What's new!

★NSTimes1月号をUPしました。
 NSTニュースへ
(2018年1月29日)
★NSTimes9月号をUPしました。
 NSTニュースへ
(2017年9月29日)
★NSTimes7月号をUPしました。
 NSTニュースへ
(2017年8月3日)
    


NSTとは

 Nutrition Support Team(栄養サポートチーム)の略で、院内 の栄養療法全体に責任を持ち、また個々の患者さんの栄養に関する専門 のチームです。当院NSTには 専従の職員がいる訳ではな く、持ち寄りパーティ型(potluck party system)と呼ばれる、 各科の医師、歯科医師、各病棟のナース、管理栄養士、薬剤師、臨床検 査技師、理学療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、また医事課、庶務課な どの事務の方々も含めた非常に多職種が本業と兼任で在籍しておりま す。そしてこのチームみんなでコンサルテーションをうけた患者さんの 栄養療法について考え、再評価し、治療していきます。
 具体的には、コンサルトを受けた患者さんの現状を病棟ナースが報告 し、臨床検査技師が検査データを解釈、および必要であれば追加の検査 を提案し、薬剤師が薬剤の影響などをチェックし、医師、管理栄養士 ナースにて栄養療法の方針を決定し、TPN(中心静脈栄養)、 PPN(末梢静脈栄養)の場合は薬剤師が、EN(経管栄養)、 経口栄養の場合は管理栄養士にて栄養投与計画をたて、下痢、消化管運 動低下などがあれば薬剤師にて薬剤を提案し、それを医師が処方する形 で進んでいきます。まさしくチーム医療の典型といえます。

 既に低栄養に苦しんでいる患者さんからこれから大きい手術を行うた めに栄養をよりよくしようという患者さん、現状が非常に厳しいため通 常の栄養投与計画では低栄養に陥る可能性のある患者さんなど対象患者 さんは多岐にわたります。
 また脳梗塞や様々な原因で嚥下障害をお持ちの患者さんには言語聴覚 士、理学療法士、管理栄養士、ナース、 歯科医師、医師より構 成される摂食嚥下サポートチームがよりよい訓練、食事内容を検討しま す。口腔ケアに困難をお持ちの患者さんには歯科医師、歯科衛生士、 ナースを中心とした口腔ケアチームが、褥瘡をお持ちの患者さんには形 成外科医、皮膚科医、WOCナースを中心とした褥瘡対策チームが それぞれ知恵を絞ってケア、お手伝いをさせていただきます。

 栄養療法はすぐに目に見える効果は出ませんが、適切な栄養療法はよ りよい医療のための必要条件です。栄養療法は時には抗生剤代わり、時 にはリハビリの友です。適切なカロリー、適切なアミノ酸/脂質投与、 十分なビタミン、電解質、微量元素という栄養療法なくしては急性期の 患者さんはauto-cannibalismをおこして自分の筋肉を自分自身で 食べてエネルギーを得ますので筋肉が落ちていき、リハビリも進まず、 どんどん弱っていくのです。栄養療法はまさに急性期病院にこそ必要で す。 適切な栄養療法は患者さんのなおる力をサポートします。 すぐに効果が出るわけではありませんが、徐々に患者さんは元気になっ てきます。 また、得てしてTPNで栄養を漫然と投与しがちですが、TPN は感染の確率を高めます。そしてENは消化管の免疫能を保全し、 腸管粘膜を保護し、感染性の死亡率を下げます。絶食期間が長いほど腸 管粘膜は菲薄化します。そして経管、経口投与の開始時に苦労する事に なります。できるだけ早く消化管を使いだし、できるだけ早く経口摂取を開始し ましょう。

 ただ、本当にその対象となった患者さんが経口投与が可能かどうか見 定めなければなりません。まず、きっちり口腔ケアしていただき、万が 一の誤嚥でもできるだけダメージか軽いようにしておきます。その上で 各病棟での嚥下ナースによる嚥下評価、それで不安があれば摂食嚥下サ ポートチームによる嚥下評価、訓練を行っていきます。 また、褥瘡に対しても栄養、微量元素の必要性は論を待ちません。褥瘡 は全身病です。また、慢性閉塞性肺疾患の患者さんに対する栄養必要量 などもまだ十分な認識を得ていません。呼吸療法リハビリに十分な栄養 は必須です。此のように栄養療法の必要性は病院中に転がっています。

 当NSTは摂食嚥下サポートチーム、口腔ケアチーム、褥瘡対策 チームを有しており、協調しながらそれぞれの患者さんに最適な栄養療 法を供して行きたいと考えています。 またNSTとは別チームになりますが、当院でPEG(経皮的胃 ろう)チームが最近活動を開始され、今後必要な患者さんには迅 速なPEGの造設も可能となりました。PEGはよく誤解されま すが、摂食嚥下に問題がなければPEGがあっても経口摂取、入浴 は可能です。経管栄養を長期にわたってされる患者さんに経鼻胃管などで続けるのに 比べ、PEGで栄養を投与すると、鼻、喉の違和感もなく、嚥下訓 練も行いやすく、栄養投与量も上が り、ベッドに横にならねばならない時間も少なくすみ、経管栄養と比べ て利点は明らかです。今後より広まっていくことが予想されます。

 当院には各職種に日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)認定の栄養 療法士がおり、摂食嚥下認定ナース、WOCナースが在籍してお り、今後さらに増えていく予定であり、患者さんのためによりよい栄養 投与に努力していきます。またTotal Nutrition Therapyを受講 した医師も多数在籍しており、できるだけ多くの方々とともに、チーム として一丸となり患者さんによりよい栄養療法を提供していきたいと 思っております。

                     NST Chairman   東別府直紀

chairmanの写真 天使

神戸市立医療センター中央市民病院 〒650-0047 神戸市中央区港島南町2丁目1-1 Tel. 078(302)4321 Fax. 078(302)7537