婦人科 詳しい診療内容

癌治療

現在の癌治療は、担当科を中心に、病院各科全体による集学的治療が必要です。当院は、神戸市癌診療の地域拠点病院および近畿圏屈指の高度総合医療施設として、また、日本の婦人科癌診療において中心的役割を担ってきた京都大学医学部婦人科学産科学教室の代表的関連施設として、神戸市内はもとより兵庫県・近畿各県より癌患者さんを受け入れています。指導医は日本婦人科腫瘍学会認定専門医・指導医です。

関連リンク

(以下作成予定)

  • 子宮体癌治療
  • 卵巣癌治療
  • 悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術
  • 広汎子宮全摘術における神経温存手術
  • リンパ節郭清時のリンパ浮腫低減手術
  • 放射線療法・化学療法同時併用治療
  • 在宅療養(中心静脈栄養・緩和医療など)
  • 腹腔内抗癌剤治療
  • 子宮内膜増殖症ホルモン治療

緩和治療

癌の診療において、抗癌治療(手術・放射線・抗癌剤)にならんで大切な治療が緩和治療です。これは、痛み・発熱・嘔気・不眠・不安など癌による諸症状を緩和することを目的とした医療で、抗癌治療と平行して行われます。最近では疼痛緩和・制吐・抗不安のための薬剤の腫瘤も増え、症状に合わせた色々な処方・投薬が可能になっています。

当院では緩和ケア外来と全科的な緩和医療チームがあり、緩和医療に効果を上げています。

腹腔鏡手術

最近の手術技術と器材の進歩により、多くの手術が腹腔鏡で行うことが可能になりました。従来の開腹術に比べ術後疼痛・癒着などが少なく、早期退院が可能です。傷も目立たずにすみます。当科では産婦人科としての年間実施件数は近畿有数です。指導医は日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医です。

実施可能な腹腔鏡下手術は次のようなものです。

  • 子宮体癌手術
  • 子宮頸癌手術(先進医療実施準備中)
  • 子宮全摘出術
  • 子宮筋腫核出術
  • 卵巣嚢腫摘出術
  • 卵巣・卵管摘出術
  • 子宮内膜症手術
  • 不妊症検査
  • 子宮外妊娠術
  • 避妊手術
  • 子宮脱手術
  • その他

子宮鏡手術

最近の手術技術と器材の進歩により、子宮鏡でいろいろな手術が可能になりました。従来の開腹術に比べ術後疼痛などが極めて少なく、早期退院が可能です。傷も残りません。実施可能な子宮鏡下手術は次のようなものです。

  • 筋腫核出術
  • 内膜焼却術
  • 内膜ポリープ切除術
  • 双角子宮手術(中隔切除)
  • その他

子宮筋腫

子宮筋腫は子宮に発生する良性腫瘍で、子宮に発生する腫瘍の内では、最も頻度の高いものです。治療を必要としない小さなものまで含めると、35才以上の婦人の、約20%に筋腫を認めるといわれています。治療の段階としては次の段階があります。

1.特に治療の必要がなく、定期的な検診で経過観察できる場合

  • 子宮癌の検診で異常がない。
  • 月経困難症(生理痛)・月経過多・腰痛・貧血など現在筋腫によると思われる症状が許容範囲である(鎮痛剤・造血剤程度で管理可能)。
  • 大きさが手拳大以下で、以前に比べて筋腫の大きさ・症状に増悪がない。

この場合半年に一回の定期検査が必要です。月経がある間は筋腫は少しずつ大きくなります。しかし閉経すれば筋腫は次第に縮小します

2.薬で治療する必要がある場合

  • 上記症状が日常生活に支障がある。
  • 以前に比べて筋腫の大きさ・症状に増悪をみとめる。

ホルモン剤により月経を止める方法が一般的です。薬での治療中は病状は軽減し筋腫は縮小しますが筋腫を消すことはできません。効果には個人差があり、治療を中止すると再発します。一時的に筋腫を抑えておく(閉経または手術まで)のが主な目的です。

3.手術が必要な場合

  • 薬の治療では効果が十分でない。
  • 薬の副作用が強い。(更年期症状・骨密度の低下など)
  • 癌検診で異常がある。
  • 子宮筋腫が不妊症の原因と考えられる。

子宮筋腫の根本的な治療には手術が必要です。

4.手術の方法

筋腫核出術(腹腔鏡、開腹、子宮鏡)

筋腫のみをくり抜きます。子宮は残るが将来筋腫が再発する可能性が残ります。術後に妊娠を希望する場合など子宮を残したい場合におこないます。腹腔鏡下に行える場合と開腹が必要な場合があります。子宮腔内の筋腫(粘膜下)は子宮鏡下での手術が可能です。

膣式子宮摘出術

お腹を切らずに膣から子宮をとります。筋腫が大きい・膣が狭い・癒着がある場合などは困難です。

腹腔鏡下子宮摘出術

膣式摘出が困難場合に内視鏡(腹腔鏡)を併用しながら膣から子宮を取ります。従来、筋腫が大きすぎたり癒着がひどいために開腹が必要であった場合でも開腹なしで手術が行える最新の方法です。

腹式子宮摘出術

お腹を切って子宮をとります。非常に大きい筋腫・癒着がひどい場合・悪性の疑いがある場合などに行います。

卵巣嚢腫

卵巣に水や粘液などがたまり、大きく腫れたものを卵巣嚢(のう)腫といいます。腹部膨満・痛みなどを自覚することがありますが、自覚症状のないまま偶然発見されることも多いです。良性の場合と悪性(卵巣癌)の場合があります。また、子宮内膜の組織が子宮内腔以外の場所へ発生する子宮内膜症という病気が原因で、卵巣に内出血が起こり腫れる場合(古い出血が溶けたチョコレートのようになるため卵巣チョコレート嚢腫と呼ばれます)、排卵時に卵巣に内出血が起きて血が溜まるもの(卵巣血腫)・排卵(卵巣から卵子がはじけ出ること)がきちんと起きずにそのまま嚢胞として残ってしまっているもの(未破裂卵胞)なども卵巣嚢腫として診断されることがあります。

自然に様子を見た場合どうなるか

大きくないもの(直径4-6cm以下)や悪性所見がないもので、診断後間もない場合は、しばらく定期検査で経過観察します。卵巣血腫や未破裂卵胞は自然消失する可能性が高いです。3ヶ月~半年以上持続する卵巣嚢腫は、自然消失する可能性は低く、治療しない場合は継続的な定期検診が必要です。無症状・無変化のままで経過することも少なくありませんが、大きな嚢腫はときに嚢腫の破裂・茎捻転などがおこり腹痛の原因になることがあります(この場合は緊急手術になります)。また、長期観察中に悪性変化(癌の発生)がみられることがあります。

治療が必要な場合

悪性の疑いがあったり、直径4~6cm以上と大きい場合や、徐々に大きくなったりする場合は治療(手術)が必要です。です。また、激痛を伴う茎捻転や破裂は、緊急手術になります。長期にわたって消失しない卵巣嚢腫は無症状・無変化でも将来の癌化の危険性を考慮して、適当な時期に手術することも必要でしょう。

どのような手術が必要か

悪性の疑いがない場合は≫腹腔鏡の手術で行います(腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術または卵巣摘出術)。閉経前の場合は、卵巣の健常部分を残す手術も可能です。手術の所要時間は1時間~2時間です。入院は数日です。悪性の疑いがある場合などは、開腹手術が必要になります。卵巣嚢腫の最終診断(悪性・良性の区別を含めて)には術後の病理検査が必要です。

卵巣腫瘍に必要な検査

一般健診としては、内診・超音波診断(膣式または腹式)、精密検査としてはMRI撮影・CT撮影・腫瘍マーカー(血液検査)などが必要です。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮の内側にある内膜組織が何らかの原因で、本来あるべき所以外の場所で発育、増殖する病気です。

子宮内膜は卵巣からのホルモンに反応して増殖し、月経の時にははがれて出血が起こります。同様に子宮内膜症も月経の時には内出血をおこし、周囲の組織と反応して痛みの原因となります。これが月経のたびにくり返されるため周りとの癒着がおこります、卵巣では内出血がチョコレート状に溜まった嚢腫となります(チョコレート嚢腫)。子宮内膜症の主な発生部位は子宮の壁(子宮腺筋症)、子宮と直腸の間(ダグラス窩)、仙骨子宮靱帯(子宮の付け根)、卵巣などです。

症状

子宮内膜症の代表的な症状は、月ごとにひどくなっていく月経痛です。また、月経の時以外でも腰痛・下腹部痛・性交痛・排便痛などがみられる場合があります。不妊症の原因にもなります。一方、自覚症状がほとんどない場合もあります。

治療法

子宮内膜症の治療には、薬物療法・手術療法あるいはその併用療法があり、患者さんの年齢や症状に応じて使い分けられます。

1.薬物療法

軽症の場合は消炎鎮痛剤による生理痛の管理と定期検診で様子を見ます。症状の強い場合はピルで排卵のない弱い月経にしたり偽閉経療法でホルモン剤により月経を止める治療を行います。子宮内膜症の増殖や出血が止まり、病巣部は萎縮し、しだいに痛みなどの症状が改善します。治療期間は3~6ヶ月です。偽閉経療法の副作用として一過性ですが更年期様症状がみられることがあります。長期治療を繰り返すと骨密度の低下をきたす場合があります。

2.手術療法

病巣の摘出・焼却、癒着剥離などを行います。妊孕性の温存や再発のリスクの軽減のためには腹腔鏡による丁寧かつ徹底的な手術が必要です。当科ではレーザーや超音波メスなどを駆使し効果を上げています。子宮内膜症では入院期間は約1週間で、全身麻酔が必要です。

子宮腺筋症

産婦人科子宮線筋症子宮腺筋症とは子宮の壁(子宮筋層)にできた子宮内膜症です。

子宮筋腫のように子宮が腫大し、月経の度に子宮内に内出血が起こるため、ひどい生理痛と卵巣や腸との癒着がおこります、卵巣そのほかの子宮内膜症を合併することも多いです。

症状

子宮線筋症の代表的な症状は、月ごとにひどくなっていく月経痛です。また、月経の時以外でも腰痛・下腹部痛・性交痛・排便痛などがみられる場合があります。不妊症の原因にもなります。

治療法

子宮腺筋症・子宮内膜症の治療には、薬物療法・手術療法あるいはその併用療法があり、患者さんの年齢や症状に応じて使い分けられます。

1.薬物療法

軽症の場合は消炎鎮痛剤による生理痛の管理と定期検診で様子を見ます。すぐに妊娠を望まない場合にはピルを服用すると生理痛が緩和され腺筋症および内膜症が軽快します。症状が強い場合は偽閉経療法といって、ホルモン剤により月経を止める治療を行います。子宮内膜症の増殖や出血が止まり、病巣部は萎縮し、しだいに痛みなどの症状が改善します。方法は1日2回の点鼻薬または月1回の注射です。治療期間は3~6ヶ月です。副作用として一過性ですが更年期様症状がみられることがあります。長期治療を繰り返すと骨密度の低下をきたす場合があります。ダナゾール(ボンゾール)の局所療法が有効である場合もあります。

2.手術療法

根本的な治療法は子宮の摘出です。一定の条件下で子宮を温存した子宮腺筋症の摘出術も可能です。合併する子宮内膜症に対しては病巣の摘出・焼却、癒着剥離などを行います。妊孕性の温存や再発のリスクの軽減のためには丁寧かつ徹底的な手術が必要です。当科では腹腔鏡によるレーザーや超音波メスなどを駆使し効果を上げています。

担当看護師制

当院に初めて入院されるときに担当看護師が付きます。治療が長期にわたるときに、継続的な看護や細かいご相談に応じることが可能です。

女性外来

性発育・月経・更年期・老年期・性病・性交渉などの女性特有の体の不調について、女性医師による相談室を設けています。完全予約制ですので、病院外来事務 (病院代表電話 078-302-4321)までお問い合わせください。