NICUについて

NICUとは

NICUとは、Neonatal Intensive Care Unit(ネオネイタル インテンシブ ケア ユニット)のイニシャルからの略語で、新生児集中治療室を意味します。当院NICUは兵庫県周産期医療ネットワークの一員として、主に神戸市医療圏産科施設からの母体・新生児搬送に対応しています。それに加え、救命救急センター併設総合病院の使命として、産科未管理母体、自宅分娩などの周産期救急から出生する病的新生児の診療にも当たっています。

出生時の適応障害から呼吸循環不全に陥った新生児、切迫早産や早期破水などにより予定日より早く生まれることを余儀なくされた新生児や先天的な異常を持って生まれた新生児を収容し、24時間体制で医師、看護スタッフが新生児の治療・看護を行っています。

新生児の脈拍数、呼吸数、血液中の酸素量、炭酸ガス量、血圧を正確に監視し、状態をきめ細かく観察します。通常の診察やレントゲン写真に加え、超音波検査(心臓・頭部・腹部エコー)が頻繁に行われ、正確な診断に努めます。成人の集中治療室(ICU)と同様に呼吸循環管理や、脳のダメージを予防する脳低温療法などが行われます。新生児に特化した人工呼吸器(高頻度振動換気モード)、未熟な肺を広げる人工サーファクタント療法、固く収縮した肺血管を拡張させる一酸化窒素(NO)ガス療法、心不全の原因となる“動脈管”を内科的に閉鎖し手術を回避するインドメタシン療法などは、NICU独自のユニークな治療方法です。こうした管理に有用な中心静脈カテーテルも髪の毛ほどのサイズのものが用いられます。

NICUで重要なことは、治療を受ける児が発育途上にあることで、その成長発達をサポートするデベロップメンタルケアが行われます。これは、児の反応に合わせて周囲の環境や処置の方法を工夫しながら行うケアで、光や音からの保護、児の姿勢など、お母さんのお腹の中に近い環境を提供します。

また、愛着形成、親子関係の確立を支援するため、早期よりの両親の児へのタッチングをお勧めしており、これは児にとっても情緒が安定し眠りが深くなり、発達を促すなどの効果が得られると考えられています。さらに、児の状態が落ち着き、呼吸循環が安定した時期からカンガルーケアが行われます。これは、児と母(父)親の肌が直接触れ合うように、胸の間に児を包み込むように抱くことで、その姿がカンガルーを連想させることからそう呼ばれています。カンガルーケアにより、赤ちゃんは呼吸が安定し眠りが深くなり、体重増加にもつながるとされています。また、母親は母乳の分泌が促されます。一緒にいることで赤ちゃんの反応や個性の理解が深まり、愛着形成がすすむと言われています。

すくすく育つ赤ちゃんの笑顔がスタッフのモチベーションを支えてくれています。