リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科部長 幸原伸夫

神戸市立医療センター中央市民病院
リハビリテーション科部長
幸原 伸夫

わたしたちは、みなさまの健康の危機を回避するべく尽力します。

当院リハビリテーション科は、急性期リハビリとして365日合併症を防ぎ、早期離床を目指して医学的リハを実施しております。日常生活を少しでも快適にしていただくために、理学療法、作業療法、言語聴覚療法等を用いた治療を適切な計画のもとにおこなっています。リハビリテーション科では神経内科・脳外科・整形外科・呼吸器内科・循環器内科をはじめ、集中治療部・救急部などで、カンファレンス・回診を行ない患者様のADLが少しでも向上できるように努力しています。最近はがん疾患に対しても、積極的に介入を行っております。今後は、より質の高い急性期リハ医療を適切・的確・適時におこなえる世界水準のリハ科を目指します。具体的には、急性期先進医療機関病院のリハ科として、日常生活活動の早期獲得・早期退院を目的に集中治療センターにおける専門リハスタッフの技能をより強化し、病棟でのリハプログラムを充実してより効果的に行えることを目指しています。

 

リハビリテーション技術部

リハビリテーション技術部技師長代行 岩田健太郎

神戸市立医療センター中央市民病院
リハビリテーション技術部
技師長代行

岩田 健太郎

患者さんの機能回復と社会復帰をサポートするための安全で質の高いリハビリテーションについて

当院は救急病院であり、病気になって間もない患者さんや救急車で運ばれた重症な患者さんが数多く入院されています。そのような患者さんになるべく早くからリハビリを行った方が、機能回復が早くなることがわかってきており、主治医が必要と判断すれば、入院されてからすぐにでもリハビリが開始となります。入院直後の重症な患者さんほど寝たきりになる可能性が高く、そのような患者さんほど手厚いリハビリが必要で、365日必要に応じたリハビリを受けられる体制になっています。

リハビリテーション技術部の基本理念は以下の4つとなっています。

  1. 医師の指示の基に、早期よりリハビリテーションを実施します。
  2. 多職種と連携し、安全で質の高いリハビリテーションを提供します。
  3. リハビリテーション知識・技術の向上を目指し、学会・研修会に積極的に参加します。
  4. 地域の医療・保健機関や介護保険施設・事務所との連携を進めます。

当院での治療を終え、病状は落ち着いているけれど、もう少しリハビリが必要な場合は、転院していただくケースがあります。当院ではそのような場合、患者さんが次の病院で安心してスムーズにリハビリを受けられるように、地域医療連携センターと協力し、周辺の病院のリハビリテーションスタッフと連携をとりあっています。

対象疾患

脳血管疾患、整形外科疾患、呼吸器疾患、心大血管疾患、がん疾患などリハビリを必要とするすべての疾患に対してリハビリテーションを行っています。

部門紹介

理学療法部門では、急性期の脳血管障害、神経筋疾患など多くの疾患を取り扱っています。また、脊髄損傷や多発外傷や人工股関節・膝関節の後療法を多く行っています。循環器、呼吸器系疾患に対しても積極的にアプローチし、心臓リハビリテーションも行っています。2012年からはがん患者さんに対するリハビリテーションも開始しています。

作業療法部門は、急性期疾患に対して日常生活動作訓練、上肢機能訓練、高次脳機能訓練などを行っています。少しでも自分の力で日常生活動作が行えるよう、様々な作業活動を用いて治療を行います。2013年からは嚥下回診にも参加しています。 言語聴覚療法部門は、失語症や構音障害などのコミュニケーションの障害ならびに高次脳機能障害に対する評価・治療を行います。院内嚥下チームの一員として摂食・嚥下障害の評価、訓練に取り組んでいます。

リハビリテーション技術部 部門紹介
リハビリテーション技術部 部門紹介
リハビリテーション技術部 部門紹介
リハビリテーション技術部 部門紹介

特徴

当院は救急病院であり、病気になって間もない患者さんや救急車で運ばれた重症な患者さんが数多く入院されています。そのような患者さんになるべく早くからリハビリを行った方が、機能回復が早くなることがわかってきており、主治医が必要と判断すれば、入院されてからすぐにでもリハビリが開始となります。入院直後の重症な患者さんほど寝たきりになる可能性が高く、そのような患者さんほど手厚いリハビリが必要で、365日必要に応じたリハビリを受けられる体制になっています。 当院での治療を終え、病状は落ち着いているけれど、もう少しリハビリが必要な場合は、転院していただくケースがあります。当院ではそのような場合、患者さんが次の病院で安心してスムーズにリハビリを受けられるように、地域医療連携センターと協力し、周辺の病院のリハビリテーションスタッフと連携をとりあっています。

設備

理学療法部門

  • マットプラットホーム
  • トリートメントテーブル
  • 起立訓練傾斜ベット
  • 平行棒
  • エアロバイク
  • 渦流浴
  • トレッドミル
  • 心肺負荷テスト(CPX)装置
  • その他各種運動療法機器

理学療法部門

作業療法部門

  • ペグボード
  • サンディング
  • スタンディングテーブル
  • スプリント作成用具
  • BIT
  • コース立方体組合せ検査
  • その他各種評価器具

作業療法部門

言語聴覚療法部門

  • 各種言語・心理・認知機能検査・用具
  • 音声録音再生装置
  • その他各種評価・治療材料

言語聴覚療法部門