救急医療の充実

救急医療の充実

救急医療の充実

1階に救急病棟をおき、救命救急センターから緊急用エレベータがヘリポートまで直通となりました。

1.救命救急センター機能の充実

1階の「救命救急センター」では、救急専用の病床を1階に集約し、手術対応可能な処置室を用意する等、あらゆる重症患者に迅速に対応できるよう設備を整えております。救急病棟 32床、E-ICU 8床、CCU 6床、第2救急病棟 8床、MPU 8床と充実しております。

また、4階の手術部門は手術室18床のうち1室は救急専用の手術室として確保し、重症・重篤な救急患者を受け入れるために機能を強化しています。

2.施設配置面での工夫

1階フロアに「救命救急センター」とMRIや血管造影装置などがある「映像医学部門」を集約し、救急患者を上下移動させることなく検査を行うこと ができます。また、屋上へリポート、4階「手術部門」、1階「救命救急センター」を結ぶ、直結エレベーターを設置することで、重症・重篤な患者の院内移動をより迅速にできるようになり、救急患者が病院に到着後「検査・診断から治療まで」を迅速に行うことが可能です。

3.ハイリスク分娩への対応

重い妊娠中毒症や早産、ほかの病気を併せ持った妊娠など、命の危険性の高い出産に対応し、母体と胎児の命を守れるよう、新生児や母体・胎児向けの集中治療室(NICU(新生児集中治療室):9床、MFICU(母体・胎児集中治療管理室):6床)、ハイリスク分娩室等を確保するとともに、必要な設備・スタッフを整えることで「総合周産期母子医療センター」の指定を受けました。

1階に救急病棟をおき、救命救急センターから緊急用エレベータがヘリポートまで直通となりました。