救命救急センター・救急部

救急科部長 有吉孝一

神戸市立医療センター中央市民病院
救急科部長
有吉 孝一

わたしたちは、みなさまの健康の危機を回避するべく尽力します。

当院は、1966年の救急告示病院として救急診療を開始し、1973年からは24時間365日の患者受入れを開始しました。また、1976年、当時の厚生省が3層構造からなる救急医療体制整備を進めるにあたって全国で指定した最初の4つの救命救急センターの内の一つです。

その後、全国では、約270の施設が順次救命救急センター指定を受け、現在に至っていますが、その中でも、当院は、厚生労働省の「全国救命救急センター評価」で、例年高い評価を得ています。

わたしたちの救急診療体制を支えてきたのは、受け入れ患者の選別は行わない、という理念です。当院は救命救急センターですが、わたしたちは三次救急に限定せず、一および二次救急、プレホスピタル・ケア (病院前救護)や災害医療まで、地域のみなさまが曝される健康の危機を、さまざまな場面で回避できるよう、お役に立つことを目指しています。さらに、医療の質を担保し、高度先進医療を追求し、急性期医療に関する研修教育の門戸を開放することも大切にしています。

上記の理念は、救急科が病院の一診療科として単独で実現できるものではありません。医療機関として多くの資源を投入してはじめて可能になるもので、イメージとしては、テレビドラマ『ER』に近いものです。救命救急センターは、さまざまな診療科や職種の人々の協力で成り立っています。救急科は、その核となり、救急初療からアドバンスドトリアージ、専門診療との調整、そしてクリティカル・ケア (集中治療)を担います。さらに、神戸市消防局や兵庫県と連携し、ドクターカーやヘリコプターを用いて医療スタッフを災害現場 (例:多数傷病者が発生した交通事故現場)に投入し、プレホスピタル・ケア (病院前救護)を担います。また、神戸市消防局や地域の医療機関とともに、メディカルコントロール (救急救命士が担う病院前救護の質を管理すること)を担います。

このように、わたしたちは、さまざまな診療科や多職種と協力し、common disease (日常の病気)から重篤な疾病まで、プライマリ・ケアから高度救命医療まで、さらに、病院前救護や災害医療まで、みなさまの健康の危機に関する幅広い課題に取り組みます。

わたしたちは、さまざまな診療科や職種の人々の協力しながら、
救命救急センターの核として、みなさまの健康の危機を回避するべく尽力します。

ER(Emergency Room:救急初療)

〈ER(Emergency Room:救急初療)〉

健康が危機に曝されていると感じられ、救急車を要請されたり、直接来院されたりして、当院を受診される方が診療を受ける場所です。受診の際は、まず、トリアージ(緊急度判定)を受けます。診療は、こども、妊娠中の方、耳や眼の症状を感じて受診される方を含め、救急科の医師が担当します。病状に応じて、緊急入院したり、さまざまな診療科の医師の診察を受けたり、かかりつけ医での診療継続を含めた今後の予定を立てたりします。

EICU(Emergency Intensive Care Unit:救急集中治療室)

〈EICU(Emergency Intensive Care Unit:救急集中治療室)〉

健康の危機を感じてERを受診され、敗血症性ショック、くも膜下出血、重症呼吸不全や多発外傷など、特に重篤な生命の危機に直面し、生存のために、人工呼吸器、循環作動薬や緊急血液透析などを用いた全身管理が必要な方は、EICUに緊急入院し、クリティカル・ケア(集中治療)を受けます。EICUでは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士や臨床工学技士などが関わる多職種の診療チームが治療に携わります。医師も入院中の診療を担当する科(主科)の医師と救急医が協力して、治療にあたります。