緩和ケア内科

緩和ケア内科専従医師 李 美於

神戸市立医療センター中央市民病院
緩和ケア内科専従医師
李 美於

癌難民を作らないことをモットーにしています。

院内緩和ケアチームから発展し、診療科として平成24年7月から新設されました。

癌性および非癌性の疼痛をはじめとする諸症状に対応します。

入院患者さんに対しては、従来通りに緩和ケアチームにて対応いたします。

外来通院中の患者さんが安心してご自宅で過ごせるよう、症状緩和を図ります。できるだけ入院をせず、ご自宅で過ごすことを目標にしています。通院困難な方には、地域のかかりつけ医、訪問看護ステーションなど、在宅専門医療機関を紹介しています。

癌難民を作らないことをモットーにしています。

 

〈特長〉

専従医師、専従看護師、専従薬剤師が3人体制で外来を毎日行っていますので、すべての科の外来日に対応しています。患者さんをお待たせすること無く、症状緩和し、入院せずとも自宅で安心して過ごせるように配慮しています。麻薬処方の外来での開始は患者さんへの説明が煩雑ですが、看護師と薬剤師が常時同席することによって、患者さんに不安を与えることなく、懇切丁寧に説明しています。骨転移による癌性疼痛には放射線治療など、特殊な治療が必要な場合があり、院内各科との橋渡しも行います。