部長あいさつ

神戸市立医療センター中央市民病院 看護部

部長あいさつ

院長補佐・看護部長 山森みどり

神戸市立医療センター中央市民病院
院長補佐・看護部長
山森 みどり

「断らない救急医療」をモットーに
私たちは「命を尊び助けること」へ
強靭な思いで臨んでいます。

皆さま、はじめまして。神戸市立医療センター中央市民病院看護部を代表し、看護部長として私たちの病院・看護部の紹介をさせていただきます。

神戸市立医療センター中央市民病院は、1924年の開設以来「市民の生命と健康を守る」というミッションのもと、公的病院としてその役割を果たしてきました。約90年の歩みのなかで、社会環境の変遷に配慮しながら、病院職員は、ミッションをその時代における最善の患者サービスとして提供する努力をしてきました。一方で、医療の専門性を追求し、進取の精神で新しいことにもチャレンジしてきました。

現在、当院は、神戸市医療産業都市区において「救急医療」「高度先進医療」「災害医療」といった本格的な急性期病院として、神戸市の枠を越え、関西医療圏からも患者さんを受け入れています。また臨床研究にも力を入れています。

このような当院の実績には、看護部の力が大きく貢献しています。

「断らない救急医療」をモットーに、私たちは「命を尊び助けること」へ強靭な思いで臨んでいます。急性期医療の病院だからこそ、病院を訪れる患者さんに「心の安寧」にこだわり、快適で安全な生活環境や療養生活支援を心がけています。また、医師や多職種との連携調整を図り、患者さんが急性期を乗り越えた後の生活の営みも意識し、QOLの向上につながる、その患者さんの看護を生み出し実践することを目指しています。このような気風は、ナースの主体的な学び、看護部の教育プログラムや日常のさまざまなチーム医療活動につながっています。今後の地域医療構想計画においても、当院看護部として積極的に参画し、開設以来のミッションを全うしたいと思います。

時に急性期医療を担う病院であるがゆえ、命の尊厳と関係する人々の価値観の狭間で苦悩する日々もあります。しかし、それは、この病院を訪れる人々、この病院で働く人々たちが織りなすドラマです。毎日が人としての生き方を実感するRealityがあり、私たちも自分たちの生き方に示唆を得ながら、私たちがすべき看護は何かを問い続けていくでしょう。働きやすい環境づくり、それぞれのナースが“看護している”充実感や楽しさを得られ、また多くの方々から信頼と満足が得られるような看護部であり続けられるよう、スタッフの力を結集しさまざまなドラマを創っていきたいと思っています。