本文へスキップ

臨床検査技術部のオリジナルサイトです。

検査予約の取り消しや変更は下記までご連絡ください。 

検査予約変更センター(受付時間:月~金 13時~17時)
℡ 078(302)4520

検査部タイムズバックナンバー

◆◆特集第20号◆◆        

血液培養検査について
              微生物検査室  野上 美由紀


血液培養検査は、血液中の菌の有無や菌の種類を調べる検査です。
血液は通常無菌状態ですが、菌が検出される場合は重篤な感染症につながる可能性があり、注意が必要です。

1. 血液培養検査の目的
 本来、無菌状態である血液から菌が検出された場合、検出された菌の薬剤感受性検査を行うことにより、
適切な抗菌薬を選択することができます。 菌にもたくさんの種類、性質があり、それらの違いによって
治療で使用すべき抗菌薬が異なってきます。 原因となる菌はグラム陽性球菌(ブドウ球菌、レンサ球菌等)、グラム陰性桿菌(大腸菌、緑膿菌等) 、真菌など様々です。

2. 菌血症と敗血症
血液中に菌が証明されると菌血症と言い、その菌が原因で引き起こされる全身性炎症反応症候群を敗血症と言います。

全身性炎症反応症候群 systemic inflammatory response syndrome SIRS とは 発熱や白血球増加などの
全身の炎症の徴候によって特徴づけられる病態(SIRSの診断基準に合致する病態)です。
 SIRSの診断基準
   下記項目のうち2項目以上が当てはまる場合
   ① 体温>38℃ または <36℃
   ② 脈拍>90回/分
   ③ 呼吸数>20回/分または PaCO2<32mmHg (PaCO2;動脈血炭酸ガス分圧)
   ④ 末梢白血球数>12,000/ul または<4,000/ulあるいは 未熟な桿状核球 10%以上

3. 血液の採取


 左:好気ボトル・右:嫌気ボトル 採血量10ml      小児用ボトル 採血量3ml

菌には酸素を好む好気性菌と、酸素を嫌う嫌気性菌がいるので、好気ボトルと嫌気ボトルに採血します。  菌の検出率を上げるためと、起炎菌とコンタミネーションとの判断をし易くするため、好気・嫌気ボトルを1セットとして通常2セット採血します。      
菌の検出率は、セットの数により以下のように違いがあります。

 1セット:73.2%
 2セット:93.9%
 3セット:96.9%

このようにセット数が多いほど菌の検出率が上がります

4. 培養

     血液培養ボトルを培養機器にセットし、7日間培養します。


     菌が発育し培養陽性になったら、赤いランプが点灯します。

培養陽性になった時点で、鏡検や菌名の同定・薬剤感受性検査に進みます。

5. 同定・薬剤感受性検査
① 血液培養.陽性になったら、まずグラム染色をして鏡検します。 
見えた菌によって、 “ブドウ球菌の疑い”、“腸内細菌の疑い”など鏡検の結果を主治医に報告します。 鏡検で見えた菌に応じて、迅速法の薬剤感受性検査を行います。 血液寒天培地、チョコレート寒天培地、マッコンキー寒天培地などで培養します。


② 迅速法により菌名を同定し、薬剤感受性検査を行い主治医に中間報告をします。
【血液寒天培地】

菌による見た目の違いや、簡易テスト、感受性で判断します。

【ミュラーヒントン培地】

薬剤に効果があると阻止円(菌の生えない輪っか)ができる。その大きさを測定し判定します。

③ 分析機器や同定キットにより菌名を同定し、薬剤感受性検査を行い主治医に最終報告をします。

          分析機器             同定・薬剤感受性検査を同時に判定

6. まとめ
 血液培養陽性になった場合、非常に重篤な状態に陥る事があります。血液培養陽性になり鏡検で菌を認めた時点で主治医に第一報を入れます。 迅速法での同定・薬剤感受性検査の結果が出たら中間報告をし、詳しい同定・薬剤感受性検査の結果が確定したら最終報告をするというように、 その時点で分っている情報を迅速に主治医に提供するように努めています。
 血液から菌が検出される原因は、感染性心内膜炎や尿路感染症などがあります。 迅速で正確な検査を行うのはもちろんですが、その感染巣や感染源の特定に関わる検査結果についても可能な限り情報提供をするように心がけています。

検査部ニュース

------学術関係報告---------

【学会報告、講演】
1.松下隆史、香原美咲、中村真実子、浜田一美、佐々木一朗、幸原伸夫:脛骨神経F波最小潜時と脛骨神経体性感覚誘発電位(SEP)P40との相関-F波最小潜時からみたP40の予測-.第46回日本臨床神経生理学会 学術大会,福島,2016.10.27

2.杤尾人司、(森恵里子)、荒木直子、岩崎信広、簑輪和士、占野尚人、鄭浩柄、杉之下与志樹:超音波検査が有用であった食物残渣が充満した食道憩室(Zenkar憩室)の一例  日本超音波医学会第43回関西地方会学術集会, 大阪, 2016.10.29

3.松下隆史、岩崎信広、佐々木一朗、杤尾人司、江藤正明、鄭浩柄、杉之下与志樹、猪熊哲朗、大西栄次郎、今井幸弘:大腿神経原発後腹膜神経鞘腫の一例  日本超音波医学会第43回関西地方会学術集会, 大阪, 2016.10.29

4.田中佑果、登阪貴子、岩崎信広、佐々木一朗、杤尾人司、簑輪和士、鄭浩柄、杉之下与志樹、猪熊哲朗、島田誠一:超音波検査が有用であった卵巣滑脱ヘルニアの一症例  日本超音波医学会第43回関西地方会学術集会, 大阪, 2016.10.29

5.岩崎信広、シンポジウム「腹部超音波検査の進歩と新たなる展開」;消化管超音波検査の原石-“initial 5 minutes” Ultrasonography in the gastrointestinal desease- 日本超音波医学会第43回関西地方会学術集会, 大阪, 2016.10.29

6.香原美咲, 岩崎信広, 佐々木一朗, 杤尾人司, 杉之下与志樹, 鄭浩柄, 猪熊哲朗:異なる臨床経過をたどったGVHD腸炎の2例. 日本超音波医学会第43回関西地方会学術集会, 大阪, 2016.10.29

7.山本駿,太田光彦,紺田利子,角田敏明,菅沼直生子,野本奈津美,大畑淳子,谷知子,加地修一郎,古川裕:消化管の解剖学的位置異常に心エコー図検査が有用であった一例. 日本超音波医学会第43回関西地方会学術集会, 大阪, 2016.10.29

8.田代章人、井本秀志、森田明子、尾松雅仁、上原慶一郎、今井幸弘:好中球に中毒顆粒を認めG-CSF産生が示唆された転移性腫瘍の1例.第55回日本臨床細胞学会秋期大会、大分、2016.11.18.

9.丸岡隼人:造血器腫瘍における遺伝子検査 ~検査の原理と臨床的有用性について~. 奈良県臨床検査技師会・日本染色体遺伝子検査学会合同研修会, 奈良県, 2016.12.10


あとがき

寒さもゆるみ暖かくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
この時期、ウイルスなど目に見えない菌や花粉と戦っている方も少なくないことでしょう。ここで免疫力を上げる方法をいくつかご紹介したいと思います。
〇笑う
〇軽い運動をする
〇良い睡眠をとる
〇乳酸菌をとる
〇免疫力の上がる食事をとる (ブロッコリー、にんにく、納豆、きのこ、大根など)
これらを参考にして、免疫力アップを実践してみて下さい。

3月は別れの季節、4月は出会いの季節とこれから生活や仕事においても大きく変化が生じてきます。皆様
健康に気をつけて4月からの新生活も頑張っていきましょう!

神戸市立医療センター中央市民病院神戸市立医療センター中央市民病院

〒650-0047
神戸市中央区港島南町2丁目1-1
[地図]
Tel. 078(302)4321
Fax. 078(302)75370

クリニック案内 - ビルダークリニック