臨床研修医

臨床研修医

病院長からの挨拶

病院長の坂田隆造より、当院で臨床研修を希望される皆さまへご挨拶

神戸市立医療センター中央市民病院は、開設以来90年の歴史を通じ、常に市民の多様な医療ニーズに応える努力を続けている。平成21年4月には、患者サービスの向上やより効率的な病院経営をめざすべく、地方独立行政法人としての経営形態に移行した。

平成23年7月には、救急医療を基盤にし、加えてチーム医療による質の高い医療を提供できる“21世紀にふさわしい病院”となるべく、現在地に新築、移転した。さらに、平成28年8月には精神科身体合併症病棟(MPU)の設置、手術室の増室等による診療機能の充実及び外来の混雑緩和等のため増築した。

当院は、総延床面積約89,400m2、ベッド数708床の日本有数の基幹病院としての外観・設備を備え、従来の診療科の枠にとらわれず、あくまで患者中心に各科の医師が協同して診療ができるよう、臓器別、疾患別の総合診療体制を実施している。厚労省の「全国救命救急センター評価」において現在まで3年連続で全国第1位の評価を得ている。(平成26年〜平成28年)

当院では“救急医療の充実” に加えて、“高度医療ができる医療機器の整備・充実”、“医師とコメディカルの教育・臨床研究の充実”を3本の柱とし、現在は勿論、将来においても最も進歩した医療サービスを常に提供できるような体制づくりに努めている。

充実した臨床研修を行うためには、①豊富な症例、②優秀な指導医、③効率的に知識や技能が習得できる研修カリキュラム、が必要不可欠であるが、当院にはこれらのすべてが整っており、各学会の専門医(認定医)の研修病院にも指定されている。日本医療教育プログラム推進機構の「平成28年度基本的臨床能力評価試験」では当院の研修医は全国総合第5位の評価であった。

平成24年4月より、研修医の教育指導体制の更なる充実を目指して臨床研修センター(センター長:西岡総合内科部長)を設置した。研修医は当センターに所属し、2年間、各診療科でローテート研修を受ける。具体的には、救急部及び総合内科の研修で基本的診療能力の修得を図るとともに、集中治療部(ICU)で重症患者の全身管理を学び、さらに各診療科においてもトップクラスの専門教育を受けることができる。

学術支援センターでは、研修医の学会発表や症例報告などの支援に加え、臨床研究の立案、まとめ、論文執筆などの専門家による支援も行っている。 さらに平成28年4月より、全職員を対象に、病院職員の資質向上のための能力開発・スキルアップ支援を目的として人材育成センターを立ち上げ、同年8月には研修棟を増築し、研修ホール、トレーニングラボ、外科系ラボを供用開始した。

当院での研修はハードな毎日となりますが、恵まれた環境の下でレベルの高い臨床研修を望むファイトある皆様の参加を切望します。

病院長 坂田隆造