ご寄付のお願い

ご寄付のお願い

神戸市立医療センター中央市民病院は、「神戸市の基幹病院として、市民の生命と健康を守るため、患者中心の質の高い医療を安全に提供する」を基本理念とし、救急医療・高度医療を中心に、地域の皆様の健康維持に日々努力しております。

一方、医学の革新も日進月歩で進行しており、新しい医療に対応するためには、常に最新の機器整備等をおこない続ける必要があります。それには相当の資金が必要であり、財源の確保に苦慮しているところです。

当院は、これからも地域の皆様へより良質で高度な医療を提供していきたいと考えています。皆様には寄付という形で当院の運営に共に携わっていただきたいと念じております。金額の多寡にかかわらず御支援を賜りますようお願い申し上げます。

神戸市立医療センター中央市民病院
病院長  木原 康樹

いただいた寄付の用途

いただいた寄付の用途としては、病院環境の整備、患者サービスの向上、最新医療機器の整備、臨床研究などがあり、寄付された方のご意向を反映して使用させていただきます。

寄付の方法

寄付申込書」に必要事項をご記入いただき、下記の宛先へご提出ください(郵送・FAX・持参どれでも可)。寄付金の納付先をご連絡させていただきます。寄付金の受付は「現金」、「銀行振込み」のどちらでも可能です。また、遺贈による寄付も承っております。詳しくは下記問い合わせ先にご連絡ください。寄付担当者が対応いたします。

税制上の優遇措置

当院に寄付いただいた場合は、税制上の優遇措置を受けることができます。

個人の場合
  • 合計所得額の40%または寄付金の額のいずれか少ない額から2,000円を控除した金額が、所得控除の対象になります。(所得税法 第78条第1項)
  • 神戸市民の方は、神戸市個人市民税についても、一定額の寄付金控除が認められます。(神戸市税条例 第23条の2条第1項)
  • 兵庫県に住所を有する方は、兵庫県個人住民税についても、一定額の寄付金控除が認められます。(兵庫県税条例 第18条の3第1項)
    ※平成30年1月1日以降の寄付金から対象
法人の場合
  • 損金算入限度額と寄付金の額のいずれか少ない金額が損金に算入され、法人税が軽減されます。(法人税法第37条第4項)

※詳しくはお近くの税務署にお問合せください。

お問い合せ

神戸市立医療センター中央市民病院 事務局経営企画課
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2丁目1番地の1
電話:078-302-4321(代表) FAX 078-302-7537
E-mail:kifu@kcho.jp