臨床評価指数

臨床評価指数

入院(平成29年度)

項目数値備考
稼働病床数 768床 (一般 750床、感染 10床、精神科身体合併 8床)
延入院患者数 242,323人 (一般のみ)
1日平均入院患者数 664人
新入院患者数 23,288人
退院患者数 23,202人
病床利用率 92.9%
平均在院日数 10.4

外来(平成29年度)

項目数値備考
延外来患者数 486,692人  
新外来患者数 88,352人  
1日平均外来患者数 1,995人  
紹介率 64.8% 地域医療支援病院紹介率
逆紹介率 123.2% 地域医療支援病院逆紹介率

手術(平成29年度)

項目数値備考
手術件数 12,500件 手術室での実施件数
全身麻酔件数 6,839件  

救急医療(平成29年度)

項目数値備考
救急外来患者数 35,244人  
(うち入院) 8,130件  
救急車受入 10,532人  
(うち入院) 4,860件  

剖検率(平成29年1月1日〜平成29年12月31日)

項目数値備考
死亡退院数 660人  
粗死亡率 2.8%  
剖検数 37人  
剖検率 5.6%  

その他(平成29年度)

項目数値備考
医療事故公表件数 2件 公表基準による発生年度別件数
セカンドオピニオン件数 184件  
クリニカルパス種類数 444種類  
クリニカルパス適用率 62.4%  
退院サマリー完成率 97.8%  
患者対看護職員数 7対1  
認定看護師数 31人 がん化学療法4人、がん性疼痛1人、感染管理2人、救急3人、手術2人、重症集中ケア3人、不妊症1人、WOC(創傷・オストミー・失禁)4人、新生児集中ケア1人、摂食・嚥下障害1人、乳がん2人、認知症1人、脳卒中リハビリテーション1人、慢性心不全2人、がん放射線療法2人、慢性呼吸器疾患1人
認定看護管理者数 1人  
専門看護師数 12人 急性・重症3人、慢性疾患1人、がん4人、感染症1人、老人1人、小児1人、母性看護1人
患者満足度(入院) 98.9%(満足、やや満足) 患者満足度調査による(平成29年6月実施)
患者満足度(外来) 97.7% 患者満足度調査による(平成29年6月実施)

退院患者統計(平成29年1月1日~平成29年12月31日)

項目内容(PDFファイル)
診療科別 平均在院日数 PDFで見る(274KB)
診療科別・在院期間別・性別 退院患者数 PDFで見る(133KB)
疾病別(大分類)・性別 退院患者数 PDFで見る(269KB)
救急入院月別 退院患者数 PDFで見る(109KB)
分娩形態別件数 PDFで見る(289KB)
出生時間別件数

院内がん登録統計(平成28年1月1日〜平成28年12月31日)»PDFで見る

 

診療科別統計(平成29年1月1日〜平成29年12月31日)

診療科名内容(PDFファイル)
循環器内科 PDFで見る(116KB)
糖尿病・内分泌内科 PDFで見る(82KB)
腎臓内科 PDFで見る(102KB)
脳神経内科 PDFで見る(289KB)
消化器内科 PDFで見る(92KB)
呼吸器内科 PDFで見る(252KB)
血液内科 PDFで見る(150KB)
腫瘍内科 PDFで見る(58KB)
緩和ケア内科 PDFで見る(167KB)
総合内科 PDFで見る(124KB)
精神・神経科 PDFで見る(70KB)
小児科・新生児科 PDFで見る(103KB)
外科 PDFで見る(64KB)
乳腺外科 PDFで見る(123KB)
心臓血管外科 PDFで見る(79KB)
呼吸器外科 PDFで見る(100KB)
脳神経外科 PDFで見る(137KB)
脳卒中センター PDFで見る(100KB)
整形外科 PDFで見る(96KB)
皮膚科 PDFで見る(97KB)
形成外科 PDFで見る(57KB)
泌尿器科 PDFで見る(93KB)
産婦人科 PDFで見る(121KB)
眼科 PDFで見る(59KB)
耳鼻咽喉科 PDFで見る(61KB)
頭頸部外科 PDFで見る(67KB)
麻酔科 PDFで見る(327KB)
放射線診断科 PDFで見る(54KB)
放射線治療科 PDFで見る(57KB)
歯科口腔外科 PDFで見る(80KB)
救急部 PDFで見る(232KB)

 

 

DPCデータによる病院指標

はじめに

DPC(Diagnosis Procedure Combination:診断群分類)制度とは、平成15年から日本独自で導入された急性期入院医療を対象とした診療報酬の包括評価制度のことです。DPCの対象患者は、医科保険適用患者で、一般病棟に入院した患者を対象としています。そのため、下記の患者は対象外となります。

  1. 自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者
  2. 歯科、産科や一般病棟以外に入室した患者等

当院のDPC対象となる患者は、退院患者全体の約87.7%です(平成29年度)。したがって、DPCデータによる病院指標は、当院の退院患者の指標(診療科実績など)とは数値が異なっています。この指標は、患者数が10人未満のものについては「−(ハイフン)」で示しています。

集計項目

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1.年齢階級別退院患者数

一連の入院から退院までを一入院としてカウントしています。年齢は入院時の年齢で10才刻みの患者数を表しています。

平成29年度 年齢階級別退院患者数

【定義】

  • 当院の退院をもって1カウントとする
年齢 10才未満 10才代 20才代 30才代 40才代 50才代 60才代 70才代 80才代 90才以上
患者数 2,093 592 660 1,044 1,673 2,150 4,095 5,130 3,333 529

平成29年度 年齢階級別退院患者数グラフ

高齢化社会の進行とともに、入院患者も高齢化が進んでいます。複数の基礎疾患を有する高齢者に対しても積極的な治療を心がけています。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

DPCは主要診断群、分類コード、年齢・体重・JCI条件、手術等サブ分類、手術・処置、副病名、重症度などを表す14桁のコードでコーディングしています。厚生労働省はこのDPCコードを使って診療報酬を定めています。診療報酬請求に使用するため、入院中に医療資源を最も投入した傷病名や手術・処置でコードを決めています。したがって、実際に診療した病名とは異なる場合があり、診療科実績と異なる値になります。

各診療科の上位5位までの病名について患者数、平均在院日数、転院率、平均年齢をお示しします。DPCコードの治療時に適用されている主要なクリニカルパス*)については、表の患者用パス名称をクリックするとご覧いただけます。

*クリニカルパスとは、入院中に行われる検査・処置・指導・看護・食事などを入院から退院までの時間順にまとめた表です。各施設の標準的な診療計画で、適用できる患者状態を決めて、質の高い治療を安全に効率的に受けられるようにしています。患者への説明に使うものを患者用パスといいます。

平成29年度 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

【定義】

  • 診断群分類番号(DPC14桁)で集計する
循環器内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
050070XX01X0XX 頻脈性不整脈で経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行うもの 487人 4.27日 5.30日 0.41% 63.61歳  
050050XX02000X 狭心症や慢性虚血性心疾患で経皮的冠動脈形成術等のカテーテル手術を行うもの 271人 3.83日 4.62日 0.37% 70.05歳 PCIパス(2泊3日)
050050XX99100X 狭心症や慢性虚血性心疾患で心臓カテーテル検査を行うもの 244人 2.46日 3.03日 0.00% 71.36歳 CAGパス(1泊2日)
050210XX97000X 徐脈性不整脈でペースメーカー移植術等の手術を行うもの 115人 8.50日 11.21日 6.09% 73.98歳 ペースメーカー・ICD移植術パス
050130XX99000X 心不全で投薬、点滴などの治療を行うもの 94人 14.10日 17.71日 23.40% 81.97歳  

当科の特徴として、DPC対象症例の中では、心房細動を主とする頻脈性不整脈でアブレーション治療を受ける症例と、冠動脈疾患患者に対する検査・治療目的での入院が多くなっています。トップ3には入っていませんが、心不全患者も年々増加傾向にあり、その多くは急性心不全または慢性心不全の急性増悪による緊急入院です。
なお、DPC14桁コードは治療内容を細分化しています。当科の実績については診療科別統計も併せてご覧ください。

糖尿病・内分泌内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
100020XX99X2XX 甲状腺がんで放射性ヨード内用療法治療を行うもの 51人 11.16日 6.51日 0.00% 61.00歳 甲状腺RI治療休薬法パス
100020XX99X5XX 甲状腺がんで化学療法(タイロゲン筋注用)の治療を行うもの 44人 9.50日 8.70日 0.00% 59.07歳 甲状腺RI治療タイロゲン法パス
100070XX99X100 2型糖尿病でインシュリンの導入などの教育入院を行うもの 40人 11.35日 14.27日 0.00% 64.50歳 糖尿病治療パス(インスリン)
100020XX01X0XX 甲状腺がんで甲状腺悪性腫瘍に対する手術を行うもの 30人 9.90日 9.20日 0.00% 62.13歳 甲状腺全摘パス
100180XX99000X 副腎皮質機能亢進症や非機能性副腎皮質腫瘍などで投薬、点滴などの治療を行うもの 20人 2.90日 5.76日 0.00% 47.95歳  

糖尿病・内分泌内科での入院のほとんどが、(2型)糖尿病の血糖コントロール不良症例の薬剤調整(予定・緊急入院を含む)・甲状腺癌術後ヨード内用療法・甲状腺腫瘍の手術になります。
平均在院日数は11日程度です。隔離が必要な甲状腺癌術後ヨード内用療法は、県内でも4施設でしか施行することができません。当院では年間100例の治療が可能になっています。これ以外にも隔離が必要でない線量の治療(アブレーション)も行っています。
それ以外にも内分泌疾患確定診断のための負荷試験や静脈サンプリング、糖尿病のインスリンポンプ導入も行っています。

腎臓内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
110280XX99010X 慢性腎炎症候群や慢性間質性腎炎、慢性腎不全などで人工透析などの治療を行うもの 49人 8.31日 14.55日 8.16% 63.98歳  
110280XX991X0X 慢性腎炎症候群や慢性間質性腎炎、慢性腎不全などで経皮的針生検を行うもの 43人 4.98日 7.35日 0.00% 48.12歳 腎生検パス
110260XX99X0XX ネフローゼ症候群で投薬、点滴などの治療を行うもの 37人 25.08日 22.12日 2.70% 61.43歳 腎生検パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群や慢性間質性腎炎、慢性腎不全などで投薬、点滴などの治療を行うもの 36人 7.58日 12.23日 8.33% 65.53歳 腎不全保存期教育パス
110280XX99001X 慢性腎炎症候群や慢性間質性腎炎、慢性腎不全等で肺炎等を発症し、投薬、点滴などの治療を行うもの 16人 6.38日 20.39日 0.00% 45.62歳  

慢性腎臓病の患者さんは高齢化し合併症も多い傾向にありますが、早期から迅速に治療介入することで、入院期間を短縮するように努めています。

脳神経内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
010230XX99X00X てんかんで投薬、点滴などの治療を行うもの 85人 6.67日 6.32日 10.59% 58.93歳  
010060X2990201 脳梗塞で投薬、点滴などの治療を行うもの 67人 10.79日 16.51日 16.42% 69.49歳 脳梗塞入院パス
010040X199X00X 非外傷性頭蓋内血腫(JCS10以上)で投薬、点滴、リハビリなどの治療を行うもの 54人 19.70日 21.36日 74.07% 74.00歳 脳出血入院パス
010040X099X00X 非外傷性頭蓋内血腫で投薬、点滴、リハビリなどの治療を行うもの 46人 16.76日 19.10日 69.57% 70.00歳 脳血管撮影(大腿動脈)
010080XX99X00X 脳脊髄の感染を伴う炎症で投薬、点滴などの治療を行うもの 38人 10.42日 9.99日 10.53% 40.82歳  

脳神経内科の救急疾患として多いものはてんかんの重積、脳梗塞、脳出血, 脳神経系の感染症です。
てんかんの重積(痙攣が止まらない状態)は高齢化と共に増加しています。高齢者では脳の小さな傷が原因で生じる症候性てんかんが多数を占めます。脳梗塞患者のうち一部の症例は、血栓溶解(rt-PA)や急性期血管内治療の治療の適応になります。高血圧、糖尿病、高脂血症などが大きな危険因子です。脳出血は高血圧を背景とする場合がほとんどで、アルコール多飲が重なると発症しやすくなります。脳神経系の感染症の中で最も重症なのは細菌性髄膜脳炎とウイルス、真菌、結核などによる脳炎です。これまでもこのような重症患者を多く治療してきました。

消化器内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
060340XX03X00X 胆管結石、胆管炎などで内視鏡的胆道結石除去術等の手術を行うもの 225人 7.64日 10.61日 5.33% 72.99歳 ERCP関連パス
060050XX97X0XX 肝がん、肝内胆管がんで血管塞栓術等の手術を行うもの 148人 7.06日 11.44日 2.80% 75.10歳 腹部血管造影(TACE/TAI)パス
060020XX04X0XX 胃がんで内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術を行うもの 121人 8.52日 8.73日 0.83% 74.10歳 食道・胃ESD治療パス
060140XX97X00X 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)で内視鏡的消化管止血術等の手術を行うもの 68人 6.46日 10.71日 5.88% 67.75歳 上部消化管出血止血後パス
060300XX0100XX 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む)で胸水・腹水濾過濃縮再静注法などの手術を行うもの 65人 3.80日 12.02日 4.62% 71.02歳  

良性疾患では、総胆管結石・胆管炎に対し、内視鏡的結石除去をおこなう患者が最も多くなっています。その大半が、地域からの依頼の緊急入院患者です。LDAを含めたNSAIDs・抗血栓薬を内服する高齢者が増加しており、上部では消化性潰瘍出血・下部では憩室出血の止血目的緊急入院患者も多く診られます。悪性疾患では、肝細胞癌に対するIVR治療(TACE/RFA)、早期癌に対する内視鏡切除(ESD)が多くなっています。

呼吸器内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
040040XX99040X 肺がんで化学療法の治療を行うもの 173人 9.62日 11.99日 1.73% 69.91歳 day1 (CDDPなし)
040081XX99X00X 肺炎で投薬、点滴などの治療を行うもの 101人 13.70日 20.83日 35.64% 79.34歳  
040110XXXXX0XX 間質性肺炎で投薬、点滴などの治療を行うもの 99人 14.35日 19.65日 20.20% 72.55歳 入院気管支鏡
040040XX99000X 肺の悪性腫瘍で投薬、点滴などの治療を行うもの 54人 9.50日 14.60日 20.37% 71.93歳  
040120XX99000X 慢性閉塞性肺疾患で投薬、点滴などの治療を行うもの 53人 6.09日 13.83日 3.77% 73.89歳  

入院患者数で最も多いのは肺癌化学療法目的の入院です。当科では初回の化学療法は短期間の入院で行うことにしていますが、以後の治療は患者さんの状態が許す限り外来で行なっています。その次に多いのは間質性肺炎並びに肺炎の入院ですが、これらは救急入院が多い当科の特徴を反映しています。特に肺炎は高齢者の誤嚥性肺炎が多く、急性期を超えたのちは地域の病院へ転院する場合が多くなっています。

血液内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
130030XX99X40X 非ホジキンリンパ腫で化学療法(リツキシマブ)の治療を行うもの 145人 13.08日 16.48日 1.92% 69.84歳 R-CHOP(ケモのみ)
130010XX97X2XX 急性白血病で化学療法や輸血などの治療を行うもの 70人 28.81日 40.97日 2.78% 49.05歳 HD-MTX(ケモのみ)
130030XX99X50X 非ホジキンリンパ腫で化学療法(トレアキシン等)の治療を行うもの 69人 9.97日 13.89日 2.78% 61.72歳 R-B(ケモのみ)
130030XX99X30X 非ホジキンリンパ腫で化学療法の治療を行うもの 45人 17.33日 17.04日 0.00% 64.23歳 HD-MTX(ケモのみ)
130040XX99X5XX 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物で化学療法(ベルケイド等)の治療を行うもの 40人 11.60日 24.70日 0.00% 63.34歳  

血液内科での治療のほとんどは抗がん剤治療です。悪性リンパ腫に対しては、多くの場合、1回の治療に1ないし2日間を要し、3-4週間隔で4-6回繰り返して終了とします。初回の点滴治療は入院して行い、治療効果と有害事象を慎重に確認します。1回の治療で十分な効果が得られ、重大な有害事象を起こさなければ、2回目以降の治療は原則として外来で行います。高齢患者さんや、併発症のある患者さんなどでは2回目以降も入院で行うこともあります。急性白血病の治療では、1か月程度の入院を要し、その多くの時間を無菌病室で過ごしていただきます。順調にいけば1か月前後の入院治療を4回繰り返すことで治療は終わります。多発性骨髄腫では病状に応じて入院や外来で治療を行います。

腫瘍内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
040040XX99040X 肺がんで化学療法の治療を行うもの 34人 6.38日 11.99日 0.00% 66.62歳  
040040XX9903XX 肺がんで化学療法・放射線療法の治療を行うもの 22人 20.00日 30.66日 0.00% 69.91歳  
060340XX03X00X 胆管結石、胆管炎などで内視鏡的胆道結石除去術等の手術を行うもの 14人 13.50日 10.61日 0.00% 71.79歳  
06007XXX99000X 膵臓、脾臓の腫瘍で内視鏡による生検法等の検査を行うもの 11人 8.73日 9.83日 45.45% 66.18歳  
040040XX9910XX 食道がんで化学療法の治療を行うもの 10人 2.30日 3.59日 0.00% 72.70歳  

当科では手術不能進行・再発胃癌、大腸癌に対して積極的に化学療法を行っていますが、ほぼ全例外来で行っているため、DPCの集計には数字として計上されていません。
参考までに腫瘍内科の入院患者数は年間236人、外来化学療法年間延べ患者数は約3800名です(2017年実績)。

総合内科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
180010X0XXX0XX 敗血症で投薬、点滴などの治療を行うもの 78人 13.72日 19.01日 39.74% 71.91歳  
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症で投薬、点滴などの治療を行うもの 42人 7.40日 12.34日 35.71% 69.02歳  
040081XX99X00X 肺炎で投薬、点滴などの治療を行うもの 25人 11.56日 20.83日 36.00% 80.12歳  
070560XX99X0XX 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患(全身性エリトマトーデスなど)で投薬、点滴、検査などの治療を行うもの 24人 14.25日 17.16日 16.67% 73.75歳  
180010X0XXX2XX 敗血症で人工呼吸などの治療を行うもの 20人 20.10日 34.78日 55.00% 75.70歳  

比較的短期間で検査や治療ができています。

小児科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
080270XXXX0XXX 食物アレルギーで検査などを行うもの 270人 1.76日 2.54日 0.00% 6.84歳 食物負荷試験パス
040100XXXXX00X 喘息で酸素吸入、投薬、点滴などの治療を行うもの 124人 3.72日 6.32日 2.42% 3.79歳 気管支喘息発作パス【幼児用】BW10kg設定
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症で投薬、点滴などの治療を行うもの 106人 4.44日 5.94日 0.94% 0.79歳 肺炎・気管支炎パス
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎で投薬、点滴などの治療を行うもの 89人 3.47日 5.50日 1.12% 3.45歳 急性胃腸炎パス【幼児用】BW10kg設定
150040XXXXX0XX 熱性けいれんで投薬、点滴などの治療を行うもの 86人 2.67日 3.91日 1.16% 2.65歳 痙攣パス

当科は神戸市の小児救急の基幹病院として機能しており、入院患者の多くが急性疾患です。主な疾患としては肺炎など気道感染、熱性痙攣に代表される痙攣性疾患、喘息などアレルギー疾患などがあり、クリニカルパスを充実させることでガイドラインに沿った標準的な医療を提供できるように心がけています。入院での食物経口負荷試験を積極的に実施しているのも当科の特徴の一つです。
平均在院日数は短く、入院患者の年齢も乳幼児が多い傾向を認めます。
転院症例の多くは夜間の入院患者を翌日に居住地の近くの二次病院に転院していただいているケースです。

新生児科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
140010X199X00X 出生時体重が2500g以上で妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害があり、投薬、点滴などの治療を行うもの 113人 6.75日 6.18日 0.00% 0.00歳 黄疸パス
140010X299X0XX 出生時体重が1500g以上2500g未満で妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害があり、投薬、点滴などの治療を行うもの 68人 14.32日 11.49日 0.00% 0.00歳  
140010X197X0XX 出生時体重が2500g以上で妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害があり、新生児仮死蘇生術等の手術を行うもの 32人 8.81日 8.41日 0.00% 0.00歳  
140010X297X0XX 出生時体重が1500g以上2500g未満で妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害があり、新生児仮死蘇生術等の手術を行うもの 22人 19.23日 15.80日 0.00% 0.00歳  
140010X199X1XX 出生時体重が2500g以上で妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害があり、投薬、点滴などの治療を行うもの 18人 9.13日 11.50日 5.56% 0.11歳  

新生児診療の対象疾患診断群は、出生体重、新生児仮死蘇生術の有無、人工呼吸など集中治療の有無で分類されています。140010X199X00Xは正常体重、140010X299X0XXは低体重で、いずれも集中治療なし、新生児黄疸、低血糖などの比較的軽症疾患で、患者数の大半を占めます。140010X197X0XXは正常体重、140010X297X0XXは低体重で、いずれも新生児仮死に対し蘇生術を要した群で、正常体重群、低体重群とも仮死の無い群より入院が長期になっています。140010X199X1XXは正常体重で集中治療を要した群で、入院期間が5群中最も長期であり、外科手術目的の転院事例も発生しています。

外科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など)で腹腔鏡下胆嚢摘出術等の手術を行うもの 119人 2.61日 6.64日 0.00% 61.60歳 腹腔鏡下胆嚢摘出術
060150XX03XXXX 虫垂炎で虫垂切除術等の手術を行うもの 90人 3.07日 5.56日 0.00% 34.22歳 虫垂炎クリニカルパス
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)がんで結腸切除術等の手術を行うもの 81人 11.33日 15.61日 2.47% 73.01歳 大腸腹腔鏡・開腹クリニカルパス
060020XX02X0XX 胃の悪性腫瘍で腹腔鏡下胃切除術等の手術を行うもの 70人 12.09日 17.27日 0.00% 70.57歳 胃切除術クリニカルパス
060210XX99000X 腸閉塞で投薬・点滴などの治療を行うもの 68人 6.19日 8.98日 2.94% 68.31歳  

胆嚢疾患は主に胆嚢結石症です。予定入院症例は手術当日入院、翌日退院を基本としています。また緊急手術症例も約20%を占めています。それにより平均在院日数は2.4日となり待機期間の短縮や緊急入院に備えています。虫垂炎はほぼ緊急手術症例ですが、当院では全身麻酔下の腹腔鏡下虫垂切除術を基本としています。それにより術後経過はスムーズに改善し、術後3.5日で退院という短期回復となっています。
悪性疾患では結腸癌が最も多いです。緊急症例を除きほぼ全症例を腹腔鏡手術で行っており、入院期間も2週間弱と入院期間は短くなっています。
以上、当院での治療は術後のトラブルは少なく、早期に退院となっていることがわかります。

乳腺外科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
090010XX03X0XX 乳がんで乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)を行うもの 103人 6.53日 6.37日 0.00% 59.85歳 乳癌手術用クリニカルパス(RIシンチ併用時)
090010XX02X0XX 乳がん乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等の手術を行うもの 44人 8.98日 10.15日 2.38% 59.75歳 乳癌手術用クリニカルパス(RIシンチ併用時)
090010XX01X0XX 乳がんで乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの)等の手術を行うもの 29人 9.62日 11.45日 0.00% 58.07歳 乳癌手術用クリニカルパス
090020XX97XXXX 乳房の良性新生物で、乳腺腫瘍摘出術等の手術を行うもの - - 3.96日 - -  
090010XX99X2XX 乳がんで放射線療法の治療を行うもの - - 30.31日 - -  

乳房の悪性腫瘍の大部分は乳癌です。悪性腫瘍(乳癌)の病理検査、超音波検査、マンモグラフィ、MRIなどから乳癌の広がり、性質を診断し、手術のやり方を決めていきます。乳房の一部分を取るのが乳房部分切除術で、乳房を全部取るのが乳房切除術で、皮膚を出来る限り残して乳腺を全部取るのが乳腺全摘術です。乳房、乳腺を全部取るならば、乳房再建を行うのか、行わないのか、を決めなければなりません。行うならば、自分の組織で行うのか、シリコンなどを用いるのか、を決めなければなりません。上記の乳房切除術に含まれている患者さんは、同時に乳房再建を行わなかった方です。乳癌から最初に流れ込むリンパ節を取ってそこに乳癌が転移しているかどうかを調べる方法をセンチネルリンパ節生検といいます。乳癌から最初に流れ込むリンパ節に乳癌がわずかしか転移していない場合、それ以上リンパ節を取ることはしません。このことを腋窩部郭清を伴わないもの、として表現します。乳癌から最初に流れ込むリンパ節にある程度以上転移が見つかった場合、その周囲の転移する可能性のある脇の下のリンパ節をほぼ全部取ることを腋窩部郭清を伴うもの、と表現しています。癌から最初に流れ込むリンパ節に少しだけ癌が転移している場合、リンパ節を多く取るか、腋の下への放射線治療を加えるか、などは手術中の病理検査で決めていきます。

心臓血管外科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
050080XX0100XX 弁膜症で弁形成術や弁置換術などの心臓手術を行うもの 46人 18.15日 21.10日 15.22% 66.26歳 開心術パス
050161XX97X10X 解離性大動脈瘤で大動脈瘤切除術等の手術を行うもの(手術後に人工呼吸器を装着していた場合) 30人 30.77日 28.04日 43.33% 63.20歳 開心術パス
050080XX01010X 弁膜症で弁形成術や弁置換術などの心臓手術を行うもの(手術後に人工呼吸器を装着していた場合) 29人 20.28日 23.93日 13.79% 70.66歳 開心術パス
050180XX97XXXX 静脈・リンパ管疾患で下肢静脈瘤血管内焼灼術等の手術を行うもの 25人 2.00日 3.20日 0.00% 66.80歳 下肢静脈瘤手術(1泊2日)
050163XX02X1XX 非破裂性大動脈瘤や腸骨動脈瘤で大動脈瘤切除術等の手術を行うもの 23人 17.78日 21.40日 17.39% 71.78歳 腹部大動脈瘤術前パス

当院では以前より弁膜症に対する外科治療、特に弁形成術を積極的に行い全国でも有数の数となっています。この数年はそれに加えて大動脈手術、冠動脈バイパス術も増加しています。

呼吸器外科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
040040XX97X0XX 肺がんで肺悪性腫瘍手術等の手術を行うもの 206人 7.59日 12.35日 2.91% 70.10歳 肺葉切除クリニカルパス
040200XX01X00X 気胸で肺切除術等の手術を行うもの 22人 6.09日 10.04日 4.55% 30.95歳 肺ブラ切除・肺瘻閉鎖術パス
040010XX01X0XX 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍で胸腔鏡下縦隔悪性腫瘍手術等の手術を行うもの 14人 5.86日 11.03日 0.00% 65.14歳 縦隔腫瘍摘出術パス
160450XX99X0XX 肺・胸部気管・気管支損傷で投薬・点滴などの治療を行うもの 11人 7.45日 9.31日 45.45% 58.36歳  
160450XX99X1XX 肺・胸部気管・気管支損傷で持続的胸腔ドレナージ、点滴などの治療を行うもの 11人 6.91日 11.22日 18.18% 55.27歳  

呼吸器外科の入院は手術患者がほとんどです。症例数では肺がん・気胸・縦隔腫瘍の順に多く、胸部外傷がこれに続きます。ほとんどの手術を胸腔鏡で行うため、術後の回復が早く、在院日数が短くなっており、肺がんでも1週間程度です。気胸は急に発症するため予定手術が立てにくいのですが、肺がんに比べ簡単な手術なので準緊急的に手術を行い、入院期間の短縮を図っています。患者さんの多くは自宅に退院されますが、独居などの理由から退院後の生活に不安な場合には療養型の病院へ転院を勧めております。

脳神経外科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
010030XX9910XX 未破裂脳動脈瘤で脳血管造影検査を行うもの 325人 2.82日 3.14日 0.00% 61.11歳 脳血管撮影(大腿動脈
010030XX03X00X 未破裂脳動脈瘤で脳血管内手術(脳血管内ステント)等の手術を行うもの 113人 8.45日 9.95日 0.88% 61.57歳 未破裂脳動脈瘤塞栓術
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷(外傷性くも膜下出血など)で点滴、CTなどの治療を行うもの 66人 4.33日 7.34日 9.09% 52.21歳  
010030XX01X00X 未破裂脳動脈瘤で脳動脈頭部クリッピング等を行うもの 59人 12.10日 15.61日 1.69% 61.95歳 未破裂脳動脈瘤クリッピング
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷(外傷性硬膜下血腫など)で慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術などの手術を行うもの 56人 7.57日 9.68日 19.64% 71.05歳 慢性硬膜下血腫

脳神経外科は未破裂脳動脈瘤のクリッピング手術や血管内治療を多く手がけており、その術前検査や経過観察目的で血管造影入院数が多くなっています。DPCの14桁コードは治療内容を細分化しています。当科の実績については診療科別統計も併せてご覧ください。

整形外科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折で人工骨頭挿入術等の手術を行うもの 116人 18.89日 27.09日 82.76% 78.30歳 下肢骨折全身麻酔
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、(変形性)股関節症で人工関節置換術等の手術を行うもの 93人 17.27日 23.14日 74.19% 68.85歳 人工股関節
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。)で人工関節再置換術等の手術を行うもの 74人 16.53日 25.09日 85.14% 73.53歳 人工膝関節
160760XX97XX0X 前腕の骨折で骨折観血的手術等の手術を行うもの 66人 3.42日 5.21日 3.03% 30.64歳 一般全身麻酔
160740XX97XX0X 肘関節周辺の骨折・脱臼で関節内骨折観血的手術等の手術を行うもの 36人 4.50日 5.16日 5.56% 17.92歳 一般全身麻酔

高齢化の進んだ日本においては、退行変性による変形性関節症、骨粗鬆症に伴う脆弱性骨折(大腿骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折など)が増加の一途を辿っています。当院では全国平均より短い在院日数で治療を行っています。

皮膚科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
080011XX99XXXX 急性膿皮症(蜂巣炎など)で投薬、点滴などの治療を行うもの 65人 11.72日 11.73日 6.15% 65.97歳 丹毒・蜂窩織炎
080020XXXXXXXX 帯状疱疹で投薬、点滴などの治療を行うもの 56人 8.39日 8.95日 0.00% 68.29歳 帯状疱疹
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)で皮膚悪性腫瘍切除術等の手術を行うもの 52人 6.65日 8.50日 9.62% 73.92歳 局所麻酔前日~術後2泊以上入院
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物で皮膚、皮下腫瘍摘出術等の手術を行うもの 47人 3.28日 4.14日 2.13% 51.00歳 局所麻酔デイ1泊入院
080140XXXXX2XX 炎症性角化症で点滴(レミケード)などの治療を行うもの 21人 2.00日 2.90日 0.00% 68.43歳 レミケード

尋常性乾癬に対する生物学的製剤導入時はアレルギー反応確認のため1泊2日入院、点滴静注製剤は投与継続時入院をお願いしています。帯状疱疹の重症例については神経痛後遺症の残存防止のため、積極的に入院加療をお勧めしています。

形成外科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
160200XX0200XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)で鼻骨骨折整復固定術等の手術を行うもの 49人 2.88日 5.60日 0.00% 39.51歳  
070010XX970XXX 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)で皮膚、皮下腫瘍摘出術等の手術を行うもの - - 4.86日 - -  
020230XX97X0XX 眼瞼下垂で眼瞼下垂症手術等の手術を行うもの - - 3.29日 - -  
160200XX0100XX 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)で上顎骨折観血的手術等の手術を行うもの - - 13.74日 - -  
140140XXXXXXXX 口蓋・口唇先天性疾患で口唇裂形成手術等の手術を行うもの - - 9.64日 - -  

形成外科では形成外科一般の症例を広く扱っています。当院の特徴として救急患者が多く、そのため顔面外傷が多くなっています。入院治療となるのは顔面骨骨折がほとんどで、健康な患者さんが多いため、出来るだけ早期に社会復帰していただくようにしています。また、小児先天異常の手術にも力を入れており、なかでも口唇口蓋裂は、形成外科、矯正歯科、聴覚言語療法、耳鼻咽喉科などとチーム医療を推進しています。その他では、皮膚皮下腫瘍、軟部組織腫瘍などにも力を入れ、頭頚部再建外科、乳房再建、その他全身の再建外科も積極的に行っています。もちろん瘢痕拘縮、ケロイド、肥厚性瘢痕の治療にも力を入れ、ケロイド専門外来も開設しています。

泌尿器科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
110070XX0200XX 膀胱がんで経尿道的膀胱悪性腫瘍手術を行うもの 127人 3.80日 7.31日 0.79% 74.59歳 TUR-BT デイ入院
110080XX01X0XX 前立腺がんで前立腺悪性腫瘍手術等の手術を行うもの 106人 9.45日 12.92日 0.00% 69.20歳 前立腺全摘 入院
11012XXX020X0X 上部尿路疾患で経尿道的尿路結石除去術等の手術を行うもの 47人 4.72日 5.75日 4.26% 66.94歳 TUL デイ入院
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症で投薬、点滴などの治療を行うもの 27人 11.04日 12.34日 18.52% 74.37歳  
180010X0XXX0XX 敗血症で投薬、点滴などの治療を行うもの 26人 12.19日 19.01日 30.77% 75.96歳  

泌尿器科悪性腫瘍は、前立腺癌、膀胱癌、腎癌の順に多いのですが、限局性前立腺癌の根治療法としては放射線療法があり、また転移性のものは手術対象外となり入院しませんので、上記のように入院では膀胱癌が1位となります。膀胱癌はほぼ全例経尿道的に内視鏡での切除術を行って診断・治療しますが、顕微鏡的に残存腫瘍が疑われる場合やBCG膀注療法の治療後には再度切除術が行われるため同一症例の重複を含んでいます。膀胱癌と同じような癌である腎盂尿管癌は膀胱に比べると数は少ないのですが、壁の厚さが薄く進行癌になりやすい特徴があります。膀胱癌・腎盂尿管癌の進行癌には術前に化学療法を行うことで顕微鏡的転移の駆逐と病期の低下をめざしています。当院は救急医療に力を入れており、尿路結石に感染症を合併して尿性敗血症で緊急入院となることがあります。尿管にステントを挿入して全身状態が改善されたら、内視鏡で結石の破砕術を行います。前立腺肥大症では、経尿道的に腺腫を切除するTURPが標準的治療ですが、出血や水中毒の合併症のためあまり大きな前立腺には適用されてきませんでした。HOLEPはレーザーで、TUEBは電気的に腺腫を核出し、一旦膀胱内に落とし込んでから膀胱内で細切して吸い出すことにより、大きな前立腺でも出血が少なく安全に手術ができるようになりました。

産婦人科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
120070XX02XXXX 卵巣の良性腫瘍で腹腔鏡下卵巣部分切除術等の手術を行うもの 170人 4.88日 6.37日 0.00% 41.51歳 婦人科ラパロパス
120060XX01XXXX 子宮の良性腫瘍(子宮平滑筋腫など)で子宮全摘術、子宮筋腫摘出術等の手術を行うもの 115人 5.88日 6.28日 0.00% 45.17歳 婦人科ラパロ(子宮摘出)パス
120060XX02XXXX 子宮の良性腫瘍で腹腔鏡下膣式子宮全摘術等の手術を行うもの 96人 7.43日 9.91日 1.04% 53.49歳 婦人科開腹手術(子宮摘出)パス
12002XXX01X0XX 子宮頸・体部の悪性腫瘍で子宮悪性腫瘍手術等の手術を行うもの 82人 8.43日 12.94日 0.00% 54.57歳 婦人科ラパロカルチパス
120170XX99X0XX 早産、切迫早産で投薬、点滴などの治療を行うもの 53人 25.59日 20.41日 9.43% 31.66歳  

産婦人科では、悪性腫瘍の治療を多く行っていますが、治療のため入院する症例で最も多い症例は、卵巣の良性腫瘍、いわゆる卵巣嚢腫です。ほとんどの症例は体への負担の少ない腹腔鏡手術で治療しており平均して術後3日目に退院となります。
2番目および3番目に多い症例は、子宮筋腫などの子宮の良性腫瘍です。この場合も約半数は体への負担の少ない腹腔鏡手術で行っており平均して術後4日目に退院となっています。開腹手術では術後約6日目に退院となっています。
4番目に多い症例は、子宮頸癌や子宮体癌などの悪性腫瘍の手術を受ける患者さんです。比較的早期の子宮体癌の手術はほとんどが腹腔鏡で行われており、術後約4日目に退院となります。
なお、DPC14桁コードは治療内容を細分化しています。当科の実績については診療科別統計も併せてご覧ください。

眼科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
020220XX97XXX0 緑内障で緑内障手術等の手術を行うもの 61人 6.38日 8.51日 0.00% 69.49歳 レクトミー
020160XX97XXX0 網膜剥離で硝子体茎顕微鏡下離断術等の手術を行うもの 51人 10.55日 10.21日 0.00% 56.82歳 硝子体手術
020200XX9710XX 黄斑、後極変性(網膜前膜など)で硝子体茎顕微鏡下離断術等の手術を行うもの 37人 5.70日 7.31日 0.00% 67.30歳 硝子体手術
020240XX97XXX0 硝子体疾患で硝子体茎顕微鏡下離断術等の手術を行うもの 35人 4.94日 6.63日 2.86% 66.54歳 硝子体手術
020200XX9700XX 黄斑、後極変性で硝子体茎顕微鏡下離断術等の手術を行うもの 24人 6.71日 7.38日 0.00% 72.58歳 硝子体手術

緑内障手術では、手術後の管理が重要で、トラベクレクトミー等の濾過手術では術後管理次第で手術の成否が決まるといっても過言ではありません。最も重要な術後早期の管理をしっかり行うために平均7日程度の入院期間をとっています。
硝子体手術ではガスの硝子体腔留置による退院後のトラブルを防ぐために、ある程度の術後入院期間を確保しています。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
030440XX01XXXX 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫で鼓室形成手術を行うもの 96人 7.73日 8.90日 0.00% 44.03歳 鼓室形成術
03001XXX01000X 頭頸部悪性腫瘍で頸部悪性腫瘍手術等の手術を行うもの 87人 9.46日 13.70日 0.00% 68.15歳 顎下腺良性・頚部良性腫瘍手術
030230XXXXXXXX 扁桃、アデノイドの慢性疾患で口蓋扁桃手術、アデノイド切除術等の手術を行うもの 61人 6.64日 8.01日 0.00% 19.49歳 扁桃摘出術
030150XX97XXXX 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍(耳下腺良性腫瘍など)で耳下腺腫瘍摘出術等の手術を行うもの 58人 5.78日 7.58日 0.00% 55.05歳 耳下腺良性腫瘍手術
030425XX97XXXX 聴覚の障害で人工内耳植込術等の手術を行うもの 56人 7.07日 8.82日 0.00% 25.86歳 人工内耳手術

DPC上位は、耳科疾患・扁桃疾患・頸部腫瘍であり、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の多岐にわたるものとなっています。近隣の先生方から手術を要する患者を多くご紹介いただくことで症例数が多くなっていると考えられます。また、いずれの疾患でも平均在院日数が1週間程度であり術後にトラブルなく退院となっていることがわかります。人工内耳植込術等の平均年齢は25.86歳となっていますが、実際の患者は乳幼児と高齢者がほとんどで青壮年は少数です。

救急科
DPCコード(14桁)公開用DPC名称患者数平均在院日数転院率平均年齢患者用
パス名称
当院全国
161070XXXXX00X 薬物中毒で胃洗浄、点滴などの治療を行うもの 112人 2.67日 3.58日 11.61% 42.60歳  
161060XX99X0XX アナフィラキシーショックなどで点滴などの治療を行うもの 47人 2.68日 4.01日 0.0% 45.62歳  
170020XXXXXX0X アルコール使用、大麻類使用などによる精神、行動の障害で治療を行うもの 14人 2.14日 2.66日 14.29% 43.50歳  
161070XXXXX10X 薬物中毒で中心静脈注射などの処置を行うもの 12人 3.75日 6.19日 8.33% 38.17歳  
161020XXXXX00X 体温異常で点滴、処置などの治療を行うもの 12人 9.17日 5.73日 58.33% 83.42歳  

外傷、ショック、中毒は働き盛りの若年層に多く、つい今しがたまで健康だった人に降りかかる悪夢です。私たち救急科は、患者さんとご家族の皆様がこの悪夢から早く目覚めることができるようサポートしていきます。アナフィラキシーは放置すると死に至る病態です。いったん軽快した症状が再燃することもあり、原則、入院管理とさせていただきます。また、薬物中毒や自殺企図等の精神科身体合併症患者さんは身体治療とともに精神科医、PSW(精神保健福祉士)と連携した精神疾患への対応が必要です。地域の精神病院とも連携しています。今年は災害レベルの熱波で、熱中症の患者さんが数多く受診されました。特に高齢者の方が重症となりがちです。家族や周囲の方は暑熱環境時には、様子を見に行く、週1回の電話を2度にするなどいつも以上に気にかけましょう。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

DPCで5大癌とコーディングされた初発・再発の患者を病期を示すUICC分類で分類しています。UICC分類はUICC(Unio Internationalis Contra Cancrum:国際対がん連合)が決定したがんの進行度を分類する方法です。早期がんをStageⅠとし、進行したがんをStageⅣで段階別に分類しています。「初発」とは当院で当該腫瘍の診断、診断と初回治療、初回治療を行ったものです。「再発」とは、初回治療が完了した後に患者を診療した場合や、局所再発、再燃、新たな遠隔転移を来した場合のものです。

平成29年度 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

【定義】

  • 5大癌について初発患者はUICC病期分類による患者数を、再発患者は期間内の患者数とする
  • 患者数は延患者数とする
 初発再発病期
分類
基準
版数
StageⅠStageⅡStageⅢStageⅣ不明
胃癌 147 34 17 23 7 37 1:UICC
TNM
分類
7
大腸癌 56 42 74 49 6 17 1:UICC
TNM
分類
7
乳癌 79 46 12 8 2 18 1:UICC
TNM
分類
7
肺癌 145 46 77 141 20 329 1:UICC
TNM
分類
7
肝癌 25 52 25 13 8 218 1:UICC
TNM
分類
7

平成29年度 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数グラフの画像

平成29年度の入院患者総数としては肺癌が最も多く、肝癌、胃癌、大腸癌と続きます。
肺癌は、手術の対象となるステージⅢAまでの症例数も多いですが、化学療法の対象となるステージⅢB以上や再発症例もかなり多いのが特徴です。胃癌ではステージⅠが突出していますが、早期癌に対する内視鏡的治療などを積極的に行っていることが理由として挙げられます。逆にステージⅣおよび再発症例数が少ないのは、化学療法がほぼ全例入院することなく外来で行われていることを反映していると考えられます。大腸癌の再発症例が少ないのも同じ理由です。乳癌も、化学療法については終末期に近くなるまで外来で行うことが多いですが、治療経過が長くなり病状が進行するにつれ、対症療法を目的とした入院が増えるため、再発症例における入院数が多くなると考えられます。肝癌の治療は、経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)や肝動注療法など局所療法を繰り返し行うのが特徴で、再発症例数が突出して多いのは、年度を超えて複数回の治療を行う患者が多いことを反映しています。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等

市中肺炎とは、日常の生活を行っていて発症した肺炎をいいます。入院が契機となった傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎の患者を主体にしています。重症度分類は、男性70歳以上、女性75歳以上かどうか、腎機能、酸素濃度、意識状態、血圧などで4段階(軽症、中等症、重症、超重症)に分類しています。

平成29年度 成人市中肺炎の重症度別患者数等

【定義】

  • 入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18$で始まるものに限定。
重症度患者数平均在院日数平均年齢
軽症 34人 10.03日 57.18歳
中等症 173人 11.18日 74.84歳
重症 35人 14.94日 81.09歳
超重症 45人 14.64日 72.40歳
平成29年度 成人市中肺炎の重症度別患者数
[平成29年度 成人市中肺炎の重症度別患者数]
平成29年度 成人市中肺炎の重症度別平均在院日数
[平成29年度 成人市中肺炎の重症度別平均在院日数]

高齢者の中等症以上の肺炎入院患者が大半で、超重症を除くと在院日数は10日前後、死亡率は5%以下に抑えられています。

5.脳梗塞の患者数等

平成29年度 脳梗塞の患者数等

【定義】

  • 医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞のICD10で集計
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 443人 17.64日 74.72歳 47.18%
その他 32人 11.22日 63.47歳 25.00%

当院の総合脳卒中センターは、脳神経内科と脳神経外科が一体となった診療チームを構築運営しています。虚血性脳血管障害の患者数は合計450名を超えています。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

手術術式のコード番号で分類しています。手術を行った時点での診療科で分類しているので、内科系の診療科でも数値が計上されています。

平成29年度 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

【定義】

  • 手術術式の点数表コード(Kコード)による集計
  • 輸血関連(K920$)及び創傷処理等の軽微な手術は除外
循環器内科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 370人 1.51日 2.11日 0.27% 65.35歳  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 229人 2.32日 2.18日 1.75% 70.95歳 PCIパス(2泊3日)
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 123人 1.22日 1.59日 0.81% 58.46歳  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 65人 4.11日 6.95日 10.77% 76.34歳 ペースメーカー・ICD移植術パス
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 62人 0.00日 12.29日 6.45% 66.85歳  

手術術式から見た場合も、診療群分類番号で集計した場合と同様の結果です。
なお、DPC14桁コードは治療内容を細分化しています。当科の実績については診療科別統計も併せてご覧ください。

糖尿病・内分泌内科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) 27人 1.52日 7.63日 0.00% 63.33歳 甲状腺全摘パス
K4611 甲状腺腫摘出術(片葉のみの場合) 14人 1.52日 7.63日 0.00% 52.14歳 甲状腺半切パス
K4641 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術(副甲状腺(上皮小体)摘出術) - - - - -  
K4691 頸部郭清術(片側) - - - - -  
K4612 甲状腺腫摘出術(両葉の場合) - - - - -  

甲状腺の手術は、頭頸部外科が担当しますが術前、術後の管理を当科が連携して行っています。悪性腫瘍に比べてバセドウ病の手術や良性腫瘍の手術の患者平均年齢は若い傾向があります。甲状腺全摘の場合血液中のカルシウム濃度の調整が必要なことから片葉切除より入院期間が長くなっています。これ以外にも泌尿器科で手術する褐色細胞腫の術前調整なども行っています。

腎臓内科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K610-3 内シャント設置術 19人 10.74日 9.05日 21.05% 73.26歳 内シャント作成パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -  
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -  
K6102 動脈形成術、吻合術(胸腔内動脈)(大動脈を除く) - - - - -  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -  

透析関連(特に腹膜透析)の手術が多くなっています。

脳神経内科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K178-4 経皮的脳血栓回収術 31人 0.03日 21.35日 48.39% 77.81歳 tPA入院パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 19人 17.11日 24.95日 63.16% 74.16歳 脳出血入院パス
K386 気管切開術 11人 7.73日 29.27日 54.55% 58.55歳  
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -  

脳血管障害やパーキンソン病などで嚥下が困難な患者さんは、栄養補給のために胃ろうが必要になります。脳梗塞の急性期にはカテーテールで血管に詰まった血栓を回収できる場合があります。発症してすぐの、まだ脳損傷が完全でない症例に限られます。当科はこの治療を脳外科と協力して行っています。慢性の頸動脈の狭窄は脳梗塞の原因になります。狭窄が高度で脳梗塞を引き起こした、あるいは引き起こす可能性が高い場合には、ステントを留置する治療が有効です。この治療も脳外科と協力しておこなっています。

消化器内科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 143人 2.63日 6.66日 6.99% 74.08歳 ERCP関連パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 142人 1.39日 4.57日 1.41% 74.01歳 腹部血管造影(TACE/TAI)パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 141人 0.91日 1.55日 1.42% 69.07歳 大腸ポリープ切除術・粘膜切除術パス
K654 内視鏡的消化管止血術 116人 0.60日 4.76日 15.50% 69.18歳 上部消化管出血止血後パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 90人 1.26日 6.23日 1.11% 74.82歳 食道・胃ESD治療パス

消化器内科での手術手技としては、大腸ポリープや大腸早期癌に対する内視鏡的切除(EMR/ESD)が最多となっています。また、昨今増加傾向にある、膵胆道系腫瘍にたいするステント留置術も多く経験しています。肝細胞癌はC型肝炎に対する抗ウイルス療法(DAAs)にて減少傾向にありますが、動脈塞栓術(TACE)やラジオ波焼灼療法(RFA)を併用して、積極的に治療しています。緊急内視鏡治療としては、出血性潰瘍に対する止血術が最も多くなっています。

呼吸器内科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 21人 1.76日 8.19日 23.81% 70.00歳  
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) - - - - -  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -  
K386 気管切開術 - - - - -  

呼吸器内科に入院中に治療・診断のために手術が必要になった際は、専門医と連携をとり治療にあたっています。

腫瘍内科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 18人 5.00日 7.83日 5.56% 72.00歳  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 10人 2.30日 4.50日 30.00% 61.40歳  
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -  
K651 内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術 - - - - -  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -  

腫瘍内科の患者さんは症状緩和や治療目的のため様々な処置を行うことがあります。消化管や胆道狭窄に対するステント留置、難治性のがん性腹水に対するCART(腹水濾過濃縮再静注法)、化学療法や静脈栄養を目的とした中心静脈(CV)カテーテル留置など、他科の協力のもと多数実施しています。

小児科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 11人 0.09日 1.36日 9.09% 2.27歳 腸重積パス
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) - - - - -  
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -  

当院での腸重積の整復は、麻酔科管理下で手術室で行っています。麻酔をかけた状態で整復作業を行うため、患児に苦痛を与えることなく安全に整復することが可能となっています。異物誤飲に対しては麻酔科と消化器内科の協力の下に内視鏡的摘出術を行っています。

新生児科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 105人 0.00日 21.24日 3.81% 0.00歳  
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) - - - - -  

新生児仮死は出生時の呼吸循環不全に起因する症候群で、脳性麻痺などの神経学的後遺症の原因となります。新生児仮死の最も一般的な評価法にApgar score があり、呼吸、心拍数、皮膚色、筋緊張、反射の5項目に関して、0点、1点、2点で評価し、合計点で判定します。本邦では、出生後1分、5分のアプガースコア*)3~6点を第1度(軽症)新生児仮死、0〜2点を第2度新生児仮死として、その重症度を階層化しています。仮死第2度の重症グループは仮死第1度の軽症グループに比較し、在院日数が長くなっています。
*アプガ〜スコア:出産直後の新生児の健康状態を表す指数

外科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 180人 0.23日 2.33日 0.56% 62.44歳 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 91人 2.60日 9.38日 4.40% 71.79歳 大腸腹腔鏡クリニカルパス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 90人 0.20日 1.87日 0.00% 34.22歳 虫垂炎クリニカルパス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 71人 0.27日 1.42日 1.41% 67.14歳 鼠径ヘルニア疾患用クリニカルパス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 37人 1.46日 9.16日 0.00% 70.68歳 胃切除術クリニカルパス

胆嚢摘出術は、予定症例は手術当日入院、翌日退院を基本としています。また約20%を占めてる緊急手術症例も可能な限り腹腔鏡下での手術を行う方針です。それにより術後約2日の平均在院日数を達成しました。虫垂炎はほぼ緊急手術症例ですが、当院では全身麻酔下の腹腔鏡下虫垂切除術を基本としています。それにより術後経過はスムーズに改善し、術後2.3日で退院という短期回復を成し遂げています。悪性疾患の手術では腹腔鏡下結腸切除術が最も多いです。緊急症例を除きほぼ全症例を腹腔鏡手術で行っており、入院期間も術後9.4日と短期となっています。また鼠径ヘルニアの手術は約2/3が腹腔鏡で行われ、術後1.4日での退院となっています。このように腹腔鏡下手術は体への侵襲も少なく回復が早く、患者に優しい手術方法で、当院では腹腔鏡手術を積極的に取り入れることにより、スムーズな入退院がなされていることが分かります。

乳腺外科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 104人 1.04日 4.48日 0.97% 59.80歳 乳癌手術用クリニカルパス(RIシンチ併用時)
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 38人 0.97日 6.58日 0.00% 62.11歳 乳癌手術用クリニカルパス(RIシンチ併用時)
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 15人 1.00日 8.20日 0.00% 58.53歳 乳癌手術用クリニカルパス
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) 11人 1.00日 7.09日 0.00% 60.09歳 乳癌手術用クリニカルパス
K4768 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)) - - - - -  

乳腺悪性腫瘍の大部分が乳癌です。乳房の一部分を取るのが、乳房部分切除術で、乳房を全部取るのが、乳房切除術です。上記の乳房切除術に含まれている患者さんは、同時に乳房再建を行わなかった方です。乳癌から最初に流れ込むリンパ節にわずかしか転移していない場合、それ以上リンパ節を取ることはしません。このことを腋窩部郭清を伴わないもの、として表現します。乳癌から最初に流れ込むリンパ節にある程度以上乳癌の転移が見つかった場合、その程度によって、腋の下(腋窩)から鎖骨周囲の転移する可能性のリンパ節を取りますが、そのことを腋窩鎖骨部郭清を伴うもの、と表現しています。乳癌が直接胸の筋肉まで広がっていない場合、筋肉は温存し、胸筋切除を併施しないもの、と表現されます。

心臓血管外科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 47人 5.72日 17.64日 17.02% 66.43歳 開心術パス
K5551 弁置換術(1弁のもの) 47人 5.38日 16.74日 25.53% 71.81歳 開心術パス
K5603ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(その他のもの) 32人 2.22日 26.38日 34.38% 65.69歳 開心術パス(術後あり)
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 25人 4.08日 16.92日 20.00% 73.52歳 腹部大動脈瘤術前パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 25人 0.00日 1.00日 0.00% 66.80歳 下肢静脈瘤手術(1泊2日)

DPC別退院症例数と同じでこの数年冠動脈バイパス術と大動脈手術が増加していますが、特に冠動脈バイパス術は人工心肺を使用しない手術を導入し術後入院日数も平均で17日と大幅に短縮され、短い場合は10日で退院となるケースも少なくありません。

呼吸器外科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 157人 1.64日 6.08日 5.10% 70.10歳 肺全摘パス
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 26人 1.15日 2.62日 0.00% 63.50歳 肺生検パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 24人 1.88日 3.67日 8.33% 30.75歳 肺ブラ切除・肺瘻閉鎖術パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 24人 1.42日 2.88日 0.00% 69.79歳 肺部分切除パス
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 24人 1.67日 4.83日 0.00% 72.21歳 肺葉切除クリニカルパス

肺がんに対する手術が最も多く,術式では肺葉切除・部分切除・区域切除の順になっています.肺がんの手術は肺葉切除が標準術式です.最近では根治性と肺機能温存を兼ね備える区域切除(技術的には難しい)の件数が増えつつあります.肺がんに対する新しい抗癌剤の中にはがんの種類や遺伝子の変化をチェックしないと使えないものがあります.このため,診断目的に肺がんの手術(試験切除)を行うこともあり,間質性肺炎の生検と合わせて,試験切除も増えて来ています。

脳神経外科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステントを用いるもの) 78人 1.68日 6.56日 0.00% 61.36歳 未破裂脳動脈瘤塞栓術
K1781 脳血管内手術(1箇所) 73人 1.00日 15.26日 28.77% 64.56歳 脳血管撮影(大腿動脈)
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 64人 2.02日 13.97日 15.62% 61.72歳 未破裂脳動脈瘤クリッピング
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 53人 0.58日 8.64日 26.42% 76.89歳 慢性硬膜下血腫
K178-4 経皮的脳血栓回収術 40人 0.10日 21.90日 57.50% 77.20歳  

脳神経外科は未破裂脳動脈瘤のクリッピング手術や血管内治療を多く手掛けており、その手術数が多くなっています。また頭蓋内腫瘍も多く手掛けており、手術数が多くなっています。
当科の実績については診療科別統計も併せてご覧ください。

整形外科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K0821 人工関節置換術(股) 97人 2.03日 14.36日 74.23% 68.23歳 人工股関節
K0821 人工関節置換術(膝) 83人 1.59日 13.96日 83.13% 73.10歳 人工膝関節
K0461 骨折観血的手術(大腿) 71人 1.21日 16.46日 78.87% 75.03歳 下肢骨折全身麻酔
K0811 人工骨頭挿入術(股) 46人 2.00日 17.13日 86.96% 82.48歳 人工股関節
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除) 35人 3.74日 18.63日 48.57% 72.14歳 腰椎手術

人工関節置換術、脊椎手術、人工骨頭挿入術は、最小限の侵襲で最大の治療効果が期待できるように治療を工夫し、可及的に合併症の発生を防ぎ、早期に社会復帰できるようにしています。転倒事故、交通事故、労災事故、スポーツなどによる運動器の外傷においても、より早期に社会復帰、スポーツ復帰が可能となるように、適切な手術・治療を行っております。

皮膚科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 59人 0.66日 4.80日 8.47% 74.24歳 局所麻酔前日~術後2泊以上入院
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) 13人 0.38日 1.77日 0.00% 47.00歳 全身麻酔 入院手術
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 12人 0.08日 1.67日 0.00% 45.50歳 局所麻酔デイ1泊入院
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上、4㎝未満) - - - - -  
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上、6㎝未満) - - - - -  

手術に関しては他病院と比較し、当科が専門的に取り組んでいる皮膚悪性腫瘍の手術症例が多い印象があります。

形成外科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む。) 22人 0.77日 1.05日 0.00% 33.86歳  
K427 頬骨骨折観血的整復術 16人 1.06日 1.25日 0.00% 53.50歳  
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -  
K433 上顎骨折観血的手術 - - - - -  
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -  

当院の特徴として、救急患者が多く、顔面外傷、体表外傷を専門とする当科では、外傷患者は非常に多い状況です。特に顔面骨骨折は積極的に手術をする方針としており、手術症例としては多くなっています。鼻骨骨折は、ほとんど全身麻酔下で非観血的整復術を行っており、できる限り元の状態に整復するようにしています。デイサージャリーまたは手術当日一泊入院がほとんどです。頬骨骨折はすべての症例で、生体分解性のプレートを使用し固定しています。眼窩ブローアウト骨折も積極的に手術を行っています。こちらも、生体分解性シートを用いています。骨折の治療では、皮膚切開はさけられませんが、顔面ですので、できる限り創が目立たなくなる用な工夫をして手術をしています。

泌尿器科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 121人 0.07日 2.93日 1.65% 74.52歳 TUR-BT デイ入院
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 105人 1.00日 7.45日 0.00% 69.20歳 前立腺全摘 入院
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 51人 1.00日 6.47日 0.00% 62.78歳 腎部分切除術 入院
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 47人 0.83日 9.06日 44.68% 73.85歳 尿管鏡検査 デイ入院
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 46人 0.22日 3.85日 4.35% 65.13歳 TUL デイ入院

当科のパスでは、膀胱癌は当日入院で内視鏡手術を行い、1-2日目に尿道カテーテルを抜去し、3日目に退院としています。2017年度は在院日数が3日に短縮しました。前立腺全摘除術は全例ロボット(ダヴィンチ)支援によるもので、前日入院し5-7日目に尿道カテーテルを抜去し7-9日目に退院としています。上で記載したように、救急で入院された敗血症を伴う尿路結石にはまず尿管ステントを留置して感染のコントロールを行います。一週間ほどで一旦退院して戴き、状態が落ち着いたらレーザーで内視鏡的に砕石を行います。こちらは4日程度の入院になります。腎癌は7cm以下のものは2014年に保険適用になったロボット支援(ダヴィンチ)で腎部分切除術を行っています。これも1週間程度の入院になります。7cm以上のものや腎血管を巻き込むようなもの、透析腎癌では腹腔鏡で腎摘除術を、さらに大きくて周囲臓器への浸潤が疑われるものや下大静脈内腫瘍血栓のあるものは開放手術となります。

産婦人科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 206人 1.01日 3.33日 0.00% 41.32歳 婦人科ラパロパス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 146人 0.00日 1.00日 0.00% 39.14歳 婦人科円切パス(当日入院)
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 132人 1.07日 3.99日 0.00% 47.89歳 婦人科ラパロ(子宮摘出)パス
K877 子宮全摘術 74人 0.99日 5.54日 0.00% 48.88歳 婦人科開腹手術(子宮摘出)パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 58人 7.33日 6.67日 0.00% 32.98歳 帝王切開パス(当日入院)

産婦人科では、悪性腫瘍の手術を多く行っており兵庫県内でも有数です。しかし手術症例で最も多いのは、卵巣の良性腫瘍、いわゆる卵巣嚢腫の手術です。ほとんどの症例は体への負担の少ない腹腔鏡手術で行っており平均して術後3日目に退院となります。
2番目に多い手術は、子宮頸癌の初期や前癌状態に対して行う子宮頚部円錐切除手術です。この手術は術後1泊の入院となります。
3番目に多い手術は、子宮筋腫などの子宮の良性腫瘍に対する腹腔鏡手術です。術後約3-4日目に退院となります。
5番目に多い手術は、緊急帝王切開手術です。母体や胎児に危険が及ぶような場合に緊急で行うもので術後約6日目に退院となります。
なお、DPC14桁コードは治療内容を細分化しています。当科の実績については診療科別統計も併せてご覧ください。

眼科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 469人 0.47日 1.01日 0.00% 72.03歳 PEA デイ 1泊2日
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 105人 1.07日 5.46日 0.00% 67.02歳 硝子体手術
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 68人 1.12日 4.93日 1.47% 64.21歳 IOL縫着
K2683 緑内障手術(濾過手術) 40人 1.05日 4.78日 0.00% 70.30歳 レクトミー
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 21人 1.38日 4.05日 0.00% 70.10歳 ロトミー

患者の数が多い白内障の手術件数が第1位で、ついで網膜硝子体領域の手術が2位、3位を占めています。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科
Kコード術式名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用
パス名称
K319 鼓室形成手術 112人 1.03日 5.70日 0.00% 41.32歳 鼓室形成術
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 66人 1.06日 4.67日 0.00% 23.11歳 扁桃摘出術
K328 人工内耳植込術 45人 1.18日 4.76日 0.00% 22.96歳 人工内耳手術
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 29人 1.03日 4.10日 0.00% 56.97歳 鼻内内視鏡手術(化膿性副鼻腔炎)
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 27人 1.04日 2.78日 0.00% 62.78歳 ラリンゴマイクロ手術

鼓室形成術112件、人工内耳植込術45件は全国でも有数の手術件数が多い病院です。いずれの手術においても術後5~6日で退院となっており、術後経過が良好であることがわかります。

 

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

平成29年度 その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

【定義】

  • 敗血症等について、医療資源を最も投入した傷病名と入院の契機となった傷病名の同一性の有無を区別して、個々の患者数をカウントし全患者数に対する発生率を記述する。
DPCコード(6桁)傷病名入院契機患者数発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 194人 0.91%
異なる 42人 0.20%
180035 その他の真菌感染症 同一 11人 0.05%
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 136人 0.64%
異なる 17人 0.08%

上記のコードはDPCで高額な点数が設定されており、不適切な請求を避ける目的で厚生労働省が注視しているものです。播種性血管内凝固症候群はショック状態などの重篤な病状の場合、敗血症は感染症や免疫力が低下した患者の場合に続発して発症するものです。当院は三次救急や重篤となった患者の転院を受けているため、これらの病名や手術・処置の合併症の治療を目的に入院加療される場合が多くなっています。