新生児聴覚スクリーニングについて

新生児の聴覚検査助成が始まります


新生児の難聴は、家庭で気付くことが難しく、そのままにしておくと言語の発達が遅れる場合があります。
そこで神戸市は、新生児の聴覚検査の費用を助成する取り組みを10月1日より開始いたします。

難聴は早期に発見し、適切な療育を受けることが大切です。

概要

対象 親が市内在住で、令和元年10月1日以降に生まれた子
助成券の受け取り方法 9月以降に妊娠届を出した人は、母子健康手帳と一緒に交付。すでに母子健康手帳を持っている人は、出産予定の市内医療機関で受け取ることができます。市外で出産予定の人は、ホームページで確認を。

みなさまへメッセージ

新生児から乳幼児期は、言葉を覚えていく大切な時期。いろいろな言葉を聞くことは言語だけでなくコミュニケーション能力の発達にも重要です。生まれてくる全ての赤ちゃんに、公平にこの制度の恩恵を受けてほしいです。

副院長 耳鼻咽喉科部長
内藤 泰

新生児聴覚検査助成事業に関する詳細情報

お問い合わせ先

神戸市総合コールセンター
TEL:078-333-3330