歯科研修医

歯科研修医

神戸市立医療センター中央市民病院
歯科・歯科口腔外科部長
竹信 俊彦

歯科学生の皆さんへ:歯科部長からのメッセージ

現在、歯学部歯科大学で学ばれている学生の皆さん、将来どのような歯科医師になりたいのかそれぞれの考えを持たれていると思います。当院の歯科は日本でも有数の歴史を持つ病院歯科です。1890年(明治23年)に日本で最初の歯科医学校である高山歯科医学院(現在の東京歯科大学)が設立されました。それから34年後の1924年(大正13年)に当院が市立神戸診療所として病床数25床6診療科で開院しました。歯科は開院当初の6診療科の一つとして開設され、以来九十余年の歴史を誇ります。当院歯科が開設された当時、我が国の歯科医学校は僅か5校に過ぎませんでした(現在の東京歯科大学、日本歯科大学、大阪歯科大学、日本大学、九州歯科大学の5校)。九十余年、歯学部教授を含む幾多の歯科医師を輩出し、病院の機能分化に伴い歯科も歯科診療中心から口腔外科診療中心へと変遷してきました。皆さんが卒業後に受けられる1年間の歯科医師臨床研修制度は平成18年4月に始まりましたが、当院ではそれよりもずっと以前から医科と同じ2年間の卒後臨床研修を行ってきました。今では2年間のうちの最初の1年を歯科医師法で定められた1年間の歯科医師臨床研修として行い、更にもう1年は病院独自の研修プログラムに沿って医科研修を含む研修を行っています。

よく鉄は熱いうちに打てと言われますが、研修医教育においても然りです。研修医として最初に受けた教育は、その後の歯科医師人生のカラーを決めると言っても過言ではありません。これからの時代は高齢化が益々進み、歯科医師が歯のことだけを考えて医療全体から孤立して存在することは出来ません。さまざまな場面で医師や他の医療職種と連携しなければならないのです。そして医師と同じことをするのではなく、歯科医師にしか出来ないことを高い専門性を持って提供する必要があります。当科では主に口腔外科的疾患を扱っていますが、だからと言って「自分は口腔外科専門だから入れ歯は診ません」というのは通用しません。病院の中では私たちだけが歯科医師なのですから、頻度は少なくても補綴や保存も一通りできなくてはならないのです。当院のように医科病院の中で多くの医師たちと共に研修してゆくうちに、次第に自分たちはこの病院の中では誰よりも歯や顎口腔の専門家であるという自信が生まれてくると思います。病院歯科で研修を受けるメリットは数多くあります。症例の多様性に加えて、大学に比べて少数で研修するために症例数的に優位であり、医師と共通の場で教育を受け、歯科病院にはない救命救急の場に入ることができて医師に教わりながら本物の全身管理を勉強することも可能です。

2年間の研修修了後の進路は様々です。大学医局や医歯学部大学院に進む者、他の病院歯科に就職する者、開業歯科医院に就職する者、当院の専攻医として更に3年間の研修を積む者、最近では医学部に編入学する者など様々に自ら進んでいきます。当院の臨床研修の基本理念は、『若手医師に、将来の専門性にかかわらず、その時代の社会的ニーズに見合った良質の初期研修の場を提供する。』と謳っています。医療の一分野としての歯科医療を高い意欲を持って研鑽したい人を研修歯科医として望んでいます。