医療情報部

医療情報部の概要

医療情報部は、事務部門ではなく診療部門の組織として、医療のIT化を病院全体で推進しています。構成員は、副院長を部長として、医師、看護師、各部門の代表者からなっています。意思決定機関の医療情報部会と実務を担当する医療情報センターの2つの組織から構成され、KMCPから運営管理等について支援を受けています。

主な業務内容

医療情報システム部門

  • システムの運用・管理
  • システムサービスデスクの設置・運用
  • 医療情報センター業務に関するKMCPとの調整
  • 医療の質向上や安全性、利便性を高めるための医療情報システムの改善
  • 医療情報システムについての教育・訓練
  • 診療科データベースの構築支援、院内独自システムの開発

診療情報管理部門

  • 診療情報の管理、および監査
  • 診療情報の標準化
  • 日常診療で発生する診療情報を分析し、医療の質的向上、病院運営などのために活用
  • 臨床研究等のため必要とされる情報の提供