放射線治療科

神戸市立医療センター
中央市民病院

放射線治療科部長
小久保 雅樹

安心安全で高品質の放射線治療を提供しています。

がんは1980年以来わが国の死亡原因第一位となり、高齢化社会の到来とあいまってその患者数はますます増加しています。

放射線療法は手術療法、化学療法とともにがん治療の三本柱のひとつです。放射線療法は他と比較し低侵襲の特徴を持っており、以下のような大きな利点を有しています。

  1. 患部を切除しないで治療するため機能・形態の温存に優れている。
  2. 手術の困難な部位でも治療が実施可能である。
  3. 手術や化学療法に比べて体の負担が少なく、合併症を有する患者や高齢者にも適応できる。

放射線治療は、抗癌剤と組み合わせることによって切らずに根治治療が可能となりますし、手術と組み合わせることによって切除範囲の縮小や再発防止に大きな役割を果たします。骨転移や脳転移などの緩和治療においても生活の質(QOL)の維持に貢献しています。高齢や心不全などで手術ができない方や手術による合併症を望まれない方は放射線治療が非常に良い選択肢となります。近年はIT技術の発展と共に治療機器・治療技術の開発・進歩が飛躍的に進み、侵襲の少ない強度変調放射線治療(IMRT)や定位放射線治療(ピンポイント照射)といった高精度放射線治療が普及しつつあります。

当科では高精度放射線治療装置3台を駆使し、様々な悪性腫瘍(固形癌、血液腫瘍、肉腫)を対象に、一般の外照射から高精度放射線治療さらには子宮癌に対する腔内照射、去勢抵抗性前立腺癌骨転移に対する内用療法、聴神経鞘腫のような良性腫瘍や脳動静脈奇形(AVM)、甲状腺眼症、ケロイドなどの良性疾患に対する放射線治療まで幅広く行っています。

2008年4月に放射線治療センターを設立し、現在、放射線治療医6人(放射線治療専門医4人)、放射線治療専任技師8人、専従医学物理士1人、看護師3人(がん放射線療法看護認定看護師1人)を含めた多職種チームで治療にあたっています。また、日本放射線腫瘍学会認定施設に認定されており、質の高い医療を提供しています。