呼吸器内科

呼吸器内科部長 富井啓介

神戸市立医療センター中央市民病院
呼吸器内科部長
富井 啓介

地域医療支援病院の使命のもと、あらゆる呼吸器疾患の急性期とくに重症難治例・希少疾患等に対して24時間365日対応し、病診病病連携を通じて地域全体の医療に貢献することをモットーとしています。

地域医療支援病院の使命のもと、あらゆる呼吸器疾患の急性期とくに重症難治例・希少疾患等に対して24時間365日対応し、病診病病連携を通じて地域全体の医療に貢献することをモットーとしています。また急性期から慢性期、在宅医療への切れ目ない診療体制構築のため、呼吸器専門医不足の中神戸平成病院へ当科スタッフを常時派遣し、当院から転院した呼吸器軽症例や回復期患者の入院診療についても責任をもって対応しております。診療内容はエビデンスに基づく最新の診断治療を展開することを基本としつつ、常に問題意識を忘れずそれらを解決すべく治験、臨床試験にも多く参画し、学会発表、論文執筆などを通じて常に若い医師たちが高いモチベーションを維持できる場となるよう努力しています。市民の皆様から呼吸器疾患でもっとも頼りになる病院としてご評価頂けるよう、呼吸器外科との連携を密に保ちながら、安全かつ先進的な医療を今後も継続してまいります。

肺癌など腫瘍性疾患

当院呼吸器外科、放射線治療科、緩和ケア内科さらには周辺施設と連携し、術前化学放射線療法に引き続く手術、術後アジュバント化学療法、3次元定位放射線治療、腔内照射、分子標的薬や新規抗癌剤を駆使した最新の化学療法など、あらゆる治療の可能性を探りながら症状緩和や生活の質の維持など患者さんのニーズに応え、見捨てることのない最善の癌治療を展開しています。とくに新規抗癌剤、分子標的薬、免疫療法などの治験、臨床試験を多数行っております。

間質性肺炎をはじめとするびまん性肺疾患、希少疾患

診断・治療に難渋するこれらの疾患に対して、必要に応じて気管支鏡や胸腔鏡下肺生検を行い、臨床医、放射線科、病理医の多職種専門医カンファレンスを通じて適正な診断、治療方針決定、ならびに特発性間質性肺炎におけるピルフェニドン、ニンテダニブといった新規薬剤も含めた最新の治療を行っています。またさまざまな薬剤性肺障害や膠原病関連肺疾患まで含めて、呼吸器の枠にとらわれない総合的な見地で他診療科とも連携しながら診療にあたっています。さらに厚生労働省班研究への協力や日本医療研究開発機構の医師主導治験参加などへも参加しています。

肺炎などの感染症、およびARDSなどの急性呼吸不全

新型インフルエンザに代表されるような新規感染症、輸入感染症、さらにはAIDSなどの免疫不全患者感染症に対しても積極的な関わりを持ち、常に地域の核として頼れる存在であり続けるよう努力しています。急性呼吸不全に対しては救急部、集中治療医と連携し、VV-ECMOから挿管人工呼吸、NPPV、ハイフローセラピーまで患者さんの状態に適した最善の呼吸管理を行うことで最高レベルの救命率を目指しています。

気管支喘息

先進的に吸入ステロイド療法を導入し、喘息死減少に大きく貢献してきたことは周知のとおりですが、地域医療連携を進める中とくに重症難治例への介入を重点的に進め、これらの残された患者さんの生活の質改善に貢献しています。難治例に対する生物学的製剤の治験も行っています。

慢性閉塞性疾患(COPD)など慢性呼吸不全

在宅酸素療法や非侵襲的換気療法(NPPV)を要する重症患者の、とくに急性増悪入院をメインに診療していますが、リハビリテーション技術部との連携で入院早期からのリハビリにより入院期間短縮がえられています。また安定期の患者さんのADL,QOL改善を目指した周辺医療機関等との連携によるリハビリテーションプログラムにも取り組んでいます。COPDについては新規薬剤の開発が相次いであり、これらの治験も多数おこなっています。

睡眠呼吸障害

生活習慣病との関連が大きい閉塞型睡眠時無呼吸のみならず、心不全などに起因する中枢型睡眠時無呼吸の診断、治療も他科と連携しながら行っています。