神経内科

神経内科部長 幸原伸夫

神戸市立医療センター中央市民病院
神経内科部長
幸原 伸夫

当科では救急から神経難病まで神経に関わるすべての診療で世界のトップレベルを目指しています。

神経内科の名前は以前にくらべ浸透してきたと思いますが、それでもまだまだ精神科や心療内科と混同されておられる方も多いのではないでしょうか。「じゃあ神経内科ってどんな病気をみている科なのかな」と考えての方、皆さんの想像以上に神経内科では多彩な病気をみています。例えば手足のしびれ、頭痛、筋力の低下といった症状から始まって、歩くとふらつく、呂律がまわらない、手がふるえる、単語がでてこない、物忘れ、まぶたが落ちてくる、目の焦点があわない、めまいがする、筋肉がこわばる、こむらがえりが頻発するといった症状は多くは神経系の病気です。うつや自律神経失調症といった心に関わる病気は精神科が担当です。

脳卒中、けいれん、髄膜炎・脳炎といった麻痺や意識障害をきたす病気は緊急入院が必要な神経の病気です。意外かもしれませんが神経内科は院内でも救急入院患者数が最も多い診療科の1つでもあります。さらに外来にはパーキンソン病や小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、筋無力症といったいわゆる神経難病の患者さんが多数通院されています。これら難病の患者さんへの、医療を中心とした数々の支援も私たちの大切な役目で、看護師や地域医療連携センタースタッフ、地域の先生方と協力して行っています。

このように救急対応から慢性疾患のケアまで広い範囲をカバーしなくてはいけないので、神経内科の医師は、呼ばれればすぐ駆けつけるフットワークの軽さと同時に、身体的にも社会的にも複雑な状況を整理してゆく粘り強さが要求されます。医師それぞれの個性はありますが少なくとも診療科全体としては急性疾患から慢性疾患までを万遍なくカバーできるように協力し合っています。

脳外科や救急部などと共に努力してきた脳梗塞急性期の血栓溶解療法や血管内治療も軌道に乗り日本でも有数の脳卒中センターと成りました。また血液疾患と関連するような神経症状の移植による治療、免疫異常による複雑な神経障害の治療にも積極的に取り組んできました。最近話題のパーキンソン病に対するiPS細胞を用いた治療も視野に入ってきました。現在も、これからもこういった新しい分野で、どこよりも高いレベルで患者さんのための正しい診療ができる神経内科であり続けることが私たちの目標です。

少しでも神経症状で困ったことがあったら、神経内科を受診してください。その場合、必ずかかりつけ医に紹介状を書いていただき、地域医療連携センターで予約をとってもらってから受診してください。なお当院ではある程度治療の方向が定まり、安定した患者さんは地域の先生に診ていただくようにしていますので、この点についてもご協力よろしく御願いいたします。

医師による的確な診断と治療、症状改善のためのリハビリスタッフとの協力。

〈神経内科スタッフ〉

救急疾患から慢性疾患まで、正確な診断と適切な治療を第一に、患者さんの生活背景を考慮しながら、スタッフ一丸となって医療に取り組んでいます。スタッフ間では、毎朝のカンファレンスにて診断・治療についてディスカッションを行い、適宜他科との連携も取りながら診療しています。

〈リハビリスタッフ〉

投薬や手術を行った上で、その後の患者さんの生活レベルを決定するのは継続的なリハビリテーションと言っても過言ではありません。多数のリハビリスタッフと密な連携を取り、患者さんの後遺症の軽減・回復に努めています。神経内科スタッフとリハビリスタッフの間で毎週カンファレンスを行い、協力して診療を行っています。