沿革

沿革

大正13年3月 市立神戸診療所(長田区三番町)及び神楽分院開院
市立神戸診療所
大正13年4月 大日分院開院。(本院病床数:25床 本院診療科数:6)
昭和3年4月 市立神戸診療所、大日分院、神楽分院をそれぞれ市立神戸市民病院、東分院、西分院と改称
昭和16年1月 東西両分院をそれぞれ付属東診療所、付属西診療所と改称
昭和19年3月 東西診療所を廃止
昭和25年12月 市立神戸市民病院を神戸市立中央市民病院と改称
昭和28年10月 生田区加納町に本院を新築移転。従来の病院は長田分院となる。
(本院病床数:50床 本院診療科数:9)
生田区加納町に本院を新築移転。
昭和36年5月 市立医療センタ-設置に伴い、伝染病院を中央市民病院併設隔離病舎に改組。
(一般病床数:475床 伝染病床数:166床
昭和40年11月 救急病院として告示
昭和42年1月 病院管理センター中央市民病院と改称
昭和43年7月 臨床研修指定病院となる
昭和48年4月 老成人病床(48床)転用、ICU・CCU設置
昭和48年7月 診療科数:6
休日・夜間救急体制開始
昭和51年11月 救命救急センターに指定
昭和56年3月 中央区港島中町に本院を新築移転。
(病床数:1000床【一般病床962床・伝染病床38床】診療科数:20)
中央区港島中町に本院を新築移転。
昭和59年4月 中央市民病院と改称
平成2年6月 診療科数:21
平成7年1月 阪神淡路大震災
平成8年1月 エイズ拠点病院に指定
平成8年10月 災害拠点病院に指定
平成9年4月 診療科数:22
地域医療部発足
臨床歯科研修指定病院となる
平成11年4月 病床数:972床【一般病床962床・感染症病床10床】
平成15年4月 病床数:912床【一般病床902床・感染症病床10床】
平成16年1月 (財)日本医療評価機構の病院機能評価取得
平成16年6月 医薬分業実施
平成17年3月 (財)日本医療評価機構の救急病院機能評価取得
平成19年1月 地域がん診療連携拠点病院に指定
平成19年4月 神戸市立医療センター中央市民病院と改称
平成21年4月 地方独立行政法人神戸市民病院機構へ移行
平成21年12月 地域医療支援病院に指定
平成23年7月 中央区港島南町に新築移転
病床数:700床【一般病床690床・伝染病床10床】
診療科数:32
中央区港島南町に新築移転
平成25年4月 総合周産期母子医療センターに指定
平成28年8月 精神科身体合併症病棟増床
病床数:708床【一般病床690床・感染症病床10床・精神病床8床】