皮膚科

皮膚科部長 長野 徹

神戸市立医療センター中央市民病院
皮膚科部長
長野 徹

当院皮膚科は皮膚疾患全般にわたり幅広く高度医療、up-to-dateな診療を心がけています。

現在皮膚科は5名のスタッフを擁し24時間365日皮膚科領域の救急疾患に対応しつつ、日々の診療を続けております。当院は31診療科を有する県下最大級の病院であり、様々な合併症を持たれた皮膚疾患の患者様を安心してご紹介をいただけるのも、当科の大きな特色と考えています。

通常の皮膚疾患に対応するのはもちろんですが、一般病院、開業医の諸先生方が治療に難渋する重症例、非典型例にも積極的に対応し、重症例に対しては入院加療をお勧めしています。

皮膚科がカバーする疾患は多岐にわたりますが、次のような疾患を数多く受け入れています。

腫瘍

悪性黒色腫をはじめ有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病など皮膚悪性腫瘍に対し手術、化学療法、放射線療法を組み合わせベストな治療を提供しております。 特に予後の悪い疾患として有名な悪性黒色腫の治療の風景は免疫チェックポイント阻害薬の登場により一変したといっても過言ではありません。悪性黒色腫に対し免疫チェックポイント阻害薬を使用できるのは日本皮膚科学会認定の皮膚悪性腫瘍指導専門医もしくは日本臨床腫瘍学会認定のがん薬物療法専門医の在籍施設のみであり、皮膚悪性腫瘍指導専門医が在籍するのは当院を含め兵庫県下では4施設しかありません。

感染症

蜂窩織炎、壊死性筋膜炎などの重症細菌感染症、汎発性帯状疱疹など重症ウィルス性感染症などでは 積極的に入院していただき感染症科と連携し無駄のない薬剤選択を行っています。

炎症性疾患

尋常性乾癬は治らない皮膚科の疾患として有名でしたが、各種生物学的製剤(現在6種類が上梓されています)の導入により、難治例を見ることが極めて少なくなりました。高額の医療費がかかる点が難点ですが、乾癬に悩まされてきた患者QOLのアップに寄与すること大であり、乾癬に対する【攻めの治療】として有用であることは言を待ちません。

アレルギー性疾患

重症薬疹、重症アトピー性皮膚炎に対しても様々な治療のオプションがあり、患者様と相談しつつ入院のうえ加療しております。また薬疹や食物アレルギー、蕁麻疹などに対し負荷試験も含め原因の追究に取り組んでいます。

潰瘍性疾患

末梢動脈疾患(PAD)についても循環器内科、形成外科、心臓血管外科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科とタイアップしフットケアチームとして対応しております。下腿潰瘍や褥瘡に関しても入院可能ですのでご相談ください。

自己免疫疾患

膠原病、水疱症、血管炎など難治性自己免疫疾患は入院、安静のうえステロイドの大量・長期投与、必要に応じ免疫抑制剤の併用や免疫グロブリン投与などが前提となります。総合内科、膠原病内科とタイアップし治療にとり組んでいます。重症円形脱毛症に対するステロイドパルス療法も必要応じて施行しております。

上記の疾患以外にも尋常性乾癬、尋常性白斑、難治性痒疹、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎に対しては全身型ナローバンドUVBによる加療を行っております。治療が必要な場合遠慮なくご相談ください。