緩和ケア内科

神戸市立医療センター
中央市民病院

緩和ケア内科部長代行
西本 哲郎

がん治療と併行して早期からの緩和ケアを取り入れ、
患者さん・ご家族のQOL(生活・生命の質)の向上に努めます。

緩和ケア内科は、院内の有志が立ち上げたペインコントロールチームから発展した緩和ケアチームでの活動実績を基盤として、平成24年7月から標榜診療科「緩和ケア内科」として診療にあたっています。当科が設立されたこの平成24年は、厚生労働省はがん対策推進基本計画(第2期)で「がんと診断されたときからの緩和ケアの推進」を重点的に取り組むべき課題として掲げた年であり、当院では、①がん治療と併行して、②入院・外来の区別なく「緩和ケア」を提供できるように体制を整備してきました。

WHO(世界保健機関)は、緩和ケアを「緩和ケアとは,生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族の QOLを,痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題を早期に見出し的確に評価を行い対応することで,苦痛を予防し和らげることを通して向上させるアプローチである.」と定義しています。緩和ケアは「苦痛によって実践できなかったことが、できるようになる」ことを目的の一つとして、治療のどの段階でも受けることのできる医療です。

がん治療と言えば、手術・放射線治療・がん薬物療法を「がん治療の3本柱」とすることが多いですが、当院では緩和ケアを含めた4本の柱で、がん治療を受けている患者さん・ご家族の生活および生命の質の向上に努めていく所存です。

〈特長 ~外来から始まるチーム医療~〉

緩和ケア外来では、緩和ケアチームの専従医師が専従看護師、専任薬剤師と協働して外来診療にあたっています。できる限り外来にて症状緩和を行い、安心して自宅で過ごせるように配慮しています。外来診療の段階で多職種での関わりを持つことで、たとえば医療用麻薬の開始に際しても、少しでも不安を軽減できるように配慮しつつ、痛みを和らげながら安心して治療に臨んでいただけるように対応しています。