退院・転院支援の早期実施について(お願い)

退院・転院支援の早期実施について(お願い)

患者さんへ

新型コロナウイルス感染症でご入院されている患者さん・ご家族の方へ

この度の入院に際しまして、病気に対する不安や隔離の中での療養について心よりお見舞い申し上げます。

さて、新型コロナウイルス感染症の隔離解除基準は、厚生労働省により規定されていますが、当院に入院された方の多くは、この基準を満たしてもすぐにご自宅に帰れる状況になく、薬物療法や呼吸療法などを継続しながらのリハビリテーションが必要となっています。

一方で、神戸市における新型コロナウイルス感染症の新規発生数は依然として高い水準にあり、入院調整中の自宅待機者も多数おられる状況で、当院の新型コロナウイルス感染症対応の病床は満床状態が続いています。

このような状況から、一人でも多くの患者さんを受け入れて治療を開始するため、新型コロナウイルス感染症で入院された患者さんには、早い時期から退院・転院についての支援を開始させていただきます。

また、転院が可能と判断した段階で、地域の医療機関等との連携のもと、他院での治療の継続をお願いすることがありますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

転院などについてのご相談は、地域医療推進課にお問合せ下さい。

神戸市立医療センター中央市民病院
院長 木原 康樹
担当 地域医療推進課