滲出型加齢黄斑変性に対するiPS細胞由来網膜色素上皮細胞に関する臨床研究

  • 神戸市立医療センター中央市民病院のロゴ画像
  • 大阪大学のロゴ画像
  • 京都大学iPS細胞研究所のロゴ画像
  • 理化学研究所のロゴ画像

滲出型加齢黄斑変性の臨床研究

本臨床研究は、眼科疾患の一つである「滲出型加齢黄斑変性」の患者さんに対して、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した網膜色素上皮(RPE)細胞を移植することにより、視機能の維持・改善する新たな治療法の実用化を目指して、神戸市立医療センター中央市民病院、大阪大学大学院医学系研究科、京都大学iPS細胞研究所および理化学研究所多細胞システム形成研究センターの4機関が協同で実施するものです。

<加齢黄斑変性とは>

加齢黄斑変性について知る

<臨床研究の概要>

臨床研究の概要を知る

<よくある質問>

よくある質問をみる

<プレスの皆様へ>

プレスの皆様はこちら

お知らせ

2017年2月6日 「滲出型加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液移植に関する臨床研究」の研究開始について
2016年7月26日 倫理委員会のホームページを更新しました。
2016年6月6日 「滲出型加齢黄斑変性に対するiPS細胞由来網膜色素上皮細胞移植に関する臨床研究」の4機関による実施体制発足と協定書締結について

臨床研究に関するお問い合わせ先

神戸市立医療センター中央市民病院 庶務課
TEL.078-302-4463、078-302-4350
E-mail:chuopr@kcho.jp