麻酔科

麻酔科部長 山崎和夫

神戸市立医療センター中央市民病院
麻酔科部長
山崎 和夫

当科は各診療科、看護部、コメディカルスタッフと協力し、手術麻酔および集中治療を中心とした安全な周術期医療を提供します。

麻酔科医の使命は手術を中心とした周術期の患者さんの生命、安全を守ることにあります。全身麻酔の手術中は患者さんに眠って頂き、痛みを感じさせない状態にするのはもちろんですが、さらに手術や麻酔そのものによって体にかかるストレスを乗り切る手助けをして安全に手術を終えていただくことこそが麻酔科医の目標です。このために麻酔科医は、手術前の全身状態や手術の種類に合わせて最適な麻酔計画を立て、手術中はいろいろな機器や薬剤の助けも借りながら、手術を終えて麻酔の影響から回復するまで適切な管理を行います。特に当院は大手術や重症度の高い患者さんの手術が多く、さらに救急救命センターを併設することから緊急手術も非常に多いのが特徴です。当院麻酔科では重傷者管理、緊急の全身管理に習熟した麻酔科スタッフ一同が年間6,000例以上の手術麻酔に対応しています。

また当院では総合集中治療部(GICU)での診療も麻酔科が中心となって行っています。心臓血管外科手術や癌に対する拡大根治術など体に影響が大きい手術を受けられる場合、GICUにおいて集中治療に習熟した麻酔科医が術中術後を通して一貫した方針に基づくきめ細かな全身管理を行います。さらに全身管理、集中治療が必要な内科疾患やその他の疾患においても、GICU入室時は麻酔科医が中心となり、各科担当医と協力して治療を行っています。現在は麻酔専門の医師のみならず、救急医や内科医もGICUに専従しており、より多角的な管理ができるようになっています。

全身管理に習熟したエキスパートが患者さんの安全を守ります。

手術麻酔

〈手術麻酔〉

4階中央手術室(全19室)において、重傷者管理、緊急の全身管理に習熟した麻酔科スタッフが24時間体制で年間6,000例以上の手術麻酔に対応しています。また血管造影室や放射線治療室など、手術室外での全身麻酔にも対応します。

集中治療部(G-ICU

〈集中治療部(G-ICU)〉

4階集中治療室(G-ICU:8床)を中心に、集中治療に習熟した麻酔科医師を中心として、看護師、臨床工学技士、薬剤師、リハビリテーションスタッフ等、チーム一丸となって重症患者さんの治療に当たっています。