センター長ご挨拶

神戸市立医療センター
中央市民病院

臨床研究推進センター長
坂井 信幸

ごあいさつ

神戸市立医療センター中央市民病院は、「神戸市の基幹医療施設として、市民の生命と健康を守るため、患者中心の質の高い医療を安全に提供する」ことを基本理念としています。この理念の実現のために、24時間体制での救急医療の実践、高度先進医療の提供、などを基本方針として掲げています。様々な症例が集まる当院では「より安全でより有効な医療」を開発するために、これまでも治験や臨床研究に取り組んできましたが、2017年11月に隣接する先端医療センター病院が当院に統合されました。同病院は「震災後の神戸の活性化・市民の健康福祉の向上・国際社会への貢献」を目標に掲げた神戸医療産業都市の中核機能を担っていた病院で、再生医療などの先端医療、治験・臨床研究を積極的に展開してきました。

治験や臨床研究は、新しい医薬品、医療機器、医療技術を開発するために、患者さんの協力を得て行います。当院が掲げる高度・先進医療への取り組みの中心となるだけでなく、患者さんや社会に貢献するために新しい医療を開発するという神戸医療産業都市の目標を達するためにも必要です。治験や臨床研究を行うためには、様々な法律や省令、規則が定められています。被験者の保護、データの信頼性や倫理性・科学性の確保のための手順、資金や支援の透明化などが定められており、治験や臨床研究を実施する研究者を支援管理する組織と仕組みが必要です。これまでの治験・臨床試験管理部を発展させ、先端医療センター病院の統合に合わせて2017年11月に臨床研究推進センターを設立しました。当院が治験や臨床研究に適確に取り組み、患者さんの権利や安全を守り、新しい医療の開発にこれまで以上に積極的に貢献するために、臨床研究推進センターはその中心的組織として活動していきたいと考えています。関係各位のご支援ご協力をお願い申し上げます。

2018年4月
臨床研究推進センター長 坂井信幸