.


経皮的動脈血酸素飽和度 (SPO2)


経皮的動脈血酸素飽和度 (SPO2) とは?

 SpO2とは、血液中にどの程度の酸素が含まれているかを示します。SpO2 の S は Saturation (飽和), P は Pulse (脈), O2 は酸素を示しています。血液中には酸素を運ぶヘモグロビンがあります。SpO2 は、血液中(動脈)の多くのヘモグロビンの何 %が酸素を運んでいるかを示しています。正常値は96 %以上、95 %未満は呼吸不全の疑いがあり、90 %未満は在宅酸素療法の適用となります。SpO2 は、パルスオキシメータという簡易装置を用いて測定します。


パルスオキシメータとは?

 パルスオキシメータは、1974 年に青柳卓雄博士により発明された方法です。この方法は、指先に光センサーを付けて組織を透過する光を分析して、ヘモグロビンが酸素と結合している割合 (酸素飽和度) を求めます。ヘモグロビンは、酸素と結合していないときには赤色を吸収し、酸素と結合しているときには赤色をあまり吸収しません。この性質を利用して、血液中のヘモグロビン内にどれだけ酸素を含んでいるかを測定でき、SpO2 を知ることができます。パルスオキシメータには、指をクリップに挟むだけでSpO2簡単に測定できる利点があります。


(パルスオキシメータの器機の1例)



どのような疾患の有用なの?

 SpO2 測定は、在宅酸素療法の適用や睡眠時無呼吸症候群の診断などに用いられる簡易検査法です。とくに最近では、睡眠時無呼吸症候群の検査に用いられています。睡眠時無呼吸症候群は、Sleep Apnea Syndrome(SAS)と呼ばれています。
 SAS は、睡眠障害の一つであり深い眠りがとれないために日常生活に支障をきたし、居眠り運転による交通事故や学生の勉強能率の低下などの原因としても注目されています。SAS の定義は、「睡眠中に10秒以上の呼吸停止状態を無呼吸といい、一晩 (7時間) の睡眠中に30 回以上の無呼吸、または1時間あたり5回以上の無呼吸があること」とされています。SAS にはいくつかの種類があり、上気道の閉塞に起因すると考えられている閉塞型、呼吸中枢の機能低下が関与しているとされている中枢型、及びこれらが混在する混合型があります。SASは、肥満者、高齢者、顎が小さいもしくは下あごが下がっている男性に多くみられます。



検査の実際

外来患者様に以下の操作をお願いすることがあります。

(測定開始)

1) 就寝前に器械を手指に装着して下さい。
2) 指側の発行部が爪の根元に当たるように装着して下さい。
3) 指の絵が爪側になるように装着します。
4) 電源 (POWER) と書かれた緑色のボタンを押して下さい。
5) 画面上に数字が表示され、数秒後に測定が開始されます。
(測定終了)
6) 電源 (POWER) と書かれた緑色のボタンを押して下さい。
7) 画面の表示が消えますが、記録は保存されています。


注意して頂くことは?

器械の破損の原因になりますので、器械が水分に触れないようにお願いします。



心肺機能検査トップページ


臨床検査技術部トップページへ