メインコンテンツに移動

放射線治療センター

カテゴリ_メインビジュアル

放射線治療センター

放射線治療センター

当院の放射線治療センターは高精度放射線治療装置3台を有し、あらゆる悪性腫瘍を対象に通常の外照射から強度変調放射線治療(IMRT)、定位放射線治療(ピンポイント照射)などの高精度治療まで幅広く治療を行っています。2008年に開設後は治療件数も年々増加し、年間新規患者数約600人の治療を行っています。

放射線治療センターのスタッフ

現在、放射線治療医6人(放射線治療専門医4人)、放射線治療専任技師8人、専従医学物理士1人、看護師3人(がん放射線療法看護認定看護師 1人)で治療にあたっています。私たち放射線治療スタッフは、チームで患者さんの放射線治療が上手く進むために全力でお手伝いをしたいと考えています

放射線治療について

放射線治療は、手術、薬物療法(抗がん剤治療)と並ぶがんの3大治療法の1つです。単独で行われることもありますが、局所に進行した腫瘍では手術や薬物療法など他の治療法と組み合わせた、いわゆる集学的治療法のひとつとして放射線治療が広く行われています。また、放射線治療は根治療法のみならず、骨転移の疼痛緩和など対症療法としても有用です。副作用の程度が他の治療法と比べて軽いことが多く、合併症や体力低下により手術や薬物療法に耐えられない患者さんにも広く適応できる治療法です。

放射線治療の流れ

  1. ① 受診
  2. ② 治療計画
  3. ③ 放射線治療
  4. ④ 経過観察

以下に詳細な内容をお示しします。(治療内容により手順が若干異なります)

放射線治療機器

放射線治療機器

当科では、放射線治療の世界でグローバルスタンダード(世界標準機)ともいわれるバリアン社のClinac iXを3台有しています。世界が認めた高精度・高出力機であり、様々な高精度放射線治療に対応しています。また、腔内照射用のマイクロセレクトロンHDRも有しています。

放射線治療効果の例

症例1

  • 80歳代女性
  • 胸腺がんに対して放射線治療(IMRT 66Gy/33fr)を施行
  • 抗がん剤併用は難しく、放射線治療のみで治療
  • 1年後、腫瘍はほぼ消失し、再発なく経過良好
治療前治療前の画像
治療前治療後の画像

症例2

  • 70歳代男性
  • 局所進行下咽頭癌に対して放射線治療(IMRT 70Gy/35fr)を施行
  • 抗がん剤としてシスプラチンを併用
  • 治療後腫瘍は消失し、1年半後も再発なく経過良好
治療前
治療前
治療前治療前の画像
治療前治療後の画像

放射線治療Q&A

放射線治療の照射回数と照射線量は患者さんの疾患により大まかには決まっており、治療効果・副作用などを考慮し、放射線治療科の初回診察日に担当医と相談して細かい内容を決定します。治療が始まってからの回数や線量の変更は基本的には行いませんが、患者さんの健康状態や個々の事情により変更になることもあります。照射線量や照射回数に質問がある場合には、お気軽に放射線治療スタッフにお尋ねください。

放射線を腫瘍に対して照射していますが、がん細胞のみが照射されているわけではありません。CTなどの画像上に腫瘍は認めなくても、微小な腫瘍の存在が疑われる場合にはその領域に照射することもあります。また放射線の性質上、腫瘍に放射線を照射した場合、どうしても周囲の正常臓器にもいくらかの放射線はあたってしまします。照射方法を工夫することでできるだけ正常臓器には放射線をあてないようにしますが、放射線による副作用が将来的に予想される場合には事前に説明致します。

定位放射線治療と呼ばれる治療で、患者さんを治療用のシェルなどでしっかり固定した後、様々な方向から腫瘍に集中させて放射線を照射する方法になります。腫瘍への放射線集中性が向上するため、1回高線量での照射が可能となっており、高い局所制御が得られます。

その一方で照射範囲が腫瘍局所にとどまるため、周りにあるかもしれない眼に見えないような癌細胞の制御は不得手です。定位放射線治療ではなく通常の放射線治療の方が適している疾患も多いです。当院では主に脳転移や肺癌、肝臓癌や脊椎転移に対して定位放射線治療を施行しています。

定位放射線治療には当院の治療装置であるClinac iXやガンマナイフやサイバーナイフといった装置が使われ、装置ごとに得手不得手があります。腫瘍の大きさや形状によって当院での治療が不向きであると考えられる場合は積極的に他の治療装置を持つ施設へ紹介しております。

当院にはありません。ただ、ガンマナイフもしくはサイバーナイフが適していると考えられる症例は積極的に該当装置を有する施設(神戸低侵襲がん医療センターなど)に紹介しております。

疾患や腫瘍の存在する部位によって異なります。放射線を外から照射する治療の中には当院で行っているX線を用いるものと粒子線(重粒子線・陽子線)を用いるものがあります。粒子線はX線と放射線の進み方や放射線自体の強さが異なるため、疾患や腫瘍の部位によってはより高い治療効果や、副作用を少なくすることが期待できます。ただ、X線の方が適しているような疾患も多く、必ずしも粒子線が優れているというわけではありません。また、粒子線治療が保険適応となる疾患は限られています。当院では粒子線治療が適していると考えられる症例は積極的に粒子線治療可能な施設に紹介しております。

当院では行っておりません。当院での放射線治療はX線を用いて行っております。ただ、粒子線治療が適していると考えられる症例は積極的に粒子線治療可能な施設(神戸陽子線センターなど)に紹介しております。