業務内容

血液浄化センター


血液浄化センター

検査や処置のための入院や、これから維持透析を導入される患者さんの透析を行っています。入院中の透析を安全かつ適切にコントロールするために、治療からスケジュール管理、機器のメンテナンスまで幅広い業務を行っています。また、血液浄化療法として従来の内服薬や注射薬だけではコントロールの困難な疾患や病状に対し、血液を一旦体外に循環させて、血漿中に存在する病気の原因となる物質を直接除去した血液を再び体に戻し、疾患や病状の改善を目的とした治療法を行っています。

手術室


手術室での業務

手術室では主に、大動脈疾患、虚血性心疾患や弁膜症の手術における開心術時の体外循環装置及び周辺機器の操作を行っています。また、手術関連機器の保守点検を行い、医療安全の向上に努めています。

循環器業務

循環器領域では、最新の技術を駆使して様々な不整脈や虚血性心疾患の治療が行われています。臨床工学技士はこれらの治療の中で使用される治療機器や検査機器の操作、保守管理を行い、常に安全に使用出来るように努めています。不整脈の治療ではペースメーカー、植込み型除細動器、心臓カテーテルアブレーションにおける心内心電図記録装置をはじめとする様々な機器の操作を行っています。虚血性心疾患の治療においても経皮的冠動脈インターベーション(PCI)中における血管内画像診断装置(IVUS、OFDI)の操作を行っています。また緊急時には循環動態を確保する経皮的心肺補助装置(PCPS)や大動脈内バルーンパンピング(IABP)の迅速な導入を補助する等、あらゆる医療機器の操作に習熟し医療の質への貢献を行っています。


OFDI

心内心電図記録装置

集中治療業務

集中治療・急性期の分野において、医療機器はなくてはならない存在となっています。

腎機能の代行 「血液透析」「持続的濾過透析療法」
肝機能の代行 「血漿交換」
心機能の補助 「PCPS」「IABP」
呼吸機能の補助 「人工呼吸器」「ECMO」

臨床工学技士は、これらの医療機器の操作や保守管理、治療効果を引き出す為の設定の提案等を行います。


ICU Round

中央医療機器管理部門

医療機器管理

生命維持管理装置をはじめ、医療機器の修理対応から運用調整、機器に関する情報提供や院内研修を通じ、医療機器が常に安全に使用できるよう院内全体の整備を行い、医療機能の向上を図ります。


中央医療機器管理業務ー医療機器点検ー

中央医療機器管理業務–人工呼吸器勉強会-

臨床工学技術部へのお問い合わせ

臨床工学技術部へのお問い合わせは e-mail:kcho_ce@kcho.jp まで