分子イメージング研究部

神戸市立医療センター
中央市民病院

臨床研究推進センター
分子イメージング研究部
部長

山根 登茂彦

link to page in English

PET(positron emission tomography)に関する最高水準の技術と経験で、疾患の病態解明や新薬開発を行っています

分子イメージングとは、生体内で行われている細胞レベル・分子レベルの活動を画像化することです。当分子イメージング研究部は、生体機能を画像化する「PET」という診断技術を活用し、疾患の病態解明や新薬開発に取り組んでいます。

当研究部の主なミッションとして、PETに関する治験薬製造と治験実施、臨床研究、撮像・解析法開発と品質管理があります。2008年から治験業務を実施し、2011年には治験薬GMP基準に適合したホットラボを新たに整備しました*1。これらの実績とインフラが高く評価され、国内外の製薬企業からさまざまなPET治験薬製造やPETを用いた治験を受託しています。

また市民病院として、臨床研究を通じて得られた最先端の研究成果を市民の皆様に提供する体制づくりに努めております。これまでに培った創薬・撮像・品質管理のノウハウを最大限に活用し、PETを用いた安全かつ有効性の高い診断技術を開発し、医療の進歩に貢献していきます。

*1 当時は「先端医療センター」として実施しました。先端医療センターは2017年11月に神戸市立医療センター中央市民病院に移管統合されました。