本文へスキップ

臨床検査技術部のオリジナルサイトです。

検査予約の取り消しや変更は下記までご連絡ください。 

検査予約変更センター(受付時間:月~金 13時~17時)
℡ 078(302)4520

検査部タイムズバックナンバー

◆◆特集第17号◆◆        

採血室の紹介
              採血室 川井 順一


【はじめに】
採血には痛みを伴いますが、患者さんから採血された血液から得られる情報は病気の診断や、病状の把握にとても役立っています。
今回の「TEKARI」では、当院の外来採血室をご紹介します。

【当院外来採血室の概要】
●当院の外来採血室は、7ブースあり、スタッフ7名および事務スタッフ1名で採血業務を行っています。
●スタッフは、国家資格を有する「臨床検査技師」と「看護師」で構成されています。
●採血件数は、一日に500~700件の採血を行ない、多い日には800件を超える場合もあります。

【採血を受けられる患者さんへのお願い】
合併症や医療事故防止のため、以下の項目を確認致しますので、該当する方は採血前にお申し出ください。

●採血時に気分が悪くなったことがある。
●アルコール、紙テープ(サージカルテープ)、手袋(ラテックス)でかぶれやすい。
●血が止まりにくい(血液をサラサラにする薬を飲んでいる)。
●人工透析をしている(シャント側の腕を避けて採血します)。
●化学療法の点滴やCT検査など造影剤の注入を予定している。
●治験目的などでポートの植え込みをされている。

その他採血に関して不安があるなど、気になることは何でも相談してください。

【当院外来採血の実際】
当院外来採血室の実際の流れを紹介します。
1. 検査受付
① 受付は、自動受付機、あるいは受付Cカウンター(Cブロック受付)にて行います。
 *自動受付機による受付は、午前7時30分より開始します。
 *受付Cカウンターの受付は、午前8時15分より開始します。受付終了時間は午後5時30分です。
 *採血開始時間は、午前8時30分より開始します。
② 自動受付機に診察券を通していただき、メッセージにしたがって操作してください。
③ 受付番号票や採尿コップ(医師からの依頼があれば自動で出てきます)を取ってください。
④ 最後に、診察券を取ってください。
 *受付番号票に「受付Cカウンターへお越し下さい。」(図1)が印刷されたときには、
  確認したいことがありますので受付Cカウンターまでおまわりください。


2. 採血室中待合への入室
① 電光掲示板に受付番号票の番号が表示されましたら、採血室中待合にお入りください。
 *採血をスムーズに行うため、あらかじめ肘が出るところまで衣服の袖を上げておいてください。
② 中待合に入られましたら、採血ブースの上にあります電光表示板に受付番号票の番号が表示されるまで、
 椅子に座ってお待ちください。
③ 順番がきましたら、採血ブースから電子音が鳴り、電子音声にて患者さんの誘導メッセージが流れます。
 (注意)気分が悪い方や検査の内容により優先的に採血を行う場合があります。
     そのような場合には順番が前後することがありますので、ご理解、ご協力をお願いします。
④ 採血ブースの上にあります電光表示板と受付番号票の番号が一致するところ(図2)に、
 荷物を置いてお座りください。


3. 採血前の本人確認
採血室では、採血を安全かつ間違いなく行うためにご本人確認をさせていただいています。
① 採血ブースの椅子に座られましたら、受付番号票をスタッフに渡してください。
② 採血担当者は患者さんご自身でお名前を名のってください。ご協力をお願いします(図3)。


4. 採血
① 採血前の準備
a. 患者さんは、背筋を伸ばして椅子に座っていただきます(図4)。
(理由)姿勢を伸ばすことで血管が拡張して、血管を確認しやすくなります。
           杤尾人司.“正対し、背筋を伸ばした姿勢”から.検査と技術 vol 43, p.673, 2015   


b. 採血するときには、親指を中にして握っていただきます(図5)。
(理由) 静脈の血流量が増えることで血管が拡張して、血管を確認しやすくなります。


*この他、手指を温める、手を下にしばらく下していただくなどお願いすることがあります。
 また、水分をしっかり取って頂いたり、採血時にリラックスして頂くと血管がわかりやすくなります。

●ベッド採血希望の患者さん
 ご気分がすぐれないとき、失神やめまいを起こした既往がある患者さんは、
 ベッド上で採血いたしますのでお申し出下さい。
●車椅子の患者さん
 車椅子の患者さんは、車椅子に座ったまま対応させていただきますので、
 そのまま該当のブースでお待ち下さい。

② 穿刺(せんし)
a. 当院の採血室では、原則として全例に翼状針(図6)を使用します。


b. 採血で使用する手袋は、患者さんごとに新しいものに交換し、感染防止対策に努めています。

c. 皮膚の消毒は、通常はアルコール綿を使用します。アルコールでかぶれなどがある患者さんは、スタッフにお申し出ください。 アルコールの入っていない消毒薬(ヘキシジン)を用います(図7)。
ただし、ヘキシジンの消毒効果を高めるため、30秒~60秒間かけて消毒をします。


d. 通常は、肘部の表在静脈から採血しますが、両側の肘が採血不能な場合には、
 手背など他の血管から行います(図8)。


e. 検査に使うための採血量では、通常貧血にはなりません。

f. 採血後の血液が量不足であったり、検査に不適(溶血や凝固)であったりした場合、
 まれに再度採血をお願いすることがあります。ご理解、ご協力をお願いします。

③ 採血後
a. 採血終了後、乾綿で穿刺部位を圧迫止血し、紙テープを貼付します。
 紙テープでかぶれるなどの既往がある方は事前に申し出て下さい。

b. 患者さんは、採血後5分程度、採血部位をもまずに圧迫止血して下さい(図9)。

c. 採血部位をもんでしまうと止血を阻害し、内(皮下)出血して採血部位が青くなることがあります。



d. ワーファリンなど血液をさらさらにするお薬を内服中の患者さんは、10分間以上圧迫止血して下さい。

【採血の合併症】
医療従事者が行う採血行為の安全性は高いです。
しかし、ごくまれに採血時に以下のような合併症をもたらすこともあります。

a. 内(皮下)出血 採血部位の圧迫止血が不十分だったり、採血部位をもんだりすると、
 採血部位が青くなったり、腫れたりすることがあります。内出血は、通常は数日~数週間で体内に
 吸収されます。もし、内出血しているところが広がったり、腫れ、痛みが持続している場合は
 採血室スタッフにお申し出下さい。

b. 神経損傷 採血後に、手指へ拡がる痛み、しびれなどが生じ、一定時間が経過した後も持続することが
 あります。もし、手指に痛みやしびれが持続している場合は、採血室スタッフにお申し出ください。

c. 失神・めまいなど 採血時の失神やめまいは、迷走神経反射が原因とされています。
 採血に対する緊張や不安により生じると考えられています。症状としては、顔面蒼白、気分不快、
 動悸などの症状が現れます。採血時に気分が悪かったり、失神やめまいを起こした既往がある
 患者さんは、ベッド上で採血いたしますのでお申し出下さい。


【最後に】 採血によって患者さんの痛みを伴うことは、採血スタッフ一同痛感しております。
 また、採血がうまくいかず、患者さんにはご迷惑をかけるケースも時にはあります。
 採血をする側としては、できるだけ患者さんに痛みが少なく、早く採血したいと心がけています。
 ご理解、ご協力をお願いします。

検査部ニュース

------学術関係報告---------

【論文発表】
1. 杤尾人司:教科書には書いていない採血のコツ⑨:痛みを最小限にする穿刺法、
 検査と技術43:1305, 2015
2. 杤尾人司:教科書には書いていない採血のコツ10:”あ、逆血がない”,,,穿刺失敗時の原因と対処、
 検査と技術44:47, 2016
3. 杤尾人司:教科書には書いていない採血のコツ11:”あっ、血が止まった” その時、どうする?
 検査と技術44:217, 2016
4. 杤尾人司:教科書には書いていない採血のコツ12:血管迷走神経反射(VVR)回避法「患者を笑顔に」
 検査と技術44:427, 2016

【学会報告、講演】
1. 香原美咲:USにて腫瘤形成性膵炎を疑った膵癌の2例.
 第106回 腹部オープンカンファレンス, 神戸, 2015.12.03
2.丸岡隼人:遺伝子変異解析の基礎.日臨技近畿支部 遺伝子部門研修会.京都.2016.01.23
3.野本奈津美, 太田光彦, 紺田利子, 川井順一, 角田敏明, 菅沼直生子, 中嶋正貴, 山根崇史, 谷知子, 古川裕:
 術中経食道心エコー図にて二尖弁が疑われた高度大動脈弁狭窄症に対し経カテーテル的大動脈弁植え込み
 術を施行した一例. 第82回神戸臨床心エコー図研究会, 神戸, 2016.1.30
4.佐々木一朗:法的脳死判定.第9回脳波筋電図セミナー 関西脳波筋電図研究会.京都.2016.01.29
5.佐々木一朗:誘発電位ハンズオン.第9回脳波筋電図セミナー 関西脳波筋電図研究会.京都.2016.01.29
6.奈須聖子,竹川啓史,内藤拓也,﨑園賢治:当院における過去10年間の血液培養検査の解析.
 第27回日本臨床微生物学会総会・学術集会.宮城・仙台,2016.1.30
7.竹川啓史:ワ-クショップ院中八策 ~よりよい微生物検査の報告を目指して~ 真菌検査,
 第27回日本臨床微生物学会総会・学術集会,宮城・仙台.2016.1.30
8. 田代明人,井本秀志, 森田明子, 尾松雅仁,上原慶一郎,今井幸弘:好中球に中毒性顆粒を認め、
 G-CSF産生が示唆された転移性腫瘍の1例.第32回兵庫県臨床細胞学会総会,神戸,2016年3月5日
9.丸岡隼人:フローサイトメーターを用いた検査についての質疑応答.
 BD FACSTM クリニカルソリューションセミナー in 京都 2016,京都,2016年3月19日
10. 岩崎信広、他、メッケル憩室の超音波像について.131回大阪超音波研究会、大阪、2016年3月9日
11. 宮本淳子,谷知子,紺田利子,藤井洋子,川井順一,角田敏明,菅沼直生子,野本奈津美,太田光彦,
 金基泰,古川裕:「重症大動脈弁狭窄症の種々の病態における左房機能について-経胸壁心エコー図に
 おける検討」第80回日本循環器学会学術集会,仙台,2016.03.18-20

あとがき

 桜もちらほら咲きはじめたこの時期、今年も何時ものように別れと出会いがあります。
当検査部でも、長年検査部の為に尽くしてこられた3名の定年退職者がいらっしゃいます。
何時もおおらかで明るく、落ち込んでいるときには『なんとでもなるわよ!』と元気を与えてくれ、
また、仕事のスキルを上げるためには手を抜かず勉強する姿勢を示してくれた先輩。
何時も出た結果に安易に妥協せず、少しでもおかしいと思えば原因をとことん追及する姿や、
子育ても仕事も一生懸命続けていく道筋を示し、検査技師としてだけでなく一人の女性としても目標だった
先輩。私が新人の時初めての業務を一緒に組み『ケンサ』の『ケ』の字から教えていただいた検査の師匠。
どの方とも別れ難く、居なくなられると思うと心もとなく不安になります。

 3人の先輩達からは、本当に書ききれないほどの沢山のことを、言葉だけでなくその後ろ姿で教えていただきました。特に師匠には、今の私の検査技師としての原点の形を作っていただいたと思っています。
検討の仕方、データーの読み方、発表の仕方などは勿論ですが、そういった形のあるものだけではなく、
『常に回りを見ろ』『状況を読め』『一歩でも二歩でも先のことを考えて動け』といった、
自分自身の在り方を教えていただきました。まだまだ師匠の域に達するには程遠く、毎日反省と後悔の繰り返しですが、常に師匠の言葉を胸にし少しでも尊敬する師匠に近づけたらと思っています。

 4月になれば、また新しい出会いの人達が来ます。彼らが、私と同じ様に素晴らしい先輩達に巡り合い、
検査技師として、一人の人間として大きく成長してくれることを期待します。( A.T)
 

神戸市立医療センター中央市民病院神戸市立医療センター中央市民病院

〒650-0047
神戸市中央区港島南町2丁目1-1
[地図]
Tel. 078(302)4321
Fax. 078(302)75370

クリニック案内 - ビルダークリニック