骨骨折の部位と様態、手術方法と手術後に生じた有害事象(術後感染、出血、プレート破損、顔面神経麻痺)
  • 術中所見(顔面神経枝の露出や出血、骨接合に使用したプレートシステム)、咬合や開口量の経過
  • 経過観察期間等
個人情報の取り扱いと倫理的事項 研究データは、電子メールやインターネットを通じて、又は郵送やFAX等により共同で研究を実施している他の施設へ提供することもありますが、患者さんを直接特定できる情報(お名前やカルテ番号など)を削除し匿名化しますので、当院のスタッフ以外が当院の患者さんを特定することはできません。
この研究成果は学会や学術雑誌などで発表することがありますが、その場合でも上記のとおり匿名化していますので、患者さんのプライバシーは守られます。
なお、この研究は、国の定めた指針に従い、当院の研究倫理審査委員会の審査・承認を得て実施しています。
研究代表機関(情報管理責任者)・研究事務局(本研究全般の窓口) 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 歯科口腔外科
代表者名:島田泰如
住所:東京都新宿区戸山1-21-1
電話:03-3202-7181
共同研究機関・研究責任者 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 歯科口腔外科 島田泰如
問い合わせ先(当院の連絡窓口) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
研究責任者 山本信祐
住所:神戸市中央区港島南町2丁目1-1
電話:078-302-4321

研究課題名「唾液腺内視鏡手術における唾石摘出術の臨床的検討-Management of sialolithiasis with sialendoscopy alone: evaluation of the size and location of removed stones-」

研究の目的 顎下腺唾石症あるいは耳下腺唾石症の患者さんを対象に、通常の診療で得られたデータを収集・解析することにより、唾液腺内視鏡手術の効果および安全性を評価し、より良い治療法を確立することを目的としています。
対象となる患者さん 平成24年1月1日から平成30年12月31日の間、当科を受診され、唾液腺内視鏡手術を受けられた患者さん。
研究期間 当院の臨床研究審査委員会承認日から 令和1年12月31日
使用させていただく診療データ
  • 年齢、性別、病悩期間、術後通院機関
  • 病名(顎下腺唾石症あるいは耳下腺唾石症),部位(左右,両側)
  • 唾石の大きさ,個数
  • CT等の画像
個人情報の取り扱いと倫理的事項 研究データから、患者さんを直接特定できる情報(お名前やカルテ番号など)を削除し匿名化しますので、当院のスタッフ以外が当院の患者さんを特定することはできません。
この研究成果は学会や学術雑誌などで発表することがありますが、その場合でも上記のとおり匿名化していますので、患者さんのプライバシーは守られます。
なお、この研究は、国の定めた指針に従い、当院の臨床研究審査委員会の審査・承認を得て実施しています。
研究代表機関(情報管理責任者) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
代表者名 竹信俊彦
住所:神戸市中央区港島南町2-1-1
電話:078-302-4321
研究事務局(本研究全般の窓口) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
代表者名 前田圭吾
住所:神戸市中央区港島南町2-1-1
電話:078-302-4321
問い合わせ先(当院の連絡窓口) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
研究責任者 竹信俊彦
住所:神戸市中央区港島南町2丁目1-1
電話:078-302-4321

研究課題名「外科矯正治療に関する実態調査」

研究の目的 顎変形症の患者さんを対象に、通常の診療で得られたデータを収集・解析することにより、手術の効果および安全性を評価し、より良い治療法を確立することを目的としています。
対象となる患者さん 2017年4月1日から2018年3月31日の間、当科を受診され、外科的矯正治療を受けられた患者さん。
研究期間 当院の臨床研究審査委員会承認日から 2020年3月31日
使用させていただく診療データ
  • 年齢、性別、手術年度
  • 診断名、病型、
  • 術式、手術時間、出血量、入院期間、顎間固定期間、使用器材、
  • 合併症、偶発症
  • CT、MR等の画像
個人情報の取り扱いと倫理的事項 研究データは、電子メールやインターネットを通じて、又は郵送やFAX等により共同で研究を実施している他の施設へ提供することもありますが、患者さんを直接特定できる情報(お名前やカルテ番号など)を削除し匿名化しますので、当院のスタッフ以外が当院の患者さんを特定することはできません。
この研究成果は学会や学術雑誌などで発表することがありますが、その場合でも上記のとおり匿名化していますので、患者さんのプライバシーは守られます。
なお、この研究は、国の定めた指針に従い、当院の臨床研究審査委員会の審査・承認を得て実施しています。
研究代表機関(情報管理責任者) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
代表者名 竹信俊彦
住所:神戸市中央区港島南町2-1-1
電話:078-302-4321
研究事務局(本研究全般の窓口) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
代表者名 山本信祐
住所:神戸市中央区港島南町2-1-1
電話:078-302-4321
問い合わせ先(当院の連絡窓口) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科
研究責任者 竹信俊彦
住所:神戸市中央区港島南町2丁目1-1
電話:078-302-4321

「唾液腺内視鏡支援下唾石摘出術の臨床応用に関する研究」平成22年1月19日

当院は、歯科口腔外科で顎下腺唾石又は耳下腺唾石治療法「内視鏡支援下唾石摘出術」の患者さんを対象にした「内視鏡支援下唾石摘出術の臨床応用に関する研究(唾石内視鏡研究)」を行います。

唾液腺内視鏡支援下唾石摘出術は唾液腺専用内視鏡を使った治療で、顎下腺あるいは耳下腺摘出を回避して最小限の口腔内切開を利用した唾石摘出法にて治療を行っています。しかしどの程度の大きさや個数の唾石で、且つどの程度の深さまで摘出可能なのか、まだはっきり分かっていません。そこで、平成22年1月20日から当科でこれまでに唾石内視鏡治療を行った患者さんのデータをカルテから集めて解析を行うことを目的とした研究が始まります。神戸市立医療センター中央市民病院歯科口腔外科は、この臨床研究を、平成18年3月10日から平成21年12月31日までの間に唾液腺内視鏡支援下唾石摘出術を受けた患者さんのデータを用いて報告する予定です。

この研究は、通常の日常診療で得られる検査ならびに手術結果を集めるだけですので、特別な治療や検査が行われることはありませんので、患者さんに何らかの利益または不利益が生じることはありません。また、患者さんの住所・氏名など個人が同定されるような情報は当院の診療担当者以外の第三者に知られることはありません。

もし、この研究にご自身の検査結果などが利用されることに対して異議がありましたら、担当医にその旨をお伝え下さい。また、この臨床研究の内容をもっと詳しく知りたい場合には、担当医師もしくは、当院における研究責任医師にお申し出ください。

当院における連絡先 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科部長  竹信 俊彦
〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-6
TEL:078-302-4321, FAX:078-302-2487
研究事務局(本研究全般に関する問い合わせ先) 神戸市立医療センター中央市民病院 歯科口腔外科部長  竹信 俊彦
〒650-0046 神戸市中央区港島中町4-6
TEL:078-302-4321, FAX:078-302-2487