医療情報システム(MINK)

主な取り組み

  • 昭和56年3月の旧病院開設当初から医事会計業務などの情報システム化に着手。
  • 昭和62年度から新たに病院総合情報システムの開発に着手。
  • 昭和63年11月に「病院総合情報システム基本計画」を策定。
  • 平成2年に病棟オーダリングシステムを稼動。
  • 平成14年3月に外来オーダリングシステムを稼動。
  • 平成23年7月に病院移転に合わせて電子カルテシステム及び画像管理システム(PACS)を導入。
  • 平成24年11月に自科検査画像ファイリングシステムを導入。
  • 平成24年12月に地域医療機関向け診療情報参照ネットワークシステムを稼働。