生理検査

神経生理検査部門

末梢神経系と中枢神経系の神経生理検査と頭頚部血管系の超音波検査を行っています。機能検査は脳波検査、神経伝道検査、誘発電位検査 (聴性脳幹反応、体性感覚誘発電位、視覚誘発電位)、針筋電図検査です。神経生理検査は末梢神経や中枢神経に刺激を与え、神経の電気活動を応用して神経機能を評価する検査法です。近年、この手法を用いた術中神経モニタリングが行われるようになってきており、当検査室でも術中麻酔下で脳機能、脊髄機能をリアルタイムにモニタリングを行い、神経機能温存を目指した手術での要望に応えています。また、人工内耳埋め込み術後の聴覚神経経路の確認のためE-ABRも行っています。

検査項目

神経伝導検査(NCS)
  1. 運動神経伝導検査(MCS,F波)
  2. 感覚神経伝導検査(SCS)
  3. 反復刺激試験
  4. 磁気刺激検査
大脳・脳幹誘発電位
  1. 聴性脳幹反応(ABR)
  2. 体性感覚誘発電位(SEP)
  3. 視覚誘発電位(VEP)
その他誘発電位
  1. 瞬目反射
  2. 磁気刺激運動誘発電位
術中神経モニタリング(IOM)
脳波検査(EEG)
終夜睡眠ポリソムノグラフィ(PSG)
頚動脈超音波検査
経頭蓋脳血管超音波検査