腎臓内科

腎臓内科部長 吉本明弘

神戸市立医療センター中央市民病院
腎臓内科部長
吉本 明弘

当科では泌尿器科、透析・血液浄化センターなど様々な診療部門と協同のもと、日々の診療を行っています。

腎臓内科では、尿検査異常(蛋白尿、血尿)から腎不全まで、腎臓に関わるさまざまな病態と関連する全身疾患を扱っております。腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、血管炎、高血圧(腎硬化症)、膠原病、薬剤関連腎障害などに関わる急性腎不全、慢性腎不全、急速進行性腎障害などが対処疾患です。中でも、心血管合併症の大きな危険因子といわれる慢性腎臓病(CKD)の我が国の患者数は1330万人(20歳以上の成人の8人に1人、神戸市内で約20万人)と推定され、新たな国民病ともいわれています。腎臓の病気は、予防、早期発見、適切な診断、早期治療がもっとも大切です。適切な診断のために、年間約100件の腎生検を必要に応じて積極的に施行して治療に反映しています。また、管理栄養士、薬剤師、検査技師、臨床工学技士、看護師などとチーム医療を展開し、腎臓病教室の開催や腎不全教育入院をすすめております。さらに、腎障害が進行した腎不全患者さんには、血液浄化療法(血液透析、腹膜透析)の導入や腎移植を実施しております。腎疾患以外でも、他科と協力して血漿交換、白血球除去療法、LDLアフェレーシスなどを施行しています。大学病院や腎臓内科関連施設とも協力して高度専門医療・教育活動を展開し、周辺の医療施設と密に病診連携を展開しています。また、かかりつけの先生方とは、患者さんの診断、治療などの情報交換を密にして診療に協力していきたいと思います。さらに、日ごろ市民公開講座や研究会などを開催し、最新の腎臓内科診療の情報提供を心がけています。