放射線診断科

放射線診断科部長 伊藤 亨

神戸市立医療センター中央市民病院
放射線診断科部長
伊藤 亨

当科では、CT、MRI、PET-CT、核医学などの各種画像診断業務と、血管造影手技やCT/USを利用した低侵襲治療・生検などのIVR業務を担当しています。

CTでは320列MDCT1台、64列MDCT4台(救急の1台、ICUの1台を含む)、MRIは3台(1.5Tが2台、3Tが1台)が稼働しており、これらからの画像を読影し診断しています。院内のみならず院外の医療機関からの検査依頼にも迅速に対応しています。

核医学部門には、PET-CT1台、SPECT-CT2台が設置されており、腫瘍、脳血管障害、心疾患、炎症などの診断に用いられています。心臓核医学の診断は循環器内科が担当しています。核医学治療としては、内分泌内科と協力してI-131による甲状腺分化癌、バセドウ病の治療を行っています。また各種の内用療法も施行しています。

バリウムなどを使用する胃や大腸の消化管造影検査も放射線診断医の業務の一つです。

血管造影・IVRに関しては脳・心臓以外の分野を担当し、上腹部においては消化器内科とも連携しながら救急も含めて、塞栓術、動注療法などを施行しています。血管造影装置の一つには上記のCTとは別に、DSAと連動したIVR-CTとしてMDCTを備え、適切な診断・IVRに駆使しています。